あらためて知る・・ステロイドの副作用

前に「世界的に、副作用の面から

理想的なステロイドの維持量は

7.5mg(体重が少ない方は、5mg)以下」

と紹介した

 

どんな量であれ、やはり副作用は気になる

ステロイドもあらためてまとめてみた

 

こんなにあるんだ、と引いてしまう

特に怖いのが、

感染症、骨粗しょう症、そして精神不安定

この3つだけで

もう充分です!

 

ステロイドの副作用には、

生命予後に影響を及ぼしたり、

臓器障害を起こしたりするものがある

こうなると重症副作用とよばれ、

ステロイドは減量しなければならない

 

感染症

ステロイドは、

免疫機能で重要な働きをしている

好中球やリンパ球の機能を

低下させている

白血球の一種である好中球は

細菌感染の防御に重要な役割を果たしている

リンパ球はウィルス、真菌、結核菌などの

感染防御に必要なものである

したがって、病原菌にさらされる人込みを避けるか、

どうしてもが委縮しなくてはならないときには

マスクを着用して防御する

 

糖尿病

ステロイドの使用で血糖値が上がりすぎた場合には、

血糖降下薬の服用や、

ときにはインスリン注射が必要になることもある

 

消化性潰瘍

胃潰瘍や十二指腸潰瘍が出現したり、悪化したりする

あまり症状が強く出ないために発見が遅れ、

突然の大量吐血や下血で

初めてわかる場合もある

貧血の検査や便の潜血を調べるのもこのためである

胃粘膜を保護する薬剤や、

胃酸分泌を抑える薬剤を

必ず併用する必要がある

 

骨粗しょう症

ステロイドを大量に服用していると、

どうしても骨粗しょう症が起こってくる

その場合

激しい運動はできないし、

日常生活でも転ばないように注意することが必要

骨粗しょう症の程度は

「骨塩定量検査(デキサ)」で簡単にわかる

骨粗しょう症と診断されたら

十分にカルシウムを摂取し、

日光に当たることが大切

牛乳にはたくさんのカルシウムが含まれるので

牛乳もおすすめ

 

骨懐死

股関節が痛くなってきたら、

大腿骨頭懐死を疑う必要がある

この骨壊死は膝にもおこることもある

アルコールの飲みすぎでも起こる

早期診断に有効な検査はMRI検査

早ければ、ステロイドの減量とともに、

杖を使って歩行することで負荷を軽くし、

進行を防ぐ

壊死が進行して骨頭が破壊されてしまった場合には

人工関節置換術を行う

 

筋萎縮(ステロイドミオパチー)

筋肉が萎縮して

立ち上がりにくいなどの症状が出る

 

精神症状

「イライラする」「眠れない」などの症状

精神安定剤や睡眠薬が使われる

ときにはうつ病になったり、

まれに錯乱状態になったりする

この場合には減量とともに

精神科との連携プレーが必要になる

 

高血圧

ステロイドには体の中に塩分をためる働きがある

そのため長期に服用すると

高血圧がおこることがある

その場合

塩分制限と、場合によっては

降圧剤の服用が必要になる

 

白内障、緑内障

ステロイドの長期服用により白内障になることがある

年齢によるものもあり、手術も容易になっている

緑内障は眼の内部の眼圧が上がる状態

ひどくなると頭痛や吐き気を起こし、

放置すると視力が低下して失明することもある

 

その他

ムーンフェイス

にきび・皮膚線条

あざ

皮膚が薄くなったり、血管壁が弱くなりあざができやすくなる

 

(宮坂信之著「膠原病・リウマチがわかる本」法研)

ミュージカルソングへの誘い No.1「All the Things You Are 君は我がすべて」

趣味として続けているミュージカルソングは、

これまで生きてきたさまざまな出来事とともに

いつも心にからだに

やすらぎと活力を与えてくれた

 

明るい先生、信頼ある伴奏ピアニスト、そして

いつも元気なクラスの仲間たち

定期的なミニコンサートに加えて

忘れたころに行われる

ライブハウスでのコンサート

感謝の気持ちとともに

取り組んだ順に

それらの課題曲を紹介していく

 

No.1

「All the Things You Are 君は我がすべて」

(作詞:オスカー・ハマスタイン、作曲:ジェローム・カーン)

“VERY WARM FOR MAY” 1939

 

初めて取り組んだミュージカルソングであり、

今でも大好きなスタンダードナンバー

なかなかつかみどころのない

これまで取り組んできた中でももっとも難しい課題曲のひとつ

 

ミュージカル作品自身は大失敗作とされ、

その理由は難解さと言われている

第二次世界大戦の最中であり

ブロードウェイで求められている趣向を

外していたのかもしれない

 

歌詞もまた難解ではあるが、

春という季節に

熱い思いを抱く

若いころに抱いたときめきを

思い起こさせる

 

そしてメロディー

甘く溶けるような表現が求められている

ところが自分の表現は、

聞いている歌のイメージにはほど遠く

どこか堅苦しい

 

それまで学んできたイタリア歌曲とは異なり

歌詞に込められた歌を活かす

ミュージカルの難しさを知り

苦い出発となった

 

この曲を知ったきっかけは

気鋭のバリトン歌手Thomas Hampsonのアルバム

彼のつやのある歌声はいつも心穏やかにしてくれる

自分はハイ・バリトンの声域と言われ

Thomas Hampsonのようなバリトンの真打の声域は

いつもあこがれの的なのである

 

 

You are the promised kiss of springtime
That makes the lonely winter seem long
You are the breathless hush of evening
That trembles on the brink of a lovely song

 

You are the angel glow that lights a star
The dearest things I know are what you are

 

Some day my happy arms will hold you
And some day I’ll know that moment divine

When all the things you are, are mine

 

You are the angel glow that lights a star

The dearest things I know are what you are

 

Some day my happy arms will hold you
And some day I’ll know that moment divine
When all the things you are, are mine

関節リウマチと合併しやすい病気が気になる

発症して4カ月

合併しやすい病気を見ると

いくつか思い当たる症状が・・

気になったら、早めの対処を・・

 

疲れやすさ・だるさ

炎症が続くと酸素を全身に運ぶ鉄が減少して、

貧血になりやすい

 

食欲不振

消炎鎮痛剤が胃に負担となる

 

発熱

免疫力を下げる薬の影響で

感染症にかかりやすくなる

 

体重減少

炎症によりアミロイド(タンパク質)が消化器官に付着

働きが低下し、栄養素が吸収されにくくなる

 

骨粗しょう症

骨がスカスカになって

骨密度が下がり骨折しやすくなる

ステロイドの薬を長期間(3か月以上)服用すると、

全身の骨密度が低下するため、

骨の合成を助ける薬が処方される

また運動量が減ることも骨密度低下につながる

カルシウムやマグネシウム、

骨形成を助けるビタミンDなどを十分摂取しても、

運動して骨に刺激を与えないと

骨は形成されない

 

心外膜炎・心筋炎

心外膜炎は心臓を覆う外膜に、

心筋炎では心臓の筋肉そのものに

炎症が起こる

どちらも、動悸や息切れ、

胸の痛みなどの症状が出る

 

目の渇きや充血

 

口内炎

 

アミロイドーシス

体内で多発的に慢性の炎症が起こると、

肝臓で様々なたんぱく質が作られるようになる

このうち繊維状の「アミロイド」というたんぱく質が

心臓や肝臓、消化管などに付着し、

それらの臓器の働きを悪くする

 

皮下結節(リウマトイド結節)

肘や膝などの皮膚の下に、

ゴムのような質感の

コリコリとした塊ができる

 

閉そく性細気管支炎

気管支が枝分かれして、

細くなったところに炎症が起き、

喘息のようなせき、息苦しさ

などの症状が出る

 

間質性肺炎

肺の肺胞と肺胞の間に炎症が生じ、

からせきや息苦しさを感じる

進行すると肺が縮んだり、

線維化してさらに肺の機能が

障害される

(林泰史監修「関節リウマチ」法研)

関節リウマチが潜んでいたと考えられる症状

子供のころからこれまでつきまとっていた症状や病気を思いだすと、

専門家ではないけれど、何らかの関連があったのではないかと思うようになる

・風邪をひくと、長引く激しい咳

風邪をひくと、必ずと言っていいほど、

長い間激しい咳に悩まされた

町医者には、何度も薬を変えてもらった

ただタバコをやめてからは、

それほどの咳はないので、

体重増に苦しめられたとはいえ、

禁煙は正しい選択だったのだと思う

・心臓の痛み

夜中に救急病院に運ばれたり、

最近でも会社の産業医に救急車を呼ばれそうになった

何とか大ごとにならずに済んだが

この時も救急患者扱いだった

その後検査入院して

カテーテルも受けたが、

軽い心筋梗塞の診断で

経過観察となった

・足がつりやすい

夜就寝してからだったり、

執務中だったり

プールではしょっちゅうだった

・疲れやすい

小さいころから

よく寝る子だった

20代前半くらいまでも

休日は午後まで寝ていることがあった

周りからは、良く

「疲れてるね」

と言われた

・目の充血・乾燥、サングラス必需

中学生までは、

ずっと目が充血していた

最近は、ドライアイがひどく

目薬の回数が増えてきた

体質といえば、それまでなのだが

それぞれの体質が

関節リウマチの発病と関連付けられているのだろう

これもまた

宿命なのだ

と、かみしめる