ステロイド減量へ、背中押される

転院先は前の病院と同じく

朝から初診の患者でごったがえしている

ただ順応性が高い

いつのまにか窓口担当者が増えて、対応が早い

効率を高めるために、

ぶっきらぼうな説明で、

不満げに次へ進む老人もいたが、

下流のところでちゃんと拾えるシステムになっているんだろう、

と安心してみていられる

 

さて診断

こちらも早めに先生が診療室に入っておられて、

予約時間よりも早めに呼ばれた

これまでの経緯を一通り話し、触診を終えると、

開口一番に

「すぐステロイドを減らしましょう」とズバリ

7.5mgから0.5mg減らして7mgにしてからまだ2週間だが、

一気に1mg減らして「6mgに減らしましょう」

さらに痛みの状況によっては、次回1か月後の受診前に、

自主的に5mgも減らすことも勧められた

服用も1日朝、昼の2回から、朝のみに

おかげで、

毎日持ち歩いていた朝昼晩に分けた薬のケースは、

出張以外では持ち歩く必要がなくなった

お昼の後、ケースからごそっと薬を手のひらに乗せて、

口の中に放り込む、

この毎日の「儀式」がなくなるだけで、

ずいぶん気持ちが軽くなる気がする

あとは痛みが再発しないこと

お風呂から上がり、

寝る前のロキソニンテープは欠かさないようにしよう

 

前の病院の先生と同じくらの若さだが、

「攻める治療」の印象を強くする

質問にもテンポよく的確に返事が返ってくる

 

予想していなかったのは、ほかにも

足の触診の際に親指の巻き爪を見て、

すぐに治療してください、と指摘され、

午後に近所の整骨院で処方してもらった

爪がえぐられ、相当痛い思いをしたが、施術は上々

こちらの先生からも、ぎりぎりの状態でした、とのコメント

 

何かと背中を押されて、いろんなことが進んだ

こんな一日もあるんだ、と感謝した

 

ステロイドの適正な服用

明日の新たな転院先での初診を前に、

副作用で気になるステロイドの項を読んでみた。

(藤井隆夫著「膠原病」ミネルヴァ書房)

世界的に、副作用の面から理想的な維持料は

7.5mg(体重が少ない方は、5mg)以下とし、

数カ月に0.5mgの減量が適切。

前回の診断で、朝昼2回服用で、プレドニン7.5mgから、

プレドニン()+プレドニゾロン()7mgに減量してもらった。

この時は、ずいぶん刻むなあ、と思ったが、

この減量は適量であったといえる。

40mgなどのレベルから15mgに減量した段階で

病状が不安定になることが多い。

そのため減量にはより慎重になる。

7mg7.5mgとを交互に服用させ、

7.25mgの期間を作るという処方もあり。

例えば一日5mgを何年もステロイドを服用していて、

データも安定し、自覚症状も変わりがなければ、

「今日はいいかな」という軽い気持ちで

わざと飲まない日があってもいい。

そのことを医師に正直に告げてデータが良ければ、

一日4mgになるかもしれない。

中止を前提とした場合、

1回、2回と中止の日数を増やしていく。

このようにオンとオフをはっきりさせると、

副腎皮質に刺激を加えることになり、

中止しやすくなるという考えの医師は多い。

これからの先生との相談に役立てようと思う。

 

血液検査のデータは一進一退、転院へ

10月1日付で異動となり、

朝は6:00から6:30起きに少しゆっくりになりました

通勤時間は片道1H45Mから1Hへ

混沌とした山手線はあまり好きではないのですが、

時間短縮でからだへの負担が軽減されるのは、純粋にWELCOME

あとは業務中、少しでもからだへの負担を減らすことを配慮していくこと

朝煎れたコーヒーを持ち込んで、

すでに午後の睡魔対策には手を打っています

 

さて、今日の血液検査結果から

CRPは正常値まであと一歩までいったものの、

RFはまだまだの水準

MMP-3は数値が悪化

一進一退という結果でした

 

8/20 9/3 9/20 10/15
CRP 2.23 0.1 0.73 0.18
RF 119.9 93.8 67.8 44
MMP-3 88.5 133.4 119.3 155.5

先生は、

生物学的製剤に入るにはまだタイミングが少し早いし・・

と少し間をおいて、

メトトレキサートを14mgに2mg増量となりました

ステロイドの減量方針は変えず

朝昼2回服用で、プレドニン7.5mgから、

プレドニン+プレドニゾロンのミックスで7mgへ

先生、刻みますね・・

 

1か月分の処方が決まったところで、

転院の希望を告げました

異動になり、予約変更の機会が増えそうなので

できるだけ職場に近いところへいったん病院を変えたいと、

ここ2カ月で症状も安定したことへの感謝とともにお伝えしました

多忙の中での通院に気をかけていた、

とのありがたいお言葉をいただき

二つの次の候補病院を告げると

「混んでますよ~」

「予約早く取れるといいですね~」と

さも当然のように片方の病院への紹介状を作り始めました

紹介状を渡される時も

「皆さんによろしくお伝えください」

 

最後の言葉が気になったので、

病院のHPを調べてみると、

大学院生のスタッフとして先生の名前が・・

ご出身の病院ではないの~

この世界の狭さを思い知らされました・・

 

ともあれ、2週間後に無事(笑)初診の予約が取れ、

次回からは新たな病院で、

この膠着状態からの脱却をはかります

 

きんもくせいの香り

誕生日が近づいてくると、きんもくせいの香りがただよう

もうだいぶ前のことなのに、今でも刻まれている

それは中学生時代、ポストに入っていた

きんもくせいが添えられたバースデーカード

開くと、温かな香りが部屋中にただよった

やさしさに包まれたぬくもり

封書にはかなわないけれど、

今年も感謝の気持ちを送ろう

 

きんもくせい 丹桂 fragrant orange-colored olive

花言葉 謙虚 modesty