歯医者も感動 ロイテリ菌の効果

2週間を空けて、歯茎の状況を診てもらった

人工歯根の歯茎は出血が引き、さらに改善しているとのこと

この日は改善が見られないことを想定して、

レーザーで歯茎を削る準備もしていたが、

改善したことでその必要がなくなった

先生は「興奮している」とおっしゃっていた

どんな習慣により成果だと思うか?と問われたので、

いくつか考えられる理由を挙げた

(1)自身の行いではないが、

最も大きい原因と思われるのは、

2カ月前顔面神経麻痺になり、

540mgものステロイドを点滴したが、

体内からその影響が薄れたこと 

関節リウマチの免疫抑制メトトレキサートを服用しているので

さらにステロイドが加わったことで、

炎症に対する抵抗力が大きく低下していたが、

抵抗力が復活してきた

(2)3週間前からロイテリ菌摂取を始めたこと

採りはじめたころは舌苔の量や赤黒さに驚いたが、

その後は量も色も自然に戻ってきたように感じられる

ロイテリ菌により口腔内の悪玉菌が減少していること

を示している

(3)噛み合わせの改善のために、

人工歯根の上にかぶせる形で義歯を作ってもらったが、

それを使うのは食事の時のみとし、

それ以外は外して衛生状態を最優先にしたこと

幸いなことに在宅勤務が多く

抵抗なく義歯を外したり装着したりできている

3食の食事後の歯磨きにより歯根周りの衛生が維持できた

(3)就寝前に、

イソジンなどによる人工歯根周りの消毒・マッサージに加え、

さらに口の中でイソジンなど消毒液でくちゅくちゅすること

これにより就寝中、口腔内の衛生状態を安定できた

 

併せて、この日は口腔内の微生物検査の結果が出た

結果は、真菌はなく、川北正先生が示唆した

関節リウマチも含めた様々な病気の原因となる

カンジダ菌など真菌(カビ)は発見されなかった

真菌の存在が

関節リウマチの寛解にも関係しているかもしれないと

少しばかり期待していたが、

その可能性は除かれることになった

そして関節リウマチ寛解に向けた取り組みは

これまで通りとなる

 

口腔内衛生維持は、これまで通りに続けて、歯茎の状況が安定

すれば、人工歯根の上に歯を被せる可能性が見えてきた

先生の興奮も、そのことにある

被せた後に歯茎を処置するのは難しくなるので、

口腔内衛生の維持はこれからもずっと続くことになる

これは真菌有り無しに関係なく、

健康維持に必要なことと教えてくれた

 

 

口腔内の細菌をロイテリ菌で減らす

一難去って、また一難

耳周辺の痛みに悩まされた顔面神経麻痺も、

星状神経節ブロックによってようやく落ち着いてきた

ところが、一難去って、また一難

予定していた人工歯根に乗せる歯も手を付けることができるかと思っていたが、

いざ型を作ろうとして診てもらうと、

しばらくの間、人工歯根の上に義歯を乗せて様子を見ることになった

 

歯茎が安定しない原因

理由は、

人工歯根周りの歯茎・歯肉がなかなかしっかりとした硬さにもどらず、

出血している状況に変化が見られないからである

人工歯根の手術をしてすでに10カ月

その間、一日3回の歯磨きや、就寝前のイソジンなどでの人口歯根周りの消毒など、

丹念にまた慎重に続けてきたが、改善がほとんど見られない

一般的には、このような歯肉の炎症や腫れは、歯周病変と呼ばれ

歯周病原因菌による細菌感染によるものとされている

そしてその原因は、

関節リウマチで3年間服用している免疫抑制剤であるメトトレキサートが有力だ

そのうえに、ここ1か月間、顔面神経麻痺の治療のため、

540mgものステロイド剤を注入したわけで、

細菌にはきわめて抵抗力のない状態となり重症化したことは容易に想像できる

さらにメトトレキサートの副作用として骨粗鬆症が進行すれば、

歯周組織での骨形成能が低下して、

状態を悪化させている可能性がある

 

求められる対策

関節リウマチにかかって3年

その治療薬である免疫抑制剤によって

ウイルスへの抵抗力が落ちてきて

顔面神経麻痺、歯茎の炎症と

次々と新たなトラブルがやってくる

この悪循環をどう断ち切るか

もっとも望ましいのは、

メトトレキサートを減らすことだが

しばらくはDo Check Do Check

一気に減らすことは難しい

 

すぐにとることにした予防策

1.ロイテリ菌

なかなか治らないことをツイートしたとき、

フォロワーさんからお薦めいただいたもの

もともと母乳や口腔内にも含まれる善玉菌で、

口腔内や体内の細菌に作用し、

虫歯菌や歯周病菌を殺菌

免疫力を高めることが期待できる

 2.ビタミンB群、ビタミンC、等

抵抗力を高める一般的なサプリ

すでにサプリメントで取り入れている

 

3.水素・コエンザイムQ10等

活性酸素を取り除き炎症を抑制できるとされているが、今回は見送り

 

先ずは、善玉菌でからだにやさしく、

即効性が期待できるロイテリ菌を試してみることとした

服用し始めて、どんな変化があるか楽しみだ

星状神経節ブロックの効き目を実感

今週月曜日から休診日を除いて毎日4回、

ペインクリニックで星状神経節ブロックを施した

結果、外見からもはっきりわかるほど回復が進んだ

 

目はほぼつぶれるようになり、

寝るときのアイマスクは続けているが、

頭や顔を洗う時に洗剤が染みることはなくなり、

外出時に眼帯をしなくても何とかなるようになった

 

口も、口の曲がりはだいぶもとにもどり、

うがいで水がもれることはほとんどなくなった

 

最大の目的であった

左耳の痛みでは、

耳かきを入れても大きな痛みは感じなくなった

 

首に注射を打たれる恐怖さえ克服できれば、

こんなにお薦めできる治療法はないと思う

この4回のうち、一度だけだが、

のどにしこり感のようなものが残り

やがて声がかすれて、でなくなった

3時間ほどしてもとにもどったが、

ヒヤリとする経験だった

 

あとは強力な痛み止めであるリリカをいつやめられるか

この薬のおかげで

関節リウマチの痛みもいっしょに抑えられている

ただ車の運転ができなくなるほど

一度睡魔が襲うと

一瞬にして意識を失うほど強力なので

なおさらこの薬からは早く離れたいと思う

星状神経節ブロックはじめる

発症しステロイドを1週間打って1週間後が経ち、

知人から勧められ、ペインクリニックののれんをくぐった

 

眼や口の動きは、

わずかずつではあるが改善が感じられるものの

とっかかりである左耳の痛みは変化がなく

このまま強い鎮痛剤リリカの服用を続けることは避けたい

そこで耳の痛みを軽減させる策を探していた

 

今回始めた星状神経節ブロックは、

2つの効果が期待できる

首の部分にある交感神経の働きを

局部麻酔薬により遮断する治療法

 

一つは、

顔面、頭部、上肢の血管が拡張し

血液の循環が良くなる

二つ目は

痛みがある場合、

交感神経が緊張して

発痛物質がつくりだされやすい状況になっているため

交感神経を遮断することで、

痛みの悪循環が改善される可能性がある

 

これまでの症状と治療の経緯をしっかりと聞いてもらい、

毎日でも注射を受けたほうが良いという診断だった

はじめての首への注射は怖くないと言えばうそになるが

経験豊富な先生による施術により

安心して臨むことができた

 

鎮痛薬リリカによるふらつき感も強いが、

この注射はさらに強力

家までふらふらしながら帰ることになる

 

翌朝、大きな変化はないものの

耳の痛みや、口の動きなどわずかながらも改善がみられる

特に耳の痛みが和らぐことへの期待は大きく、

先ずは医院の休日を挟んで5日間

連続で通うこととした

 

顔面神経麻痺発症後3週間のリハビリ

顔面神経麻痺を発症して

1週間の点滴通院

その後2週間のリハビリをどう対応していくか

免疫バランス維持は続けているので、

毎日取り組むことが増えることになる

 

・舌苔取り

・ウォーキング  30分ほど汗がにじむくらい歩く

・爪もみ

・薬

  リウマチ   :メトトレキサート(MTX) 月曜のみ4mg

         葉酸補給フォリアミン 木曜のみ5mg

         ボナロン経口ゼリー 土曜のみ35mg

 顔面神経麻痺 :鎮痛剤リリカ 75mg

         脳循環改善薬アデホス 

         ビタミン12メチコバール 500㎍

・サプリ

 ロイヤルゼリー

 EPA・DHA オメガ3  

 ビタミンB1B6B12 エスファイトゴールド

・歯磨き

 

・爪もみ

・薬

顔面神経麻痺 :脳循環改善薬アデホス 

        ビタミン12メチコバール 500㎍

・歯磨き

 

・半身浴       30分から45分かけて温める

・オイルマッサージ  ごま油で頭から顔、足にマッサージする

・爪もみ

・薬

リウマチ   :メトトレキサート(MTX) 月曜のみ2mg

顔面神経麻痺 :鎮痛剤リリカ 75mg

        脳循環改善薬アデホス 

        ビタミン12メチコバール 500㎍

・サプリ

 EPA・DHA オメガ3  

 ビタミンB1B6B12 エスファイトゴールド

 グルタチオン

 ビタミンC

・歯磨き

 

就寝時

・温熱パック    電子レンジで温め、首を温める

・ネックウォーマー 音節パックが冷めた後も、首を温める

・マスク      

・アイマスク    閉じれない左目の角膜を守る

 

適宜

・角膜保護 ヒアレイン点眼薬

 

このうち、MTXは

ステロイド点滴の1週間は医師の指示で中断している

マッサージは施すべきか

これに今回、マッサージを加えるかどうかで悩ましい

いくつかの情報では、

特に顔のマッサージについては、

やらないほうがいい、

というアドバイスも半分くらいを占める

 

そのため、

顔のマッサージは、

オイルやクリームを塗る際に

軽く伸ばしたり指で回転してすり込むくらいで、

それも軽く触れる程度にとどめることとしている

一方で、首から上への血行を良くするために、

首や肩のマッサージは意識して行うようにした

手軽なのは、肩に乗せるタイプのマッサージ機で

あまり押し付けて強い刺激を与えるのではなく

温熱とともに軽くもむような圧力で

首から肩、背骨のまわりを

一日2-3回もんでいる

顔面神経麻痺の発症、治療はじまる

顔面神経麻痺の発症

 

左の耳上の頭側面から耳の周り、頬まで

広い範囲で鈍器に刺されるような強い痛みがはじまって1週間

顔面神経麻痺の症状が出てきた

・左の口角が閉まらない 

 食事のとき、指で口角を押さえていないと、液体が出てきてしまう

・左目が閉じにくい 涙が止まらない 網膜が乾いて痛い

 顔を洗う時に、洗剤が目に入って痛い

・洗髪で頭に湯をかけるときゴボゴボと耳に水が入っているような感覚がある

・落ち着かないためなのか、字を書くと文字が乱れる

 

翌朝、治療開始

 

夜になってこれらの症状が確実になってきて、

治療は早いほうが良いことを知る

しかし翌日も祭日

幸いリウマチを診てもらっている病院で

休日外来を受け付けてもらうことができた

 

翌朝、内科で問診を受けたのち、

耳鼻咽喉科の先生にあらためて診てもらい

「顔面神経麻痺」の診断

違和感と痛みのある耳の中は、

中耳炎などの症状はなく、

耳の中はきれいとのことだった

 

すぐにステロイド(プレドニン)120mgの点滴が開始された

7日間、徐々に減らして最終日には20mgとなって点滴は終了となる

 

併せて、痛み止めにリリカ、脳循環改善薬にアデホス、ビタミン12にメチコバール、角膜保護にヒアレイン点眼液が処方された

リリカの痛みへの効き目は強力で

頭痛の痛みからは完全に開放された

ただ効きが強い分、1日中ぼわあんとした感覚で

突然の睡魔に意識を失いそうになることがある

絶対にクルマの運転はしてはならない薬だ

 

筋電図検査で手術の要否判定出る

 

治療開始3日目に

手術を要するかどうかを判断するために

筋電図検査が行われた

針が入るので痛みを伴うが、

頭痛の痛みに比べれば、一瞬なので

耐えられない痛みではなかった

患側の誘発筋電図振幅が健側の10%以下のとき

予後不良といわれている

結果は、

眼の周りが90%

口の周りが107%

と、3日間の累計340mgのステロイドが効いたのか

手術は不要

治癒するまで60日と

最短の治療日数となった

 

その後、診てもらう先生は毎日変わるが、

「このデータが正しければ

軽いほうだと思うよ」

という言葉が気にかかり、

油断は大敵と受けとめた

 

ステロイド点滴が終わると、

薬を飲むだけで、

次回の筋電図検査まで

何もしない日々が2週間続く

 

この間の過ごし方は

次の投稿で紹介します

顔面神経麻痺の原因と兆候

「顔面神経麻痺」という症状となり治療を受けている

 

関節リウマチと顔面神経麻痺両方にかかる確率は?

これは数字の遊びだが、

日本の人口1.25億人に対して、

関節リウマチが70万人なので、0.56%(10,000人のうち56人)

顔面神経麻痺は年間6.5万人で0.052%(10,000人のうち5人)

両方かかる確率となると、0.00029%となり、

100万人に3人となる

 

毎年累計されていくので、

リハビリを含め症状のある人の総数はわからないが、

かかる人は少ない病気にかわりはない

 

ただ関節リウマチの薬メトトレキサート(MTX)には免疫抑制作用があるので、

ウィルス感染が原因だとすれば、

関節リウマチ疾患者がかかる確率は高いのではないかと思う

じっさいに関節リウマチの方で、

顔面神経麻痺にかかって今は完治されていて

いくつか治療のアドバイスをいただいている

SNSがなければこうした方と知り合うことはできず、

SNSの恩恵だと思う

 

顔面神経麻痺の原因として考えられる3つのきっかけ

 

そもそも顔面神経麻痺の原因はわかっておらず、

過労やストレスなどがあげられているが、

自分に当てはまると、

それ以外の原因もあるかもしれないと思っている

 

(原因候補1)消炎鎮痛剤の使用をやめた反動か?  

                                                                                                                                                                                           

顔面神経麻痺を発症する11日前に、

それまで2年半強、

毎日のように手指などに毎晩貼り続けていたロキソニンテープをやめた

安保徹先生の本のなかで、

消炎鎮痛剤の副作用による心臓への負担の記述があり、

リウマチにかかってから血圧もだいぶ上がってしまっていたから

これは貼るのは早々にやめよう

と思った

手指の痛みも、

貼らないよりはいいくらいの効き目だったので、

眠りにつけるくらいの痛みであれば貼らないようにしよう

と決心したのだ

思い返すと、

担当医は処方箋作る時に、いつも

テープ要る?って私に聞いた

薬だすの消極的だった気もしていたのが、

後押しした

 

消炎鎮痛剤をやめる代わりに、

徹底して体を温めることにして、

朝夜はウォーキング、半身浴や

寝るときにはネックウォーマーを巻いたりして血流の改善に努めていた

 

 

(原因候補2)しばらくの間、耳栓を毎晩つけていたからか?

 

ちょうど消炎鎮痛剤を貼るのをやめたころから、

左耳穴の奥に痛みを感じていた

しばらくの間、

安眠用に耳栓を毎晩寝ている間つけていて、

それが耳の奥に悪い作用が働いたのか

と思っていた

 

(原因候補3)人口歯根の治療で、刺激を与えてしまった?

 

9カ月ほど前に左下の歯茎に、

2本の人工歯根を埋め込む手術をした。

その後、なかなか歯茎の状態がすぐれず、

いまだに義歯は入っていない。

手術時の刺激や、

左の奥歯で噛み合わせが長い間悪いまま推移したことも

関係しているのではないか?

などと推察している。

 

左耳穴奥から広がりとともに強くなっていく痛み

 

その後徐々に痛む箇所が動き始め、

左耳部分で耳穴の上のあたり、

1週間後には耳穴の上からおでこの左上にかけて、

ピリピリする痛みが強くなっていった

はじめはボルタレンで痛みを和らげる効き目があったが

だんだん効かなくなってきたので、

1週間ほどして脳神経外科で診てもらった

MRIの画像では異常や心配な点は見当たらず、

神経性の頭痛という診断で薬を処方された

そしてその3日後、

はっきりとした顔面神経麻痺の症状が現れてくる

その後の経緯は、次に寄稿します

 

我慢できないほどの頭痛の痛みに

 

頭痛というのはその専門医にかかるか悩ましい

このあと耳鼻咽喉科にお世話になるのだが、

このときは顔面神経麻痺などまったく思いつかなかった

ただ言えることは、

街の脳神経外科ですぐにMRIで診てもらえる時代になり、

先ずは脳に問題はないかを確認することは

その後の余計な心配をせずに済む点で有効だと思う

頭痛に悩まされている段階では、

先ずは血管の異常や腫瘍など疑うのは当然だと思う

 

今回の頭痛は、

今までに経験したことのない強い痛みだった。

はじめのうちは、

皮膚の上を走るようなピリッとした痛みだったが、

やがて鈍器で押されるような痛みに変わっていった。

少しでも痛みを和らげられるよう

頭や頬など痛んでいる部分を冷やした

しかし今考えると、

顔面神経麻痺には、冷やすことは良くなく、

逆効果なことをしていたことになる

しかしこの時は、

冷やしていることで多少は痛みが和らいでいたので、

摂理に従ったことになる

同じ頭痛の症状でも「冷やす」、「温める」で正反対の処方があることが悩ましい

担当医のアドバイスに従うとともに、

冷やして痛みが多少でも緩和されるのであれば

就寝時だけでも冷やして眠る

という判断はアリだと思う

急性の痛み以外には、消炎鎮痛剤は使わない

消炎鎮痛剤の副作用

安保徹先生は、消炎鎮痛剤の副作用にも注目されている

消炎鎮痛剤は、経皮吸収で全身に回るため、全身の血流が抑制され、血管が閉じるので血圧が上がる

この状態を1カ月、半年と続けていると、肥満のある人は糖尿病の発症や夜眠れなくなるなど強い「交感神経緊張症状」が出てくる

この状態が続くと、いつも疲れているという状態になり、一日中具合が悪い状態になる

そしていつも興奮しているので、脈が速くなり(1分間に80くらい)、心臓に負担がかかり、心肥大がおこってくる

また血管が閉じるので、指先が冷たいなど体が冷える

だいたい5年から10年の間に破綻をきたす

最後は消化管の働きが止められ、食欲がなくなってやつれ、老化が促進されて寿命が尽きる

思い当たる自身の副作用

思い返せば、消炎鎮痛剤を使い始めてから2年半だ

主に痛みの激しい両手の親指、人差し指、中指に就寝前に貼っていて

昨年以降、在宅勤務がはじまってからは

朝から夕方までも貼っているようになった

 

その間、心拍数を測ることはなかったが、

駅の階段を上る時に息が上がるようになったのが気になっていた

朝夕のウォーキングに励んで体力維持に努めているが、

夕食を済ませるとすぐに眠くなってきて

特にお酒はほんの少しだけでも酔いが回り、睡魔に襲われる

これでは酒の宴がはじまっても、楽しみな気持ちにはなれない

そして一番怖いのは、

「心の張り」を失うことだ

仕事で10代から20代のひとたちとの関りが増え、

本来であればそれが活力になってもよいはずなのだが、

接していて疲れを感じている自分がショックだった

このままでは生きる屍(しかばね)になりかねないのではないかと

鎮痛消炎剤は、よほどの痛みがない限り使わない

思い立ったら吉日

昨日の就寝時からはじめたネックウォーマーと

温熱マットで血流が良くなるのか

指の痛みも軽減されているので

今日から消炎鎮痛剤を貼るのはやめよう

あらためて安保先生の言葉に出会えたことに感謝したい

増富温泉 リウマチ治療に確かな実感

リウマチ治療で有名なラジウム温泉、増富温泉

東京から4時間ほどのアクセスの良さも魅力だ

宿泊はホテル金泉閣

二泊三日で、1回30分を8回、合計4時間を目標にする

初日は2回入った

話には聞いていたが、源泉は冷たい

あたたかい湯と交互に浸かる

夏場には心地よいが、冬場に浸かるのは厳しかもしれない

旅行カバンの持ち歩きのためか、両手の指が痛くて曲がらない

これでは何のための温泉旅行かわからなくなるから、

帰る日までに効果が実感できますように

そしてラジウム温泉2日目
4回入って昨日から通算7回
両手は開けるようになり、
ロキソニンテープで出来た沢山の水痘がだいぶ消えた
合間に、渓流を散歩したり、
美味しい無添加料理をゆっくりといただけるのも、
からだにいいのだと思う
今夜は網戸にホタルが来ている
キミは誰なんだ?
温泉街でいただいたデザート
旬の桃とクルミが、大豆とバニラに絡み合って至極の時間
 

膠原病の原因であるストレスを絶つ

再び、安保徹先生の「免疫革命」を読んでいる

先生は免疫が強すぎて自己を攻撃しているというのは間違いで、

免疫の抑制状態でリウマチが起こっていると断言されている

強いウイルス感染やストレスの結果、血流障害、顆粒球増多が起こり、

組織破壊が起こる。

そこで全身で炎症を積極的に起こして、

組織修復を待つという治療を実践されている

そしてステロイドによって血流が悪化し、

体温が下がり、高血圧に向かう

ステロイドへの依存に対して強い警鐘を発し、

病を笑い飛ばして治すつもりで

ストレスを脱却する生き方を推奨している

うたや音楽のちからだけではなく、

そこに免疫力強化の取り組みがシナジー効果を生んで

リウマチの寛解を現実のものにしようと勇気づけられる