ミュージカルソングへの誘い~No.51 Anthem

~No.51 Anthem
作詞:Tim Rice
作曲:Benny Andersson & Bjorn Ulvaeus
“Chess” 1984

曲への想い

冷戦時代のチェス大会を背景に、
恋愛と政治の駆け引きを描いたミュージカル
1986年ウェストエンドでの初演以来、
世界各国で上演されているABBAの二人による作品
日本では、2015年
中川晃教、安蘭けい、石井一孝らのキャストで演じられている

Anthemは、
ロシア人のアナトリーが国を捨てイギリスに移住することを決意する鎮魂歌
詩はどこまでもピュアで、
母国をおもう気持ちがTim Riceによって見事に表現されている。
この歌を知ったのは、オーストラリアでのオリジナルファントム、
アンソニー・ワーローのアルバムから
その後、2008年
ロイヤル・アルバート・ホールでの Chess in Concertで歌った
ジョシュ・グローバン (Josh Groban)によるAnthemが秀悦
その表現に近づけられないかと取り組んだ

ハイ・バリトンでも十分こなせる音域で、
高音の維持もそうきつくないが
課題は長くそして力強い発声で続く高温の部分を
どうやって聞いている人に心地よく響かせて聞かせるか
そこに集約される

Lyrics

No man, no madness
Though their sad power may prevail
Can possess, conquer my country’s heart
They rise to fail

She is eternal
Long before nations’ lines were drawn
When no flags flew, when no armies stood
My land was born

And you ask me why I love her
Through wars, death and despair
She is the constant, we who don’t care

And you wonder, will I leave her?
But how?
I cross over borders but I’m still there now

How can I leave her? Where would I start?
Let man’s petty nations tear themselves apart
My land’s only borders lie around my heart

MTX減量ほど、難儀なものはない

 

5月顔面神経麻痺でプレドニンを540mg注入したので、6月から自主的にMTXを2mg減量していた。

7月の終わりに診察であらためて減量をお願いした結果、CRPや特にRFが134まで悪化しているが、希望通りMTXは2mg減量され週4mgにしてくれた。

先生からしてみれば、2回も処方を守らず減量した厄介な患者だろう。

ただ最近は息切れ感が気になっていて、免疫力の低下による間質性肺炎のほうが今は怖い。

8月に入ってから、手の指、左の上腕部などでリウマチ発症時に似た痛みがあって、ロキソニンテープを貼って何とか抑えている。

一方で息切れ感のほうが相変わらず気になるので、呼吸器科で検査した。

その結果、間質性肺炎には至っていないものの、血中酸素濃度が低く、呼吸の音も気になるとのこと。

血中酸素を上げ、肺炎にならないように、アノーロエリプタという気管支を広げ吸入を楽にする薬が処方された。

MTXを減らして、RFは177まで上がり、要注意水準。

一方でMTXを減らしても、肺機能は確実に低下している。

こうやってMTXの副作用を軽減する薬を追加で服用していく循環にはまるのか。

ほんとうに、MTXを減らしていくのは難しいが、

ここは肺炎の不安を知る自身の判断を信じるしかない。