半田銀山史跡公園 ~歴史をつないだ村の名士と五代友厚の想い~

はじめに半田沼を望む

福島県伊達郡桑折町にある半田銀山史跡公園を訪ねた

半田銀山とは、石見銀山(島根県)、生野銀山(兵庫県)と並ぶ

日本三大銀山のひとつである

 

はじめに半田山自然公園に向かい、

半田沼を眺めながらさわやかな山の風を感じたのち

細い山道を降りて行った

記念公園に入る

東北自動車道にほど近いところに、

平成元年に整備された記念公園がある

正面に女郎橋跡、両側に鉱石運搬軌道跡の石垣がある

1台クルマが通るのが精いっぱいのこの細い道が

すぐ先で奥州街道と別れたかつての羽州街道だったことがわかる

女郎橋とは、坑夫たちが桑折町で遊んだ後、

帰りに女郎たちが見送った橋と言われる

明治の全盛期には、

桑折町には桑折座という芝居小屋もあったという

軌道跡の石垣は、鉱石を運ぶトロッコ列車の軌道跡である

鉱石は桑折駅から鉄道で日立などに運ばれた

そこをくぐるように公園内に入ると

右手に明治天皇行幸記念碑がそびえたっている

銀山行幸は五代友厚の懇願によるもので、

当時洗浄による汚染が地元農民の不満となっており

その解消をもくろんで

大久保利通内務卿に働きかけて実現させたと言われる

明治9年6月21日、総勢213名だったという

史跡の説明

記念碑の近くに、桑折町教育委員会による銀山の歴史の紹介がある

少し長くなるが、非常に精緻にわかりやすく書かれているので紹介する

桑折町指定文化財 

史跡 半田銀山遺跡と明治天皇行幸記念碑

奥州半田銀山は大同三年(807)の発見と伝えられ、

かつては佐渡金山、生野銀山と 共に日本三大鉱山と称せられ、

江戸・明治期にその盛を極めた。

史実によれば、 慶長3年(1598)上杉景勝が伊達信夫の二郡を領し、

半田銀山の調査開発を手がけ、

景勝の孫が寛文年間(1661~)家臣伊達平十郎に

栗林鋪(くりばやししき)を開坑させ

本格的に採鉱が始まった。

 延享二年(1723)に、幕府は半田銀山の良好なるに着目し、

半田銀山及び周辺一万二千余石を直轄領とし、

佐渡奉行の支配下におき、

寛延二年(1749)には桑折代官神山三郎左衛門をその任にあてた。

以来、半田銀山は幕府直営の御直山(じきやま)として

奉行所を設置し、

在方(ざいかた)役・吟味役・地方(じかた)役・勘定役など

佐渡金山と同組織で経営され、

役人も佐渡、石見、生野から交替で派遣され、

産出量も伸び、幕府の財政を大きく支えるに至った。

宝暦三年(1753)からは、

役所、山師、金銀吹分師、坑夫などの居住する

買石(かいし)町が設置され、

四十一軒の床屋(精錬業)、十六軒の商店、

一千三百二十六人の川せり人(川撰工)の住居などが軒を並べていた。

直山としては、

本盤・大剪(おおきり)・再光・二階平など十余の抗を数えたが

元治元年(1864)鉱脈の枯渇から

経営不振となり直山の経営を中止した。

幕府の経営中止による住民や堀子達の窮状を見かねた

地元北半田村の名主、

早田傅之助が慶応三年(1867)坑業を再開したが、

明治三年(1870)坑内の火災により息子、抗夫多数の者が出、

経営から手を引き事実上の開山となった

明治七年に至り、元鹿児島藩士、政商五代友厚により

近代的鉱法を取り入れ再開発に踏み出し、

明治九年には明治天皇の奥羽御巡幸にあたり、

岩倉具視・大久保利通らを伴い半田銀山に御臨幸され

鉱山施設をつぶさにご覧になった

その後、明治年間に活況を呈し、 大正、昭和と操業を続けたが、

明治四十三年(1910)の半田沼決壊による工場施設への被害や

鉱脈の枯渇などにより

昭和二十五年(1950)日本鉱業は採掘を停止し

これにより上杉・幕領・五代・日本鉱業へと幾多の盛衰変遷を遂げ、

三百数十年にわたる半田銀山も、その歴史に終止符が打たれた

半田銀山の遺構としては、

半田山中腹に

江戸直山期の手掘り鏨(たがね)掘りの中鋪(なかしき)坑が

二百有余年の歴史を秘めて崩落することなく現存し、

この地の女郎橋跡、鉱滓運搬軌道跡の石垣、明治天皇行幸記念碑、

また歴史の中に消えていった

銀山役人や多数の銀山坑夫、山師達の無縁墓碑供養塔

・各所に残る石臼・ズリ山など往時の隆盛を偲ぶものが少なくない

又、 半田地区には、半田銀山に関わる地名として

鍛冶屋敷・御免町・十分一・大門先・水抜などが

残っておりこの地方一帯が半田銀山と深くつながっていたことが伺える

平成元年三月

桑折町教育委員会

五代友厚・龍作の祠

さらに奥へ行くと、五代友厚の後に経営に当たった

五代龍作の碑が入った祠がある

幕末、幕府による採掘が中止され、

地元北半田村の名主、早田傅之助が

地元の窮状を見て再開したが、

間もなく火災より息子を失うという悲劇が襲いやむなく停止

その無念を引き継ぎ、弘成館を率いて生野銀山に倣い

新たな精錬法で再生させたのが五代友厚だった

早田傅之助も引き続き事業への支援を惜しまなかったという

龍作は、協同鉱業で父友厚とは異なる精錬法を導入し、

事業の継続に努めた

祠には丁寧な彫刻が施され、村民の2人への敬意を感じることができる

軌道跡の石垣に登る

 

元に戻り、トロッコ列車の軌道跡である石垣の上に登る

すると公園でただ一人、しばらくの時間を過ごしていたためだろうか

7月というのに、ぞくぞくと背筋が凍るような霊気が襲ってくる

併せて、雨がひとしきり強く地面をたたきつけはじめた

向こうには、歴史の中に消えていった銀山役人や

3万人とも言われる多数の銀山坑夫、山師達の無縁墓碑供養塔が

生い茂った木々の中でひっそりと覗いていた

雨の中、手を合わせ、鎮魂を念じた

先人たちの想いにふれたことに感謝し、

ひとしきり雨の降る公園を後にした

イルカとおもいきり遊ぶ~日本ドルフィンセンター~

行動制限なしの夏休み、3年ぶりの宿泊を伴う旅行で向かったのは
香川県さぬき市日本ドルフィンセンター

岡山から高知行特急南風で宿泊する琴平へ向かう
ホームには南風と併結された徳島行特急うずしお

 

向かいには、松山行特急しおかぜ

松山道後温泉をテーマにしておしゃれ♬


さらに奥には、瀬戸大橋アンパンマントロッコが待機
アンパンマンでいっぱいの岡山駅でした
 

列車はほどなく瀬戸大橋へ

琴平からクルマで日本ドルフィンセンターへ
高速を飛ばして1時間ほどで到着
予約の時間まで少し時間があるので、
近くにある道の駅津田の松原で少し遅めのお昼
まかないうどんをいただく
お揚げ、とろろ、牛肉、わかめ、梅干しなど手作り感満載
ほのぼのとする本場のうどんでした

ゲリラ豪雨があり、ひやひやしたが、予約時間前には
快晴となり一安心
駐車場から送迎バスで岬の向こう側へ行くと、現れました

 
瀬戸内の島々を眺めながら、
イルカさんたちのいるプールを一望
テンション上がってきた

ウエットスーツに着替えてイルカたちのいるプールへ
たくさんのイルカさんに囲まれて、背中やおなかを撫でて
最後は尾びれにつかまってひと泳ぎ
あっという間の30分でした
海外でのイルカとの触れ合いを含めても、
これだけの長い時間、間近で触れ合えて
人なつっこいたくさんのイルカがいるのは
ここ以外はないのではないでしょうか
東京からは少し遠いけれど
おかげさまで
3年間のコロナのストレスが吹き飛びました

 

Kanda Myojin (神田明神)English Only

Kanda, Tokyo.

 

When tourists from abroad go to a shrine in Tokyo, they like to choose Meiji Jingu (明治神宮)near Harajyuku Station(原宿駅). This shrine, which is dedicated to the Emperor Meiji, is recommended because it is called “power spot” that mean a holy place. My wife’s relatives are working as a shinto (神道) priest.

 

Another shrine I dare to recommend is Kanda Myojin)(神田明神), which is dedicated to Taira no Masakado(平将門).

This shrine is so small that you can walk around easily. And you can find the Edo period’s life in many soba(そば、蕎麦) restaurants and kanmi dokoro(甘味処)around there.

 

One of my most favorits kanmi dokoro in Japan you can find easily in front of entrance of Kanda Myojin is Amanoya(天野屋). This shop is famous for Amazake(甘酒) made by koji,malted rice, Also they have a tea room beside shop. Inside you can find many ancient objects like an antique shop.

I always take Anmitsu(餡蜜)there.

When you use a rest room beside a tea room, you can enjoy a typical small Japanese Garden in a house.

Of course, if you go to Sensouji(浅草寺) at Asakusa(浅草)area, one of the most popular temples in Tokyo, you can find this kind of stores, and also enjoy river cruise on Sumida river (隅田川)to Hamamatsuchou (浜松町) area.

 

Murou-ji(室生寺)English Only

Murou-ji (室生寺)

Asuka(明日香、飛鳥) is near Nara(奈良) city in Osaka and Kyoto area, which town is famous for the original capital city before Nara, Kyoto, and Tokyo.

Now we can not find any buildings there. Only fields, Grave Stone and temples.

One of the favorite temples in Asuka area is Murou-ji. The five layers tower in this temple is very famous especially in the snowing.

When I visited last time, it was summer season. In the bus only one monk practicing asceticism rode except for me.

The five layers tower was smaller than I expected. This illusion comes from designing of building and location on the hill.

Walking far back from this tower, narrow mountain pass is continued. I met an old wild monkey in front of guardian deity of children. We stared in the face with each other, and he vanished into the forest.

I was refreshed by sharing the time with him.

 

In Asuka area, there are private home providing meals and lodging called Minshuku(民宿).

Having arrived, a family served fresh juice and a rice cake with soybean flour (Kinako mochi).

After light dinner served by them, I could hear no sounds except for the boom of a temple bell outside.

I could wake up early in the morning, and enjoyed walking to see other historical spots.

仙台 塩釜神社へお礼参り

先ずは、葛岡霊園へ

11月半ば、早めにお礼参り

7時台の新幹線に乗り

9時前には仙台駅に着く

 

はじめに葛岡霊園へお墓参り

父方の曾祖父母、祖父母、伯父が眠る

9人兄弟のなかで唯一東京に出てきた次男だった父

東日本大震災の2週間後、人一倍仙台や塩釜への想いの強さか、追うように逝った

その父がいなくなった後

東京とは距離があるが

仙台との縁をつなぎとめ

見守ってほしいと祈る

塩釜神社裏坂へ

葛岡霊園から塩釜神社へ

以前は東日本大震災の傷跡が目にはいったが

今はすっかり消えている

塩釜市内に入り

並ぶ前に早めに寿司店に

 

ここはネタの大きさと、海苔の香りが際立つ

白子汁では、濃厚な白子が口の中に広がり

幸せな時間に感謝する

 

塩釜神社にはいつも通り裏坂から入る

大鳥居をくぐると正面にある石碑に

裏坂の整備に財を投じた曾祖父の名が刻まれている

途中「亀井邸」が開いていたので立ち寄る

干し柿のかかる縁側に心温まる

さらに裏坂をのぼって博物館にも

歴代伊達家藩主が奉納した太刀が圧巻

屋上から望む紅葉に目が休まる

 

社殿では七五三のお祝いの参詣客が目立つ

今年一年の無事に感謝し

神々しいい清らかな空気にしばし身をゆだねる

 

志波彦神社でもお礼をし

団子屋でしばし休息

 

再び裏坂に戻り

おさんこ茶屋でづんだ餅、三色だんごをいただく

まさに絶品

ここでいただいて良かった

としみじみ味わう

菖蒲田浜で

仙台に戻るまでの時間

曾祖父が避暑によく訪れたと聞いた

菖蒲田浜に立ち寄る

きれいに整備され

5mほどの堤防を上ると

北東に広がる御殿山から吠崎の白い山肌が映える

穏やかな浜辺のなぎさを眺めていると

涙がほほを伝わってくる

たくさんの思いが

伝わってくる

 

生きているものに

なにか受けとめることができることがあれば

と静かに目をとじた

 

仙台では早めに軽い夕食をとり

まだ暖かい街を後にした

つながっていることに

感謝した

 

塩釜神社 年末のお礼参り

膝の上で眠る雪之丞の背中を撫でながら

年末のお礼参りのことを考えている

雪之丞はペキニーズ

仙台のペットショップから連れてきて

12年半が過ぎようとしている

3か月前から口に腫瘍ができてしまい

ここ数日食べることもままならず

今週にはおそらく息を引き取るだろう

 

彼と出会い、一緒に過ごせたことへのお礼に

塩釜神社へ行こうと思っている

ここにお参りに行くときはいつも

仙台駅から祖父母や伯父らのお墓参りを済ませたのち

塩釜神社の東参道(裏坂)入口に向かう

鳥居をくぐった正面に

坂の石段に携わった人たちを刻んだ大きな石碑があり

そのひとりに曾祖父の名がある

なだらかで穏やかな気持ちになれる石段を登る

 

そのまま手水舎、東神門をくぐり

本殿に入る

ここで祈祷をお願いする

 

お参りの後、志波彦神社の前で

遠くに見える塩釜湾を眺める

 

ここに立つと一緒にこの風景を眺めた父を思い出す

大好きだった海に続く遠景がそこにあります

父は仙台市内で生まれ育ったが

途中、家業の都合で塩釜の縁者に預けられ

ここで育ったことに強い感謝の念を抱いていた

東京の生まれである私もまた

その縁で知ったこの地に愛着を抱き

家族の節目には必ずここを訪れてきた

 

今年もあと3か月

いろいろなことがあったが

静かにお礼を述べるには

家族のルーツとしてここが最もふさわしいと思っている

 

ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩・賢島宝生苑でプール、温泉、食事を満喫する

昼食後、バスの出発まで時間があったので

抹茶のかき氷と赤福をいただく

とりわけアンコ餅の入ったかき氷は美味で

あっという間になくなってしまった

 

事前に予約してあった近鉄系の施設を回るバス「パールシャトル」(要予約)で

内宮から「賢島宝生苑(ほうじょうえん)」へ一直線

 

チェックイン後、

英虞湾が目の前に広がる部屋で

くつろぐ間もなく

家族はまっすぐプールへ

持参した大きめの浮き輪に乗った

スライディングシューティングはスリリングだったようで

日が暮れるまで帰ってこない

私はひとり温泉を満喫

広々とした露天風呂からは英虞湾が一望でき

サウナやマッサージなど

こちらものんびりと午後の時間を過ごした

 

夕食はコースでたっぷり1時間半

お刺身の盛り合わせでは、アワビがことのほか甘かったあ

出てきたお料理はすべていただいた

 

翌朝は5時に起きて、朝一番の露天風呂を楽しみ

朝食の時間まで庭園を散歩

カニと戯れた

 

朝食はバイキング

和食をメインに種類は十分満足のいく内容

海産物はもちろんですが、新鮮なサラダの甘味が際立っていた

 

チェックアウトして、歩いて10分ほど

「志摩マリンランド」へ

お目当ては特になかったが、

「賢島神社のおみくじ」で貝がらをいただき

神秘的な「まんぼう」に心が洗われ

子どもたちは様々な海の生き物に触れるコーナーにはまり

予想以上の満足度だった

私も「ドクターフィッシュ」の癒し効果に

すっかりはまってしまった

(画はグロいが・・)

 

午後に入り、賢島駅から送迎バスで30分ほど

「ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩」へ

チェックインの時間まで、

アクアパレスと、温泉で過ごした

子どもたちにとっては、大型の浮き輪がNGなため、

「賢島宝生苑」のプールのほうが

楽しかったみたい

チェックイン後は、少し日が傾くのを待って

子どもたちを連れて、ホテル前を散策

カニやトンボなどと戯れた

日が暮れてからは、天文館へ

大きな木星を眺めることができた

そろそろレストランの人でも落ち着いてきたところで

バイキングへ

こちらは、さざえやステーキなど

グレードの高い食材を提供している印象

それにしても夏休み最後の土曜日の夜

老若男女、たいへんなひと

 

日曜の朝は、

さすがに疲れが出てきたか、ゆっくり目覚め

朝食バイキングへ

サラダやヨーグルトのおいしさに感謝

 

9:00の送迎バスに乗って賢島駅へ

そこから特急に乗り、鳥羽駅へ

 

ちなみに今回利用した

「伊勢神宮参拝きっぷ」は

首都圏では事前に近畿日本ツーリストなどで購入する

利用する初めの駅や、シャトルバスに乗る際に

切符に代えてもらう必要があるため

窓口が混んでいたりすると焦るが

今回は特にトラブルもなく

おとく感満載だった

 

鳥羽駅を降りると

降り注ぐ日差しは強烈

遊覧船でイルカ島へ

 

すぐにはじまったイルカショーでは

人垣ができているうえ、漫才風の進行で大賑わい

帰りには、念願の?「竜宮城」にも乗れた

 

遊覧船は「鳥羽水族館」へ

ここが今日、この夏最後の・・人手のピーク

ともかく人ひとひとで、

おみこしを担ぐような状態で、前を進む状況

アシカショーでは、混雑を見越して

35分前から席取りし

休憩を挟まないと・・

でもどことなくのんびりしていて、

席を譲りあったり、ほのぼのとした気持ちになれた

アシカショーでは、あまりの観客の多さに

人間のほうがプレッシャーに負けてしまい

アシカが人間をかばって頑張っていた(笑)

 

旅の終わりに、名古屋駅でプチグルメということで

正統派喫茶店「コンパル」へ

エビフライサンド、味噌カツサンド

フルーツパフェ、チョコレートバナナパフェ

そして珈琲

どれも「また来たい」味だった

 

巡礼の旅 ~ 伊勢神宮

 

伊勢神宮にお参りしてきた

 

先週まで歩行もままならない状態が続いてたが

直前に痛みがおさまった・・

願いが通じた?

うーん、ステロイドが追加されたからだろう

 

前の晩に台風20号が徳島に上陸したが

朝には日本海に抜けていた

6時台の新幹線で名古屋へ

近鉄特急で10時過ぎには伊勢市駅に着いた

 

どこか懐かしいのどかな駅前通りを行くと

ほどなく外宮の入り口に着く

「火除橋」をわたり

「手水舎」で清めて

「正宮(豊受大神宮)」で無心で感謝した

右手の坂を上って

「別宮 多賀宮」で願いを口上した

 

タクシーで内宮へ

 

時折強い雨が降り注ぐ中

「宇治橋」を渡っていく

五十鈴川は台風の影響で増水しているため

「御手洗場」は立ち入り不可

 

「手水舎」で清めて

「正宮 皇大神宮」で無心に感謝した

「別宮 荒祭宮」で願いを向上

「神楽殿」でお神札、お守りをいただいた

 

発症した7月以降、

強い紫外線を浴びるのは恐怖だったので、

時折激しく降る雨は

まさに恵みの雨

 

ランチはぷらっと立ち入った「やまだ」で

「てこね寿司」、「天ぷらうどん」など

なかなかいい味出していた

 

来れてよかった

ただただ感謝

巡礼の旅~美保神社から湯原温泉へ

2018年7月巡礼のしめくくり

大阪~岡山~出雲を巡った11番目のスポットは

出雲大社から70km、対をなすといわれている

「美保神社」

 

出雲大社が祀る大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)の

子にあたる

えびす様こと

事代主神(ことしろぬしかみ)

と、義母にあたる

三穂津姫命(みほつひめのみこと)

が祀られている

金運や福徳円満を招くといわれている

 

穏やかにたたずむ美保関漁港を眺めながら

一の鳥居、二の鳥居と足を進めていく

案内所や青石畳通りにも

人の姿はなく、ただただ静かだ

 

左手に曲がったところにある神門をくぐると

正面に大きな本殿が姿を見せる

どこか開放的で、音楽の神様だからだろうか

静寂のなかにもかかわらず

とても明るく賑やかな印象が残る

 

湯原温泉に向かう帰路では

境水道大橋を渡り 

境港にある回転すし「大漁丸」で

おまかせの握りと、マグロを単品でいただく

「和包丁を入れる角度が違う・・」

思わず、マグロの大きさに感嘆

 

のんびりと米子市から大山、蒜山の山並みを抜けて、

夕方5時前には湯原温泉に着いた

 

湯原温泉は、西の横綱と言われる露天風呂で有名な温泉

宿は「湯の蔵つるや」さん

先ずは内湯で長距離ドライブの疲れを癒した

透明でつるりとした感触が残る美湯だった

夕食前にぶらり街を歩いたが

観光客の姿は見えなかった

 

豪雨による影響で

風評被害が出ているよう

宿は「みな元気に営業していますので

安心して宿泊してください」

とのメッセージ

早く風評が去っていってほしい

巡礼の旅~出雲大社・命主社・須佐神社

前夜、疲れで早めに寝入ったこともあり

5時には目が覚めた

今日は、出雲大社をゆっくり参拝したのち

須佐神社、美保神社を経て

岡山県湯原温泉まで

昨日に続く長距離ドライブ

5:30には宿を出て、

目の前にある「大鳥居」からひっそりとした参道を上がっていく

「木の鳥居」をくぐり、

「祓社(はらいのやしろ)」で穢れ(けがれ)を清める

「鉄の鳥居」をくぐり、「松の参道」に入る

左手に「ご慈愛の御神像」、右手に「ムスビの御神像」が朝日を浴びておられる

「手水舎」(てみずや・ちょうずや)で両手と口を浄め

「銅の鳥居」をくぐる

まだ6:00を過ぎたばかりで、ほとんど参拝の人は見えない

「拝殿(御本殿)」でお祈りを捧げる

右回りで御本殿の周りをゆっくり参拝する

裏側には、「素鵞社」(そがのやしろ)が鎮座されている

そして東に向いた参拝場所で拝礼する

 

神楽殿への参拝は最後にして、

先に東側にある「北島国造館(きたじまこくそうかん)」に向かう

大国主命に仕える天穂日命(あめのほひのみこと)の子孫である

出雲国造家が創設した出雲教の施設

丹念に蜘蛛の糸を払ったり、

ひとり掃除をされるご婦人がいて

邪魔にならないようその作業を終えて

落ち着いたころに参拝させていただいた

「天神社」の背景に流れる「亀の尾の滝」は

朝の静寂の中で、心が洗われるよう

御祭神 

少名毘古那神(すくなぼこなのかみ)

医療の神

 

さらに東へ進み、左手にある

「命主社(いのちぬしのやしろ」を参拝

御神木のムクの木は、樹齢1000年といわれ、

どっしりと地を這うようにして

土地を守っていることを受けとめた

御祭神

神皇産霊神(かみむすびのかみ)

 

再び出雲大社に戻り、最後に

「神楽殿」を参拝

朝日に輝く「大しめ縄」に圧倒された

 

またあまりガイドでも触れられていないが、

神楽殿の前にある国旗掲揚塔(ポール)の高さにも驚かされた

47mもあるそう

古代の出雲大社の本殿の高さが16丈(約48m)と言われていて

その高さとほぼ同じと知って納得

何事にも日本一を標榜する

出雲大社の誇りに触れたように感じた

 

帰りものんびりと歩いたが、

それでも8:30には宿に着いた

パンとコーヒーで軽めに満たし

ガソリンも満タンにしてもらい

出雲市内をあとにする

 

1時間強で「須佐神社」に着いた

山間にある小さな敷地のなかに

濃縮された聖域が詰められていた

樹齢1300年の大杉さんからのパワーもたくさんいただいた

横手にある川辺に咲く花もよく手入れされ、

神聖な境内と周りの自然との一体感が感じられた

家内安全、厄災祈願

主祭神

素戔嗚尊(すさのおのみこと)

合祀

稲田姫(いなたひめ)

足名椎命(あしなつちのみこと)

手名椎命(てなつちのみこと)

 

この後、熊野神社と神魂神社への参拝を予定していたが

ナビゲートされた熊野神社が異なる神社だったところで

「もう無理しなくていい」というお告げと受けとめ、

この日最後の美保神社へ向かうこととした

(次回に続く)