血液検査のデータから、免疫力を知る

2週間前から自主的に8mgから6mgに減らしている。

手の痛みには大きな変化は見られないので、減量を継続している。

 

その間に、痛みや免疫の本を10冊以上読んでみた。

自身のからだの働きのどこに問題があるのか、血液検査のデータなど見返してみた。

その結果、リンパ球が理想値の半分以下であることに気づいた。

理想的なリンパ球の比率は35-41%、実数は2,300-2,500個/㎣といわれる。

これに対して、自身はこの2年間、12-22%、1,007-1,367個という状況にある。

これでは薬の効果も期待できない。

もし関節リウマチが寛解できても、免疫力がこれだけ低ければ、

ほかの病気にかかっても不思議ではない。

免疫力を高められれば、薬を不要とすることができる。

そのためには、リンパ球の比率と数を高める必要がある。

 

先ず薬をやめることを薦める本もあったが、

減量しながら試した療法の効果を確かなものとして

通っている病院と連携して、最終的には服薬ゼロを目指したいと思う。

 

そこで、自律神経免疫療法や自然療法など

いくつか自分に合っていると思われる改善策を日課として書き出してみた。

内容は、次回以降で紹介したい。

1か月後、痛みの状況と血液検査の結果を楽しみにしたい。

MTXを自主的に減量してみようかと

今年はコロナウイルス感染予防により

3月のあとは、電話診療・処方箋発行を経て、8月に通院

この時の血液検査の結果は、

ほぼ半年が過ぎても良くもなく悪くもなくという状態

したがってMTX8mgで変わらず

 

発症して2年が経ち、

痛みも腫れもこのところ変化がない

MTXをこのままだらだらと飲み続けていくことになるのだろうか

少しずつ抵抗を感じるようになってきた

 

いくつか西洋医学に頼らずに関節リウマチを克服した本を読んでみた

血液検査のデータは、デジタルでリウマチの状態を示すものではない

最終的な目的は、痛みを気にしない日常生活を送ることだ

西洋医学の薬で治るのであれば納得できるが

単に現状維持のために飲んでいるのであれば、

副作用がある分、服用する意味が感じられない

先ずは、減薬の計画を立てることとした

 

次の通院は11月 

それまでの間、明日から7週間分

試しに2mg減らして6mgにしてみる

痛みが大きく変わらず、検査データも大きく変わらないようであれば

11月から正式に6mgに減らしてもらうように

先生にお願いしてみようかと思う

 

併せて、徹底的に体を温めることにこだわりたい

これまで続けてきているサプリメントに加えて

いろいろと試してみようと思う

 

MTX服用量が、1年半前発症時の8mgに戻る

2カ月ぶりの通院

今年初めてとなる

まず驚いたのは

外来患者の少なさ

入口から

採尿・採血室に至るまで

こんなに人が少ないのは初めてだ

 

不謹慎かもしれないが、

前回までごった返していた

あれだけのたくさんの外来患者たちは

不要不急の患者さんだった

ということか

 

そんなこともあって

予約時間よりも早く診療室に呼ばれた

先生は患者数が少ないためか

いつもより余裕の空気が漂う

 

肝臓の数値を見て

MTX減らすかあ

の一言

前回その可能性について触れていたので

期待通りとなった

歓喜の声はぐっと抑えて

先生に感謝

 

痛くなるかもしれないよ

 

はい、それは覚悟の上です

 

分量は半年ぶりに2mg減って

8mgになった

発症当初の服用量に戻った

20188月のことだ

その後2カ月で14mgまで服用量は増えていった

そこから8㎎まで戻すのに

1年半かかったことになる

 

さて次なる減量の目標はあるのか

それを確かめるために

次回3か月後とする選択肢もあったが

あえて

これまで通り2か月後とした

 

そして

薬に頼らないで

少しでも

腫れや痛みが

減らせる方策に

トライしていこうと思う

 

血液検査の結果は、大きな変化なし(これって安定期?)

2カ月に一度の通院

今年7度目になる

毎回、血液+尿検査から3分ほどの診察

変化があるのは、改装中の病院内施設くらいか(笑)

 

今回も外来採尿・採血室が移転していた

採血の窓口が増えて、待合室がすっきりしたように思う反面、

待合室へのガイダンスのタイミングが早すぎるのか

立って待っている人が多くなっているのが気になった

 

今回2カ月のあいだに起きたトラブルは

突然手足に赤い発疹ができたこと

半日岩盤浴で過ごして

過度な乾燥状態に皮膚が反応してしまったからかもしれない

ロキソニンテープを貼るのを中断

ステロイド錠剤を3日服用して10日間ほどで完治

あらためてステロイド剤の威力を実感した

 

もう一つは、

右足ひざ下の後ろ側で

針を刺すような痛みが日に数回襲ってくる

先生に聞いたところ、

関連性は否定できないとのこと

あまりつらいようなら

痛み止めを服用することとなった

今のところは耐えられない痛みではないので

ロキソニンテープを貼るなどして

痛みが襲う回数が減らせないか様子を見る

 

血液検査では

忘年会シーズンも何とか週一回に抑えたことが幸いしてか

数値の悪化はなくてすんだ

何度かお酒のお誘いを断らざるを得なかったが

徐々にそれも周知のこととなり

交友関係に変化があるかもしれないが

その代わりに新たな交友が増えていけばよいと

割り切ろうと思う

 

最後に先生がつぶやいたのは、

このまま数値が安定すれば

4月からMTX減量できるかもね

 

その日を楽しみにしよう

 

肝臓の値は改善。MTX服用量は現状維持。

2か月ぶりの通院

血液検査受付開始の1時間前に入るも

検査の待合室はすでにいっぱいになっている

やれやれと思いながら待っていると

診察は予約時間よりも早く呼ばれた

早く受付するメリットはあるものだ

 

すっかり断酒生活に入ったものの

欧州出張ではお酒は避けられず

加えて時差でなかなか疲れが抜けず

それが血液検査にどう出るか

それが気がかり

 

結果は、

7月以来、MMP-3、CRPはクリアするものの

RFは推奨値に遠く、なかなか下がってこない

やはりなあ

 

でも前回悪化した肝臓の数値は

AST(GOT)、ALT(GPT)は推奨値内に戻し

こちらは一安心                                    

 

前回MTXを12mgから10mgに減らしてもらい

今回も減らしたいと漏らしてみたが

RFが下がらないのでは、

減らすきっかけにはなりえないのか

現状維持

 

次回は12月下旬

いいクリスマスになるように

宴会は増えるが

酒量は減らしていこう

MTX(メトトレキサート)さらに減量へ

 

 

1か月半ぶりの通院

起きれない、歩けない、腕が上がらない

あのつらかった発症から1年がたったんだなあ、

としみじみ思う

今年の夏休みは、

治療に専念

ラジウム温泉で過ごした

 

その甲斐あったか

MTX2mg減らして

先生からは痛みが強くなるかもよ、

と脅されていたが

毎晩お風呂上がりのロキソニンテープで

痛みを抑えてきた

 

血液検査の結果は、

MMP-3はクリアするものの

CRPRFは推奨値には至らず

現状維持といったところ

 

前回悪化した肝臓の数値は

お酒の回数や量に比例してか

若干良くなったが

依然、AST(GOT)ALT(GPT)は推奨値には入らず

 

痛みは治まっているので

MTXをさらに減らせないか、嘆願して

12mgから10mgに減らしてもらった

 

昨年痛みがピークの時

初めてステロイドを処方された時のMTXの量

であれば、あの時の痛みの度合いからみて

この量まで減らしても問題はないはずだ

 

肝臓の値は要注意なのだろう

お酒を飲みたいという欲求は

すっかりなくなってしまった

これまでだいぶ飲んできたからね

人生うまく帳尻があっているのだなあと

恐れ入る

 

MTX(メトトレキサート)減量にトライはじまりました

 2カ月ぶり、今年4回目の通院

連休中の土曜日のためか

いつもより血液検査も、診療も、ヒトが多い

案の定、先生もややお疲れモードに見えた

 

血液検査の結果

CRPMMP-3は推奨値をクリア

RFのほうは大きな変化なく、推奨値には遠い

先生が顔を曇らせたのは、肝機能の数値が悪いこと

 

一瞬、このところ続いていた宴会の影響も頭をよぎったけれど

1回だけだし

何よりも問題の本質は、MTXの摂取量

MTXの量を下げたいと、願っています』

と前回に続いてつぶやくと

 

「ちょっとだけ、減らしてみるか」

2mgだけ減らして、

昨年9月以来の週12mgになった

 

「減らしてから2-3週間で痛みが増すかもよ」

と脅かされたが、

「覚悟のうえでござる」

 

ステロイド減量 ~服用9カ月で停止に~

今年3回目の通院

前回が3月下旬だったので、2カ月弱が経った

早くも夏の日差しを感じる

GW明けの最初の土曜日とあって

8:00過ぎから血液検査の前には人であふれている

先生もてきぱきとこなして、ハイテンションの様子

その勢いに乗ることができたのか、

血液検査の結果に機嫌よく

「数値は安定しているね」とのお言葉

ESR(赤沈)、CRP、MMP-3で推奨値内に

特にESRは、発症以降初めて推奨値に入った

「炎症は落ち着いているでしょう」と

手の甲を見るなり、

赤みがかった炎症は見逃さない

RFがまだ高い水準である証左だ

 

そしてステロイドの摂取量

1mgにして2カ月弱

手の痛みは間断なく続いているものの

会社ではボルタレンゲルを塗り、

自宅では入浴後ロキソニンテープを貼り、

何とか痛みを抑えてきている

その結果、

ステロイド接種は停止

昨年8月、プレドニン日10mgからはじまり、

9カ月で脱ステロイドは完結した

 

MTX14mgは続く

その後の数値を見ながら

減らしていけるかどうかを判断するとのことだった

 

これで、毎朝ステロイドと胃薬の服用はなくなる

7日分並んだメディスンケースも

月曜・火曜のMTX4回分

木曜の葉酸1

土曜のボナロン(骨がもろくなるのを防ぐ薬)1

4日分並べるだけに

 

でも服用を忘れてしまわないように

オメガ3とエビオスを毎日分入れて

7日分ケースは続けよう

 

ステロイド減量~日2mgへ

 

今年初めての通院

土曜日らしく

血液検査から

ひとであふれかえっている

 

それでも診察は予定通りの時間に

RFは前回25U/mlに対し、今回28U/ml

推奨値15U/ml以下には至らないまでも

安定してきているという先生の言葉は嬉しい

MMP-3も前回108ng/mlで推奨値の範囲に入ったが、

今回も97ng/mlとこちらも安定している

 

結果、ステロイドは朝の摂取2mgとさらに1mg減らすことに

昨年8月発症時の10mgから5カ月強で5分の一のレベルまで来た

 

MTXは週14mgのまま

まだMTX接種量を減らすのはできないですよね?

とダメ元で聞いてみたが

予想通り、それはまだ無理

とばっさり

 

気になる息切れ感もレントゲンでは異常は見当たらず

相変わらず午後の会議での睡魔は脅威で

濃い目のコーヒーをがぶがぶ飲んでこらえていると話すと

眠気が襲ってくる薬ではないんだけどね、と

笑われた

やるべきことは

少しでも運動量を増やして

体力維持を心がけることなのだろう

 

右足親指の巻き爪もあと一歩のところまで来ているので

日々の歩く距離を伸ばしていこう

 

ステロイド減量~2か月後

今年最後の通院

採血から診察待合室まで

信じられないような閑散ぶり

年末の総合病院の一面を見た

 

朝いちばんの血液検査の結果を確認

RF8120U/mlだったのが

25U/mlまで落とし、推奨の15U/ml以下まであと一歩

MMP-3は、ステロイドの量を減らしてきた成果か

108まで落として推奨値の範囲に入ってきた

 

ステロイドは

2カ月半前に7mgだったのを4mgまで減らしてきたが、

ここまでくると、さらなる減量は慎重になり

自己判断で3mgまで落とすことはできなかった

今回の血液検査で

RFも減少傾向にあることから

思い切って3mgまで落としてみることになった

 

もちろん手の指や手の甲、手首などの痛みがあり

ここ最近の寒波到来で気にはなるが

耐えられないほどではなく

毎晩ロキソニンテープを貼ってしのぐことにする

 

歩いたり、階段を上り下りしたときに

動悸・息切れ感が強まっていることを相談した

2カ月前のレントゲンでは影もなく心配はなさそうだが

念のために次回40日後にまたレントゲンを撮ることとした

息苦しさは気になるものの 

体力を維持するためには

ウォーキング量の維持は必要

痛みがひどくならないように

いい按配の運動量を探っていくしかない