ミュージカルソングへの誘い~No.39 She

ミュージカルソングへの誘い

No.39 She

作詞 ハーバート・クレッツマー、

作曲 シャルル・アズナヴール

“ノッティングヒルの恋人 Seven Faces of Woman” 1999

曲への想い

そもそもこの曲がミュージカルナンバーなのか

という疑問があるかと思うが、

宝塚歌劇団の作品「Amourそれは…」

の中で用いられているという理由で、

ちゃっかり課題曲とさせてもらった。

もともと1974年フランスで「忘れじの面影」として

シャルル・アズナヴールが歌ったヒットソング。

その後、1999年、エルヴィス・コステロが

映画「ノッティングヒルの恋人」の主題歌として歌いリバイバル・ヒットした。

全盛期だったジュリア・ロバーツとヒュー・グラントの笑顔がいいが、

このミュージックビデオでエルヴィス・コステロが映画を見て

優しく微笑んでいるのが何とも印象的だった。

 

歌ってみると、

シャルル・アズナヴール、エルヴィス・コステロ

という2大セクシーシニアシンガー?

にあるお色気がないと、しんどいなあという実感。

日本語の詩も、少し変えてみたのだが、

根底にあるこってり系の言葉がなじめず、浮いてしまう。

もしかすると、これを歌うには、

相当に色気づいたホルモンを注入しないととても歌えない

ただ人様にお聞かせできるかは別

という結論に至った曲だった。

オリジナルシンガーのお二人にあらためて敬意を表したい。

歌詞

ああ きみのほほえみも

きみのなきがおも

ぼくはすべて受け入れよう

 

ああ 嘘も誠実も

天使のやさしさ

悪魔のずるさも

ぼくは愛している

 

君こそは僕の人生

ぼくのすべてなの

そのよろこび その苦しみ

 

ああ 時には女に

時には少女に

いろんな姿を僕に見せてくれる

 

いま生きるすべてのなかに

強さと弱さを知る

たとえ嵐が来ても

 

そう 海の中から島を

見つけ出すこともできる

何でもできるのだ

 

ああ 君が望むなら

すべてささげよう

それは僕の望みなのさ

 

さあ 希望やおそれを

さらけ出しておくれ

そのすべてが君 そのすべてが君

愛 愛

Oh She

 

投稿者: 管理人みやび

ミュージカルソングを歌うことによるミュージックテラピー、そして関節リウマチ寛解に向けた免疫力強化、さらにスピリチュアルな空間に身をゆだねることにより、病気にかかりにくい健康な毎日に取り組んでいます。アジアで市場開拓などさまざまな職務を経験し、キャリアアドバイザーにも取り組み始めています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です