ステロイド減量 ~服用9カ月で停止に~

今年3回目の通院

前回が3月下旬だったので、2カ月弱が経った

早くも夏の日差しを感じる

GW明けの最初の土曜日とあって

8:00過ぎから血液検査の前には人であふれている

先生もてきぱきとこなして、ハイテンションの様子

その勢いに乗ることができたのか、

血液検査の結果に機嫌よく

「数値は安定しているね」とのお言葉

ESR(赤沈)、CRP、MMP-3で推奨値内に

特にESRは、発症以降初めて推奨値に入った

「炎症は落ち着いているでしょう」と

手の甲を見るなり、

赤みがかった炎症は見逃さない

RFがまだ高い水準である証左だ

 

そしてステロイドの摂取量

1mgにして2カ月弱

手の痛みは間断なく続いているものの

会社ではボルタレンゲルを塗り、

自宅では入浴後ロキソニンテープを貼り、

何とか痛みを抑えてきている

その結果、

ステロイド接種は停止

昨年8月、プレドニン日10mgからはじまり、

9カ月で脱ステロイドは完結した

 

MTX14mgは続く

その後の数値を見ながら

減らしていけるかどうかを判断するとのことだった

 

これで、毎朝ステロイドと胃薬の服用はなくなる

7日分並んだメディスンケースも

月曜・火曜のMTX4回分

木曜の葉酸1

土曜のボナロン(骨がもろくなるのを防ぐ薬)1

4日分並べるだけに

 

でも服用を忘れてしまわないように

オメガ3とエビオスを毎日分入れて

7日分ケースは続けよう

 

ミュージカルソングへの誘い ~No.16  Bring him home 彼を帰して

ミュージカルソングへの誘い

~No.16  Bring him home 彼を帰して

(作詞 ハーバート・クレッツマー(英語版) & アラン・ブーブリル(仏語版) 

作曲 クロード ミシェル・シェーンベルク)

“レ・ミゼラブル”1986

 

No.11 On My Ownに続いて、レ・ミゼラブルから2曲目

ジャン・バルジャンの歌は恐ろしいほどに音程が高い

Alfie Boeのように初めからストレートで歌える人はそうはいないだろう

自分のようにハイバリトンのレベルだと

声を裏返す術を知らないととても太刀打ちできない

そして日本語版のほうが音を出すのが難しく感じる

 

自らの命と引き換えに

娘の恋人であるマリウスの命を神に乞う

その言葉一つひとつが崇高すぎて

自身の言葉では語ることができない非現実性がある

こんな自分が歌っていいのだろうか、

と引いてしまいそうになる

もし自身に娘がいたら、

おそらく歌うことはできないだろう

 

ジャン・バルジャンを演じるうえで

メインの曲の一つであることには違いない

 

(日本語歌詞:岩谷時子)

神よ わが主よ
祈りを きかせ給え
若い彼を 救い給え
家へ帰して下さい
みこころでしょうか
まるでわが子です
月日の波に追われて
やがて私は 死ぬでしょう
若い彼に 平和を与え給え
聖なる 神よ 彼に命を
死ぬなら 私を死なせて
彼を帰して 家へ

 

God on high

Hear my prayer

In my need

You have always been there

 

He is young

He’s afraid

Let him rest

Heaven blessed.

Bring him home

Bring him home

Bring him home.

 

He’s like the son I might have known

If God had granted me a son.

The summers die

One by one

How soon they fly

On and on

And I am old

And will be gone.

 

Bring him peace

Bring him joy

He is young

He is only a boy

 

You can take

You can give

Let him be

Let him live

If I die, let me die

Let him live

Bring him home

Bring him home

Bring him home.