ミュージカルソングへの誘い~No.21 I Dreamed a Dream

ミュージカルソングへの誘い~No.21 I Dreamed a Dream

作詞 ハーバート・クレッツマー(英語版) & アラン・ブーブリル(仏語版)

作曲 クロード ミシェル・シェーンベルク

“レ・ミゼラブル”1985

 

これはレ・ミゼラブルのなかで、ファンティーヌが歌う

これまで何度か紹介したマイケル・クロフォードのアルバムで

チャレンジしてみたくなった曲

オリジナルステージやムービーからも想起できる通り、

ひたすら感情を抑えながら

それでも涙がとどめなくほおを伝わる

熱い思いを乗せていく

マイケル・クロフォードは

彼の歌でいちばん低い声ではないかと思うくらい

絶望の淵のなかで、

押し殺すようにささやく歌だ

 

歌詞はHeやHimはSheやHerに変える

On My Ownのときと同じように

レミゼの歌は、ジェンダーを超えてしまう

不思議な力を宿している

 

 

I dreamed a dream in time gone by,

When hope was high and life, worth living.

I dreamed that love would never die,

I dreamed that God would be forgiving.

Then I was young and unafraid,

And dreams were made and used and wasted.

There was no ransom to be paid,

No song unsung, no wine, untasted.

 

But the tigers come at night,

With their voices soft as thunder,

As they tear your hope apart,

And they turn your dream to shame.

 

He slept a summer by my side,

He filled my days with endless wonder…

He took my childhood in his stride,

But he was gone when autumn came!

 

And still I dream he’ll come to me,

That we will live the years together,

But there are dreams that cannot be,

And there are storms we cannot weather!

 

I had a dream my life would be

So different from this hell I’m living,

So different now from what it seemed…

Now life has killed the dream I dreamed…

ミュージカルソングへの誘い~No.20 私が踊るとき

「私が踊るとき」は、

トートのパートでエリザベートとのせわしない掛け合いが続く曲。

作品全体に言えることだが、

エリザベートの自由に生きる意思がテーマになっているので、

トートはややもすればお飾り的で、

エリザベートの前では無力さが露呈されてしまう。

言葉は抑圧的に重くのしかかろうとするのだが、

エリザベートの信念の前では非力で、

最後はトートが自身に向けてほしいと嘆願する

実際の歌の中でも

血が流れていないモノトーンの存在感

あまり前に押し出さない無力感が

この曲では大事と思う。

 

 

勝ったのね
 勝利だ 俺の
私 他人に認めさせた
 世界は動いているんだ 俺の思うまま
誰のためでも
 俺だけのために
ないわ 自分のためにしたの
 確かにお前は 敵を出し抜いて 勝ち誇る
人形のように 踊らされた私が
自分の道を見つけた

ひとりでも 私は踊るわ
踊りたいままに 好きな音楽で
踊るときは 命果てるその刹那も
ひとり舞う あなたの前で

 

 飛ぶがいい
飛ぶわ
 鴎よ

 嵐の夜も そばにいよう
もうひとりだけで飛べるわ 自由になるのよ
 俺だけが
あなたが
 自由を
自由を
 与えることができる
やっと歩き出した 私だけの道を 邪魔しないで
 どんなに強く 拒んで見せても
 いつか俺を求める

 手を取って 俺と踊るんだ
 俺が望むときに 好きな音楽で
踊るときは 命果てるその刹那も
ひとり舞う あなたの前で

歩いて行けるわ
 お前には俺が必要なんだ
ひとりでも
 もうすぐに
愛し始めたの
 憎みだす

人生を

踊るときは 選んだ相手と
踊りたいままに 好きな音楽で
踊るときは この世終わるその刹那も
ただひとり 愛する人と
踊るときは 全てこの私が選ぶ

ミュージカルソングへの誘い~No.19 パパみたいに

市ヶ谷トモノホールでメンバー総出のコンサート。

ソロでは、#2で歌った“ミスサイゴン”から「ブイドイ」、

アンサンブルで “レ・ミゼラブル”からIn My Life ~ Heartful of Loveに加え、

“エリザベート”から「パパみたいに」と「私が踊るとき」

を歌った。

「パパみたいに」では、

エリザベートの父マクシミリアン公爵のパートで幼少のころのエリザベートの歌に絡んだ。

彼の生活は、皇族の堅苦しい生活を嫌い、田舎にこもって狩りや異国への旅に興じること。

この行動を見ていたエリザベートにも晩年に大きな影響を与え、彼女もまた晩年わずかな使用人とともに異国への旅に明け暮れ、自ら非業な最期を招いてしまったのは皮肉な巡り合わせだ。

たとえ孤独であったとしても、束縛を嫌い自由に生きる贅沢な生活は彼女に限らず、心底うらやましい・・と思う。

それだけ社交界は面倒なことが多く、動物や自然とともに過ごす時間が最も癒される時間であった気持ちはわからなくもない。

親戚である狂王ルートヴィヒからも、その苦悩が痛いほど伝わってくる。

ともあれ、ステージの上だけではあるが、

娘のおねだりに手を焼きながら、家族の目を盗んで

カバン一つで家を抜け出そうとしている気まぐれなパパさんになれる至福の時間だった。

 

お昼には 親戚が集まる
ママは言うことあるらしい
堅苦しい場所から 逃げてみたいわ
家庭教師の目を盗み
パパ 一緒に連れて行ってよ
 駄目だよ
パパのすること全部好き
 今度は無理だ
夢を詩に書きとめ 馬術の競争
パパみたいに なりたい

 

今日は木登りは禁止なの
 シシィ お前はお転婆すぎるよ
綱渡りの練習も
 姉さんは花嫁修業
弟たちとは サーカスごっこができる
 気を付けろよ
家庭教師の目を盗み
 あとは知らないよ
どうして連れて行ってくれないの
 明日の午後には帰るよ
外国に旅するのね
 もう行くよ
自由に生きたい ジプシーのように
気まぐれに 望むまま
パパみたいに 生きたい