ミュージカルソングへの誘い~No.35 Sunset Boulevard

ミュージカルソングへの誘い~No.35 Sunset Boulevard

作詞 Don Blach & Christopher Hampton

作曲 アンドリュー・ロイド・ウェーバー

“サンセット・ブールバード”1993

 

ビリー・ワイルダーの映画でも有名なストーリー

歌はジョーの心の吐露を

延々と歌い続ける

 

哀れなゴーストライター

空しく

自虐的なトーンで続いていく

それがいずれ殺害される運命を

予兆として示すには十分で

歌っている間も

鬼気迫る演出が求められる

 

こんな生活のために

今まで生きてきたんじゃない

その気持ちは

誰にでもある感情で

とても親近感がわく

 

自分なりに

感情が入ると

聴いている人にも

伝わる曲だなと思えた

 

訳詞:中島淳彦

 

ここで俺は名を上げ

夢を掴みとり

いつか庭にはプールを

でも待っていたのは

すえた部屋の匂い

ケチなベッドと孤独

 

サンセットブールバード

ねじれたこの道

秘密と金が絡み合う

サンセットブールバード

誘惑のこの道

やられぬように気をつけろ

 

夢では勝てないさ

この街は誰もが

笑顔で殺し合う

金が欲しいのなら キス

笑顔でキスしろ

汚れた靴をなめろ

 

サンセットブールバード

スキャンダルのこの道

たどり着けばそれまで

サンセットブールバード

栄光のこの道

勝ち続けなきゃ意味がない

 

俺の心 譲り渡し

責めるなら 責めてくれ

待っていた

うまい話

やってきた

甘い暮らし

 

本当の 愛なんて

わからない 尋ねるな

耳をふさぎ

金をもらい

沈む彼女 俺は見てる

 

この街で昔は ゴールドラッシュに

人々は誘われ

彼らは夢をつかむために

彼らの夢は俺の夢さ

 

サンセットブールバード

高ぶるこの道

嘘つきのたまり場さ

サンセットブールバード

冷たいこの道

冷酷な奴の目的地

 

今ここにあるのは 現実じゃないさ

早く目を覚ませよ

それでも紙めつくす 温かいスープ

明日 処刑されても

 

サンセットブールバード

死を呼ぶこの道

古い記憶 消え去り

サンセットブールバード

夢見るこの道

つかみそこねれば消えるだけ

それがサンセットブールバード

ミュージカルソングへの誘い~No.35 Til I Hear You Sing

ミュージカルソングへの誘い~No.35 Til I Hear You Sing

作詞 グレン・スレーター

作曲 アンドリュー・ロイド。ウェーバー

Love Never Dies  2010

 

ウェストエンドからはじまり

東京公演もあったが、

ブロードウェイでの公演は

まだないようだ

 

第一幕の最初に歌われるこの曲は

ファントムのその後を思い起こさせる

哀れさを漂わせながら

執着心はちゃんと残している

また父親のような温かさも

覗かせる

 

この歌が好きなのは

ファントムからつながる

一貫したキャラクターであり

自身に流れる歌や音楽への想いもまた

この歌にはこめられているような

気持ちになれる

 

最後の続く部分が

この曲のピーク

想いが伝わり

歌いながら

涙しそうになる

And music

Your music

It teases at my ear

I turn and it fades away and you’re not here

 

Let hopes pass

Let dreams pass

Let them die

Without you, what are they for?

I’ll always feel no more than halfway real

‘Til I hear you sing once more

やはり

ファントムはいいなと思う

いつかウエストエンドか

ブロードウェイでの初演を

観てみたいな

 

The day starts

The day ends

Time crawls by

Night steals in pacing the floor

The moments creep

Yet I can’t bear to sleep

‘Til I hear you sing

And weeks pass

And months pass

Seasons fly

Still you don’t walk through my door

And in a haze I count the silent days

‘Til I hear you sing once more

 

And sometimes in darkness

I dream that you are there

But wake holding nothing but the cold night air

 

And years come

And years go

Time runs dry

Still I ache deep in my core

My broken soul can’t be alive or whole

‘Til I hear you sing oncemore

And music

Your music

It teases at my ear

I turn and it fades away and you’re not here

 

Let hopes pass

Let dreams pass

Let them die

Without you, what are they for?

I’ll always feel no more than halfway real

‘Til I hear you sing once more

ミュージカルソングへの誘い~No.34 Good Thing Going

ミュージカルソングへの誘い~No.34 Good Thing Going

作詞 ハロルド・プリンス

作曲 スティーブン・ソンドハイム

Merrily We Roll Along 1981それでも僕たちは前へ進む

 

ゴールデンコンビでありながら

評価は低く短期間で公演は終了し、

その後再演の機会はほとんどなく、

自身も見る機会がない

2013年に小池徹平、柿澤勇人の主演で

大阪での公演があったようだが、

今にして思うと

これが最大の観劇のチャンスだったかもしれない

 

ただそこはソンドハイム

Not a day goes byなど名曲には欠かない

ストーリーは知らなくても、曲だけで、どんなことを伝えようとしているのか想像したくなる

 

このGood Thing Goingは、

恐らくカバーされる機会は少なく

あまり知られていないのだが、

そのメロディと詞が

自身にはとてもフィットした

 

淡々と語るように歌うスタイルは

なかなか難しいが

自身の想いにも似た詞が

多少下手であってもいいじゃない

って思わせる

 

そしてピークは

ラストのGoneと伸びるところ

訴えても相手に通じるはずもないのだが

それでも伝えようとする

ちっと未練がましさも感じる曲だ

 

It started out like a song,

We started quiet and slow with no surprise,

Then one morning I woke to realize

We have a good thing going.

 

It’s not that nothing went wrong,

Some angry moment of course, but just a few,

And only moments no more because we knew

We had a good thing going.

 

And if I wanted too much, was that such a mistake?

Half the time you never wanted enough,

Oh wake up, I don’t make that a crime,

And while it’s going along,

You take for granted some love will wear away.

 

We took for granted a lot, and still I say,

It could have kept on growing,

Instead of just kept on,

We had a good thing going, going, gone.

 

And if I wanted too much, was that such a mistake?

Half the time you never wanted enough,

Oh wake up, I don’t make that a crime,

And while it’s going along,

You take for granted some love will wear away.

 

We took for granted a lot, and still I say,

It could have kept on going,

Instead of just kept on,

We had a good thing going, going, gone.

ミュージカルソングへの誘い~No.33 ひとかけらの勇気

ミュージカルソングへの誘い~No.33 ひとかけらの勇気

作詞 ナン・ナイトン

作曲 フランク・ワイルドホーン

訳詞:小池修一郎

“スカーレット・ピンパーネル” 1997

原作:バロネス・オルツィ『紅はこべ』(The Scarlet Pimpernel)

 

日本では、宝塚歌劇団による演出が知られ、

この詩も小池修一郎氏によるものである

2016年には石丸幹二がパーシー・ブレイクニー、

マルグリットには宝塚初演でパーシーを演じた

安蘭けいが務めている

 

ブロードウェイでも日本でも

作品自体の評価や興行成績は

芳しくない

それでも一定のポジションを維持しているのは

ワイルドホーンの旋律がもたらす

安心感からだろう

 

「ひとかけらの勇気」は

2016年度版からの曲

石丸幹二さんがカバーして

男性でも歌いやすくなった

 

実際歌ってみて思うのは

そこかしこに宝塚の匂いみたいなものがあって

どこか照れくさくなる

でも

明らかに詩を伝えることが

この曲の大事なところなので

ぐっと照れくささを押し殺して

演じ切る

禁断の宝塚の舞台で

 

 

どうしてだろう この世の中に 

欺まんと不正 溢れている 

人が自由に 歓び分かち

愛し合える 至福の日は 来るだろうか 

遠国に 嵐吹き荒れても

僕は見逃しはしない 

ひとかけらの勇気が 僕にあるかぎり

 

どうすればいい この世界から

争いの炎 消えはしない 

人が築いた 心の壁を 打ち砕きとき放つ 

その日はいつか

強い力 立ちふさがろうと

僕は あきらめはしない 

ひとかけらの勇気が 僕にある限り 

 

登れない山 渡れない川 

数多の障壁 乗り越えて 

 

たとえこの身 傷つこうとも 

僕はゆく 君のために

ひとかけらの勇気が 僕にあるかぎり

MTX服用量が、1年半前発症時の8mgに戻る

2カ月ぶりの通院

今年初めてとなる

まず驚いたのは

外来患者の少なさ

入口から

採尿・採血室に至るまで

こんなに人が少ないのは初めてだ

 

不謹慎かもしれないが、

前回までごった返していた

あれだけのたくさんの外来患者たちは

不要不急を要する患者さんではなかった

ということか

 

そんなこともあって

予約時間よりも早く診療室に呼ばれた

先生は患者数が少ないためか

いつもより余裕の空気が漂う

 

肝臓の数値を見て

MTX減らすかあ

の一言

前回その可能性について触れていたので

期待通りとなった

歓喜の声はぐっと抑えて

先生に感謝

 

痛くなるかもしれないよ

 

はい、それは覚悟の上です

 

分量は半年ぶりに2mg減って

8mgになった

発症当初の服用量に戻った

20188月のことだ

その後2カ月で14mgまで服用量は増えていった

そこから8㎎まで戻すのに

1年半かかったことになる

 

さて次なる減量の目標はあるのか

それを確かめるために

次回3か月後とする選択肢もあったが

あえて

これまで通り2か月後とした

 

そして

薬に頼らないで

少しでも

腫れや痛みが

減らせる方策に

トライしていこうと思う