ミュージカルソングへの誘い~No.4「シェルブールの雨傘」

ミュージカルソングへの誘い

~No.4「シェルブールの雨傘」

(作詞:ジャック・ドゥミ、作曲:ミシェル・ルグラン)

“Les Parapluies De Cherbourg シェルブールの雨傘” 1964

 

何度もDVDで見たカンヌ映画祭グランプリ作品

ミシェル・ルグランの美しい旋律と、

ときおり織りなされるジャズサウンド

画像を見ないで

サウンドを部屋に流しているだけでも

満足してしまう不思議な魔力を持った作品

カトリーヌ・ドヌーヴの歌の吹き替え

ダニエル・リカーリがなしえた奇跡だろう

 

監督・脚本ジャック・ドゥミのテーマもいい

引き裂かれる愛がテーマなのだが

戦争の残酷さだったり

親の欲だったり

若い二人の未熟さだったり

はじめのシーンでのレンガをたたく雨や

最後のガスステーションに降りそそぐ雪も

すべてを飲み込んでしまう宿命のようで

自身のほろ苦い思い出もよみがえり

見るたびに胸にしまって、

ほのぼのとした気持ちになれる

すべてのシーンや音楽が

まぶたに耳に溶け込んでいる

歌では英訳したI WILL WAIT FOR YOUが有名だが、

原作のまましか考えられない

コーヒーショップや駅での別れでのデュエットを

一人二役になって歌っていく

De notre amour ecoute la chansonまでの部分

押し殺すようにして

自身の思いを語りながら歌う

原語ならではの

この歌にこめられた訴えがある

そしてメインのメロディーラインでは

その思いを乗せることに集中する

歌うたびに胸が締め付けられるような

気持ちになる名曲

 

(拙訳)

ずっと

私は静寂の中に生きている

私の愛は壁に囲まれ

そこには静寂があるだけ

あなたが行ってしまってから

あなたがいないという影が

毎晩私に覆いかぶさる

そして夜が明ければ

苦悩を紛らわせて過ごしている

 

もう誰にも会わず、

私のまわりに虚の世界を作った

真の世界などない

あなたがいないと

私は無なのだから

私は何もかも捨てた

追いかける幻も見えない

愛の歌を奏でることもない

 

ああ

あなたなしでは生きていけない

行かないで

このままでは私は死んでしまう

あなたがいないあいだ

私はどこにもいない

でも、私の愛だけは残る

 

愛しいひとよ

私はずっと待っている

私のそばにいて

戻ってきて、

お願いだから

あなたが必要なんだ

あなたのために生きたい

ああ、愛しいひと、行かないで

 

2人は駅のプラットフォームで別れた

最後のまなざしを交わして

2人は離されていく

ああ、愛している

行かないで

Depuis quelques jours je vis dans le silence
Des quatres murs de mon amour
Depuis ton de part l’ombre de ton absence
Me poursuit chaque nuit et me fuit chaque jour

Je ne vois plus personne j’ai fait le vide autour de moi
Je ne comprends plus rien parce que je ne suis rien sans toi
J’ai renonce а tout parce que je n’ai plus d’illusions
De notre amour ecoute la chanson

Non je ne pourrai jamais vivre sans toi
Je ne pourrai pas, ne pars pas, j’en mourrai
Un instant sans toi et je n’existe pas
Mais mon amour ne me quitte pas

Mon amour je t’attendrai toute ma vie
Reste pres de moi reviens je t’en supplie
J’ai besoin de toi je veux vivre pour toi
Oh mon amour ne me quitte pas

Ils se sont separes sur le quai d’un gare
Ils se sont eloignes dans un dernier regard
Oh je t’aime ne me quitte pas.

ミュージカルソングへの誘い~No.3「Maria」

ミュージカルソングへの誘い

~No.3 「Maria」

(作詞:スティーヴン・ソンドハイム、作曲:レナード・バーンスタイン)

“West Side Story ウエスト・サイド物語” 1957

 

1996年2月に観劇している

あまり印象に残っていないのは、

映画の印象があまりにも強いからなのかもしれない

 

この曲を歌いたいと思うようになったきっかけは、

Michael Crawford(マイケル・クロフォード)の

アルバムStage and Screenにある

West Side Storyメドレーで聴いたMariaだった

うめくように始まる独特の歌い始め

途中にはわめき叫ぶようにMariaの名を呼ぶ

どこかファントム風になって

それがこの曲に合う

 

さすがに楽譜を外してMariaを叫ぶところは

先生の指導により

楽譜通りになったが

気分はMichael Crawfordになれる一曲

 

The most beautiful sound I ever heard
All the beautiful sounds of the world in a single word
Maria
I just met a girl named Maria
And suddenly that name
Will never be the same to me
Maria
I just kissed a girl named Maria
And suddenly I found
How wonderful a sound can be
Maria
Say it loud and there’s music playing
Say it soft and it’s almost like praying
Maria
I’ll never stop saying
Maria
Maria, Maria…
Maria
Say it loud and there’s music playing
Say it soft and it’s almost like praying
Maria
I’ll never stop saying
Maria
The most beautiful sound I ever heard
Maria

ミュージカルソングへの誘い~No.2「This is the Moment 時が来た」

「This is the Moment 時が来た」

(作詞:レスリー・ブリカッス、作曲:フランク・ワイルドホーン)

“Jekyll & Hydeジギルとハイド” 1990

言うまでもなく

ロバート・ルイス・スティーブンソン「ジキル博士とハイド氏」

を原作としたブロードウェイミュージカル

舞台は何度見ても飽きない

完成度が際立っている。

キャストは鹿賀丈史でも石丸幹二でも良いのだけれど、

やっぱりハイドを演じるときの

シャツがちぎれるほどの凶暴さは必要

この役のリアルさが出せない

どうしてもオリジナルのRobert Cuccioliだったり、

DVDのDavid Hasselhoffのような頑強なタイプが

このミュージカルには合っている。

この曲もジギルとしての歌なのだが、

相当タフネスが求められる

ただ洋々と胸を鳴らしているだけでは物足りない

ネバネバした粘りのあるのどの鳴らしと、

パワーが決め手となる

そんなイメージで取り組むのだが、

歌うたびに現実とのギャップに打ちひしがれる

自分なりに鳴らしているつもりなのだが、

パワー不足なのだ

ともあれジギルになったつもりで歌うしかない

いつもそんな焦りに襲われる          

 

This is the moment

This is the day,

When I send all my doubts and demons

On their way

 

Every endeavor,

I have made – ever

Is coming into play,

Is here and now – today

 

This is the moment,

This is the time,

When the momentum and the moment

Are in rhyme

 

Give me this moment

This precious chance

I’ll gather up my past

And make some sense at last

 

This is the moment,

When all I’ve done

All the dreaming,

Scheming and screaming,

Become one

 

This is the day

See it sparkle and shine,

When all I’ve lived for

Becomes mine

 

For all these years,

I’ve faced the world alone,

And now the time has come

To prove to them

I’ve made it on my own

 

This is the moment

My final test

Destiny beckoned,

I never reckoned,

Second Best

 

I won’t look down,

I must not fall

This is the moment,

The sweetest moment of them all

 

This is the moment

Damn all the odds

This day, or never,

I’ll sit forever

With the gods

 

When I look back,

I will always recall,

Moment for moment,

This was the moment,

The greatest moment

Of them all

ミュージカルソングへの誘い No.1「All the Things You Are 君は我がすべて」

趣味として続けているミュージカルソングは、

これまで生きてきたさまざまな出来事とともに

いつも心にからだに

やすらぎと活力を与えてくれた

 

明るい先生、信頼ある伴奏ピアニスト、そして

いつも元気なクラスの仲間たち

定期的なミニコンサートに加えて

忘れたころに行われる

ライブハウスでのコンサート

感謝の気持ちとともに

取り組んだ順に

それらの課題曲を紹介していく

 

No.1

「All the Things You Are 君は我がすべて」

(作詞:オスカー・ハマスタイン、作曲:ジェローム・カーン)

“VERY WARM FOR MAY” 1939

 

初めて取り組んだミュージカルソングであり、

今でも大好きなスタンダードナンバー

なかなかつかみどころのない

これまで取り組んできた中でももっとも難しい課題曲のひとつ

 

ミュージカル作品自身は大失敗作とされ、

その理由は難解さと言われている

第二次世界大戦の最中であり

ブロードウェイで求められている趣向を

外していたのかもしれない

 

歌詞もまた難解ではあるが、

春という季節に

熱い思いを抱く

若いころに抱いたときめきを

思い起こさせる

 

そしてメロディー

甘く溶けるような表現が求められている

ところが自分の表現は、

聞いている歌のイメージにはほど遠く

どこか堅苦しい

 

それまで学んできたイタリア歌曲とは異なり

歌詞に込められた歌を活かす

ミュージカルの難しさを知り

苦い出発となった

 

この曲を知ったきっかけは

気鋭のバリトン歌手Thomas Hampsonのアルバム

彼のつやのある歌声はいつも心穏やかにしてくれる

自分はハイ・バリトンの声域と言われ

Thomas Hampsonのようなバリトンの真打の声域は

いつもあこがれの的なのである

 

 

You are the promised kiss of springtime
That makes the lonely winter seem long
You are the breathless hush of evening
That trembles on the brink of a lovely song

 

You are the angel glow that lights a star
The dearest things I know are what you are

 

Some day my happy arms will hold you
And some day I’ll know that moment divine

When all the things you are, are mine

 

You are the angel glow that lights a star

The dearest things I know are what you are

 

Some day my happy arms will hold you
And some day I’ll know that moment divine
When all the things you are, are mine