ミュージカルソングへの誘い~No.40 She

ミュージカルソングへの誘い~No.40 She

ノッティングヒルの恋人 Seven Faces of Woman

作詞 ハーバート・クレッツマー、

作曲 シャルル・アズナヴール

“ノッティングヒルの恋人 Seven Faces of Woman” 1999

そもそもこの曲がミュージカルナンバーなのか

という疑問があるかと思うが、

宝塚歌劇団の作品「Amourそれは…」

の中で用いられているという理由で、

ちゃっかり課題曲とさせてもらった。

もともと1974年フランスで「忘れじの面影」として

シャルル・アズナヴールが歌ったヒットソング。

その後、1999年、エルヴィス・コステロが

映画「ノッティングヒルの恋人」の主題歌として歌いリバイバル・ヒットした。

全盛期だったジュリア・ロバーツとヒュー・グラントの笑顔がいいが、

このミュージックビデオでエルヴィス・コステロが映画を見て

優しく微笑んでいるのが何とも印象的だった。

 

歌ってみると、

シャルル・アズナヴール、エルヴィス・コステロ

という2大セクシーシニアシンガー?

にあるお色気がないと、しんどいなあという実感。

日本語の詩も、少し変えてみたのだが、

根底にあるこってり系の言葉がなじめず、浮いてしまう。

もしかすると、これを歌うには、

相当に色気づいたホルモンを注入しないととても歌えない

ただ人様にお聞かせできるかは別

という結論に至った曲だった。

オリジナルシンガーのお二人にあらためて敬意を表したい。

 

ああ きみのほほえみも

きみのなきがおも

ぼくはすべて受け入れよう

 

ああ 嘘も誠実も

天使のやさしさ

悪魔のずるさも

ぼくは愛している

 

君こそは僕の人生

ぼくのすべてなの

そのよろこび その苦しみ

 

ああ 時には女に

時には少女に

いろんな姿を僕に見せてくれる

 

いま生きるすべてのなかに

強さと弱さを知る

たとえ嵐が来ても

 

そう 海の中から島を

見つけ出すこともできる

何でもできるのだ

 

ああ 君が望むなら

すべてささげよう

それは僕の望みなのさ

 

さあ 希望やおそれを

さらけ出しておくれ

そのすべてが君 そのすべてが君

愛 愛

Oh She

ミュージカルソングへの誘い~No.39 She was There あなたはそこに

ミュージカルソングへの誘い~No.39 She was There あなたはそこに

作詞 ナン・ナイトン

作曲 フランク・ワイルドホーン

“スカーレット・ピンパーネル” 1997

スカーレット・ピンパーネルから

「ひとかけらの勇気」に続いて2曲目になる。

歌詞は、梅田芸術劇場で石丸幹二のうたう詩を用いた。

メロディラインは微妙な変調が好き。

さらに詩もメロディになじんでいる。

僕はこの作品を見たことはない。

それでも課題曲に選ぶのは、

ワイルドホーンらしいメロディラインと、

純粋な心を歌に込めた訳詞

がとても心地よいからだと思う。

 

(訳詞 木内宏昌)

夜明けにとける月夜を

見送りながら

「戻れ 愛しきひとよ」と

虚しい祈り 捧げてきた

けれど今夜…….

月の光に 青く浮かぶあなた

近づきもせず 顔さえ見えないまま

ぼくは仮面を 外せずにいた

あなたの声が 僕の世界を

変えるまでは

 

夜空の星が やがて霞んでゆく

その手に触れて あなたを感じたい

壁が二人を 引き離しても

届くだろうか 

僕の心が叫ぶ声は!

 

腕のなかに あなたはいないけれど

たしかにぼくのそばにいる

あなたが!

 

ぼくのからだは

あなたで満ちていた

一度もあなたをだきしめてないのに

 

ふたりはひとつ!

気がついた いま!

なんて愚かだ

あなたはいつも

すぐそばにいた!