ミュージカルソングへの誘い ~No.48 Confrontaion(対決)

ミュージカルソングへの誘い

~No.48 Confrontation(対決)

作詞 Leslie Bricusse レスリー・ブリカッス

作曲 Frank Wildhorn フランク・ワイルドホーン

“Jekyll & Hyde ジキルとハイド” 1990

 

ジキルとハイドでは、

This is the momentという至極の曲があって

原語、日本語ともに染みわたるようになじんでいた

それに対し、Confrontationに取り組むには多くの時間を要した

それだけDVDや、ステージやクラスメートの発表がすばらしく、

この鬼気迫る演目は、自分には無理な曲と思っていた

オリジナルキャストでは、

This is the moment では甘く澄み切ったRobert Cuccioliで確定だろうが、

Confrontationでは、David Hasselhoffが勝るように思う

この人がHydeになるわけがない、という意外性を有しているからだろう。

 

きっかけは予定していた曲がほかのクラスメートと重なったので

同じ曲ではつまらないだろうと思ったのと、

新型コロナウイルスによる暗い世相を吹き飛ばす

ハイドの狂気がコロナの憂さを晴らせるのではと思ったから。

 

この歌は勢いを増すハイドと、ジキル博士との二つの人格の対決なので、

二人の声、歌い方を使い分けなければいけない

一人二役でこれだけ慌ただしく切り替わる曲はほかにないだろう

はじめは難しかったが、練習を重ねるうちに、

徐々に相対する二人の違いがあらわされるようになっていた

ステージでは、

長い髪を振り乱しうつむき加減に顔を隠すハイドと、

光を浴びほほを光らせて腕を差し出して天を拝むようなジキルとで

照明をうまく使って視覚的にもわかるようにしているが、

教室ではそれはできないので、

徐々に声の質や口調で違いをはっきりさせていくことを意識した

 

歌ってみてあらためて思うのは、

この歌での対決では、

明らかにハイドが勝っているということ

ジキルは必死に抵抗するものの、

焦りを隠せず声は上ずり、

最後はNeverと嘆願する

一方のハイドは、

ジキルを凌駕する自信にあふれ、

乱暴な言葉使いが自分のものになるにつれ、

演じている喜びを感じることができる

クラスメートから、

ハイドが出ていましたね、

と言われた。

それこそ、ミュージカルソングの愉しみと心得た気がする。

 

 

Jekyll

この手で殺した 間違いなく

この手はヤツの手か それとも僕の手か

 

善と悪 裏表

この体 善と悪との あっはっはっはあ

 

Hyde

まさか終わりだと思うのか 逃げられるつもりか

誰だ俺の手で踊るだけ お前は俺のもの

Jekyll

お前はただの幻 目を閉じれば消える

Hyde

眼を閉じても俺はいる いつでもここにいる

Jekyll

悪夢は終わり今こそ お前は死に絶える

今夜がお前の最後

Hyde

死にはしない 最後は来ない 悪戯は終わらない

お前のいる限り生きてる 死んでたまるものか

Jekyll

薬で記憶を消せば お前は消え失せる

Hyde

薬など使わせない 俺の意思で決める

Jekyll

運命はこの手の中 息の根を止めるぞ

地獄の火で燃え尽きろ

Hyde

おお 生きるぞ 永遠に 悪魔を従え

世界に見せつけてやるぞ 覚えておけ

その名はジキルとハイド

Jekyll

もう終わりだ

地獄で死にたえろ

Hyde

死んでやるものか

Jekyll

永久に消え失せろ

Hyde

死ぬのはお前だ

Jekyll

わたしから出て行け

Hyde

お前は俺だ ハイドだ

Jekyll

違うジキルだ

Hyde

お前こそハイド ハイド

Jekyll

違う

Hyde

そうだ ハイド

Jekyll

これで終わりだ 地獄で腐り果てるがいい

Hyde

あはあ また会おうジキル

Jekyll

ネバー

 

JEKYLL

It’s over now, I know inside

No one will ever know

The sorry tale of Edward Hyde and those who died

No one must ever know

 

They’d only see the tragedy

They’d not see my intent

The shadow of Hyde’s evil

Would forever kill the good that I have meant

 

Am I a good man?

Am I a mad man?

Such a fine line

Between a good man and a…

 

HYDE

Do you really think

That I would ever let you go?

Do you think I’d ever set you free?

If you do, I’m sad to say,

It simply isn’t so.

You will never get away from me!

 

JEKYLL

All that you are

Is a face in the mirror!

I close my eyes and you’ll disappear!

 

HYDE

I’m what you face

When you face in the mirror!

Long as you live, I will still be here!

 

JEKYLL

All that you are

Is the end of a nightmare!

All that you are is a dying scream!

After tonight,

I shall end this demon dream!

 

HYDE

This is not a dream, my friend –

And it will never end!

This one is the nightmare that goes on!

Hyde is here to stay,

No matter what you may pretend –

And I’ll flourish, long after you’re gone!

 

JEKYLL

Soon you will die,

And my silence will hide you!

You cannot choose but to lose control.

 

HYDE

You can’t control me!

I live deep inside you!

Each day you’ll feel me devour your soul!

 

JEKYLL

I don’t need you to survive,

As you need me!

I’ll become whole

As you dance with death!

And I’ll rejoice

As you breathe your final breath!

 

HYDE

I’ll live inside you forever!

 

JEKYLL

No!

 

HYDE

With Satan himself by my side!

 

JEKYLL

No!

 

HYDE

And I know that, now and forever,

They’ll never be able to separate

Jekyll from Hyde!

 

JEKYLL

Can’t you see

It’s over now?

It’s time to die!

 

HYDE

No, not I!

Only you!

 

JEKYLL

If I die,

You die, too!

 

HYDE

You’ll die in me

I’ll be you!

 

JEKYLL

Damn you, Hyde!

Set me free!

 

HYDE

Can’t you see

You are me?

 

JEKYLL

No!

Deep inside-!

 

HYDE

I am you!

You are Hyde!

 

JEKYLL

No – Never!

 

HYDE

Yes, forever!

 

JEKYLL

Good damn you, Hyde!

Take all your evil deeds,

And rot in hell!

 

HYDE

I’ll see you there, Jekyll!

 

JEKYLL

Never!

 

免疫力強化は、確実に数値に反映している

8月以来3か月ぶり、今年3回目の検査結果が出た

免疫力強化に取り組んで1か月半、

数値では明らかに改善している

CRPは正常値の範囲に戻った

嬉しかったのはリンパ球の%、数値が上がっていること

24.6%、1,790と正常値には至らないものの、

発症以来最高値に上がって免疫力は増している

9月から自主的にMTX減らしたことを先生に話すと、

痛くなるかもよ、と少し不機嫌そうだったが、

減量後の処方箋にしてくれた

リンパ球のことを話すと、リウマチにはあまり関係ないけどね、とつれない返事

でも、勝手な解釈かもしれないが、

コロナ禍にあって免疫力はとても大事な気がしている

だから免疫力強化はこのまま続けよう