ミュージカルソングへの誘い~No.22 Being Alive

ミュージカルソングへの誘い~No.22 Being Alive

作曲・作詞 、スティーヴン・ソンドハイム

“カンパニー”1970

 

「カンパニー」はジョージ・ファース脚本のミュージカルコメディ。トニー賞でそれまでの過去最高の14部門にノミネートされ、6部門で受賞した。

その中で歌われるBeing Aliveは、ソンドハイムの代表曲の一つとして、マイケル・クロフォードのアルバムで知った。

小気味よいテンポで曲は進み、最後には若さ溢れる力強いエンディング。忘れていたエネルギーを蘇らせる魅力のある曲だと思う。

聞きなれた原文でも良かったのだが、あまり聞かれる曲ではないので、あえて訳して歌ってみた。

 

(訳)

誰かが抱きしめ

誰かが傷つけ

誰かが椅子奪い、眠り破り、目覚めさせる生きることに

Being Alive

 

誰かが引き止め

誰かが知りすぎ

誰かが拾い上げ、奈落に突き落とし、手を伸ばす

Being Alive

Being Alive

 

誰かを受け入れ

誰かと通い合う

誰か少しでも分かち合える相手がいる

Being Alive

Being Alive

 

誰かと愛溢れ

誰かが守ってる

誰かそこにいて、君も僕もおびえている 生きることを

Being Alive

Being Alive

Being Alive

 

僕を引き留め

僕を知りすぎ

僕を拾い上げ、奈落へ突き落し、手を伸ばす

 

生きるために

まどわされ

おぼれて

利用され

さとらされる

ひとりじゃ

生きていけない

 

僕を愛して

僕を守って

僕のそばにいて

僕と一緒に立ち向かい、生き抜こう

 

Being Alive

Being Alive

Being Alive!

MTX(メトトレキサート)さらに減量へ

 

 

1か月半ぶりの通院

起きれない、歩けない、腕が上がらない

あのつらかった発症から1年がたったんだなあ、

としみじみ思う

今年の夏休みは、

治療に専念

ラジウム温泉で過ごした

 

その甲斐あったか

MTX2mg減らして

先生からは痛みが強くなるかもよ、

と脅されていたが

毎晩お風呂上がりのロキソニンテープで

痛みを抑えてきた

 

血液検査の結果は、

MMP-3はクリアするものの

CRPRFは推奨値には至らず

現状維持といったところ

 

前回悪化した肝臓の数値は

お酒の回数や量に比例してか

若干良くなったが

依然、AST(GOT)ALT(GPT)は推奨値には入らず

 

痛みは治まっているので

MTXをさらに減らせないか、嘆願して

12mgから10mgに減らしてもらった

 

昨年痛みがピークの時

初めてステロイドを処方された時のMTXの量

であれば、あの時の痛みの度合いからみて

この量まで減らしても問題はないはずだ

 

肝臓の値は要注意なのだろう

お酒を飲みたいという欲求は

すっかりなくなってしまった

これまでだいぶ飲んできたからね

人生うまく帳尻があっているのだなあと

恐れ入る