ミュージカルソングへの誘い~No.24 闇が広がる

ミュージカルソングへの誘い~No.24闇が広がる

作曲 シルヴェスター・リーヴァイ

作詞 ミヒャエル・クンツェ

エリザベート”1992

 

エリザベートから課題曲として5曲目となる。

トート役として、ルドルフはレッスンクラスの先輩に。

このクールでは、次に紹介する曲でも同じパートナーとのデュエットとなり、

2曲とも公開発表会で披露することとなる。

 

若きルドルフの苦悩は、暗い世相を反映して痛々しい

これに対し、トートは

地獄へ引きずりこむ残酷さとともに

そばにいてなだめる父親のような存在感を示す

どこか無力なエリザベートとの距離感に比べて

ルドルフに対してはトートの思いにこだわりを感じる

それがこの二人のデュエットに

一種の永遠性を感じる要因になっていると思えてならない

 

訳詞:小池修一郎

 

トート)

長い沈黙の時は終わったのさ

君は思い出す

子供のころのあの約束は

君が求めれば現れる

 

ルドルフ)

友達を忘れはしない

僕は今不安で壊れそうだ

 

トート)

側にいてやろう

 

二人)

闇が広がる

人はなにも見えない

誰かが叫ぶ

声を頼りにさまよう

闇が広がる

この世の終わりが近い

 

ルドルフ)

世界が沈むとき

舵をとらなくては

僕は何も出来ない

縛られて

 

トート)

不幸が始まるのに見ていていいのか?

未来の皇帝陛下

ルドルフ)

我慢できない

 

二人)

闇が広がる

人は何も知らない

誰かが叫ぶ

革命の歌に踊る

闇が広がる

この世の終わりが近い

 

トート)

見過ごすのか

立ち上がれよ

王座に座るんだ

 

ルドルフ)

王座!

 

二人)

闇が広がる

今こそ立ち上がるとき

沈む世界を

救うのはお前だ

闇が広がる

皇帝ルドルフは立ち上がる

ミュージカルソングへの誘い~No.23僕こそミュージック

ミュージカルソングへの誘い~No.23僕こそミュージック

作曲 シルヴェスター・リーヴァイ

作詞 ミヒャエル・クンツェ

『モーツァルト!』(Mozat!1999

自由奔放に生きるモーツァルトと

それに翻弄される周囲の人たちを描いた作品

エリザベート」や「レベッカ」を生んだ

シルヴェスター・リーヴァイとミヒャエル・クンツェの最強コンビによる作品。

モーツァルトを題材とした映画では、「アマデウス」(1984年)が親しみやすいが、

このミュージカル作品は終始モーツアルト自身の歌唱で圧倒され、

ほかのキャストによる美しい旋律が楽しめる贅沢な作品となっている。

僕が見たのでは帝劇での中川晃教。

そのハチャメチャなキャラを存分に出していて、適役だった。

その域にはもちろん及ばないが、

自分の曲にしていく過程は楽しかった。

伴奏に合わせようとするとテンポがちぐはぐになるので、

ある程度自分のテンポで好き勝手に歌う開き直りが必要かもしれない。

自由奔放なキャラにあやかって・・。

 

(訳詞:小池修一郎)

詩は書けない
感じたまま喋る 心に浮かんだまま
何かに動かされて
絵も描けないさ
光と影の色をパレットに作れない
夢の中で描くだけだよ
役者じゃない
芝居はできない
見かけ通りのヤツだよこの僕
ありのままなんだ
このままの僕を愛して欲しい

メジャーとマイナーコードにメロディーも
僕は語ろう 感じる全てを音に乗せ
リズムにポーズ響くハーモニー
フォルテにピアノ紡ぐファンタジー
僕こそミュージック

ミュージックだけが生き甲斐
哲学なんて何も知らないさ
馬鹿騒ぎが大好き
それが僕なんだ
礼儀知らず無礼者と言われても
訳もなく叫びたくなる
退屈ぶっ飛ばす
爆発しそうなんだ
自由と輝き求め歩もうどこまでも
行く先は知らない
僕が誰かさえ知らない
このままの僕を愛して欲しい

メジャーとマイナーコードにメロディーも
僕は語ろう 感じる全てを音に乗せ
リズムにポーズ響くハーモニー
フォルテにピアノ紡ぐファンタジー
僕こそミュージック

このままの僕を 愛してほしい