ミュージカルソングへの誘い~No.53 Elaborate Lives 迷いつつ

ミュージカルソングへの誘い~No.53 Elaborate Lives 迷いつつ

作詞 Tim Rice

作曲 Elton John,

AIDA”1998

曲への想い

ミュージカル『アイーダ』は、ベルディのオペラ『アイーダ』をエルトン・ジョンとティム・ライスのコンビでアレンジしたミュージカル。

2000年にディズニーミュージカル第3弾としてブロードウェイ初演。

ラダメスとアイーダとの崇高にして理想に向け決意に満ちた名曲

Fメジャーの楽譜が用意でき、力まずに歌える曲となっている。

出だしから諭すような語り口で、舞台の台詞をかみしめるような感覚で進めていった。

歌詞は出遅れ感のないように早め早めにメロディーをつかんでいく。

英文に対し、日本語訳は自身のアレンジもあり原詩の奥深さには及ばない。

歌いやすさを優先して、歌詞も変えたりして、やや歌唱優先となった。

発表に向けて終盤にはクラスメートにアイーダパートを担っていただき、曲の後半はさらに楽に歌い込めた。

思いかえせば、コロナの影響でしばらく重奏はなかったので、新鮮に思えた。

Lyrics

We all lead such elaborate lives

wild ambitions in our sights

How an affair of the heart survives

Days apart and hurried nights

seems quite unbelievable to me

I don’t want to live like that

Seems quite unbelievable to me

I don’t want to love like that

I just want our time to be

Slower and gentler, wiser, free

We all live in extravagant times

Playing games we can’t all win

Unintended emotional crimes

Take some out take others in

I’m so tired of all we’re going through

I don’t want to live like that

I’m so tired of all we’re going through

I don’t want to love like that

I just want to be with you

Now and forever, peaceful, true

This may not be the moment

to tell you face to face

But I could wait forever for

the perfect time and place

We all lead such elabrate lives

We don’t know whose words are true

strangers, lovers, husbands, wives

Hard to know who’s loving who

Too many choices tear us apart

I don’t want to live like that

Too many choices tear us apart

I don’t want to love like that

I just want to touch your heart

May this confession be the start.


人は迷いながら 人生を生きる

夜も昼も もて遊ばれる 時のまにまに

その流れの中で 生きたくはない

その流れの中で 愛したくない

望みは一つ 実りある恋を

人は迷いながら 時の間を生きる

乱れつつ 傷つきつつ 君を求める

実りのない時を 過ごしたくない

その流れの中で 愛したくない

君と二人だけで この道を行こう

この闇の中 心をつなぎ

永久に続く 2人の愛は

ひとは迷いながら いつかたどりつく

固い絆に 永久の愛に

いま愛の目覚めが私を変える

いま愛の目覚めが二人を変える

望みはかなう

この道を ゆこう