三春 やわらぎの湯 デトックスを極める

全国でも傑出した正統派のラドン温泉



夏の休暇を使って、3泊4日で福島県 三春 やわらぎの湯を訪ねた

本格的なラドン温泉としては、
山梨県 増富温泉 金泉閣
山梨県 竜王ラドン温泉
に続いて、3か所目になる

これまでのラドン温泉では、
関節の痛みの緩和の面で際立った効果は感じられなかった
でもデトックスの面で
飲み続けている抗がん剤の成分をいったん体からリセットする効果は感じられた
今回も放射線よりもデトックスでの効果を期待して
3泊4日滞在した

岩盤浴により細胞が活性化し、
抵抗力強化に実感

ほかの施設との違いは、はじめに
岩盤浴(ここやわらぎの湯では、「岩磐浴」と書く)
今まで経験したぬか風呂や岩盤浴と比較して
過酷なほど暑さと湿気による汗の量がすざまじかった
3泊4日で合計11回、440分で約7時間
血行が改善し、からだの細胞が活性化して、強い抵抗力をいただいている
そんな実感が得られた

館内に2か所あり、湿度が2Fで最大90-100%、1Fで50-70%
これに放射線の効能と相まって、発汗が促進される
特に2Fは入った瞬間に
じりじりと焼き付く熱風のような空気がからだを覆う
仕切りのある長方形の枠が設けられ
隣り合わせにならないよう場所を選んで、横になる

うつ伏せで内臓を温めることが勧められる
そして鼻や口が低い位置のほうが放射線が当たりやすいと教えられる
ここは癌患者など放射線の効能を求めて滞在するひとがいるので
放射線量が高い場所は譲るよう配慮する
ずっとうつ伏せのままで、できるだけ多くの放射線が浴びれられるように
フェイルタオルで顔を覆うようにしているひともいる
ここは湯治場であることをしっかりと感じ取れる

一回当たり40分と入場時間が決まっていて、
濃度で10分の場所と30分の場所が分けられていて
場所を交換する
空いていれば、ずっと30分のところに40分間いられる
2Fではひたすら熱さとの我慢比べになる
じりじりと地面からの熱がからだを覆い
耐えきれなくなってあぐらをかいて水を飲む
水は、この施設の地下から湧き出る霊泉水をいただく

残りの15分あたりから時間が止まって残り時間が減らない
時間よ止まれ、ならぬ、時間よ動けという思いは
生きている時間の中であまり経験がない
そのくらいそこから逃げ出したくなる我慢の時間だった

それゆえに、難病をなおすため、さらには命の終わりに直面し
すがる思いでこの灼熱の部屋にいる人たちの想いが
鎮座する観音様からも伝わってくる

自然を感じる新鮮な素材に感謝

ほかの施設との違いとして、次には
朝夕2回の食事のおいしさ



自然の素材をできるだけ活かすように心くばられている
おなかいっぱいにいただいても、もたれない
これだけの種類をいただけるのはほかにはない
以前はバイキングだったそうだが、
コロナ後は小皿に盛られているので
厨房で働いている方がたの苦労がしのばれる

そして毎日ご飯やみそ汁を笑顔で盛ってくれる
元気なスタッフの方には頭が下がる
周りをふと見ると高齢の方々が多いので
ややもすれば、老人介護施設の食事風景に見えなくもない
漏れ聞こえてくる会話からも、
常連客同士のトラブルも皆無ではないようだ
しかし4日間滞在した限りでは
顧客のマナーはとても良く
スタッフの温かさに包まれていた
いつか将来施設にお世話になる日が来たら、
こういう施設に入りたいものだ

ただ一つ難を言えば、
これだけ汗をかいても
瘦せることはなく、
むしろ体重は増えてしまうのは避けられない(かもしれない)

三春の豊かな自然と城下町の穏やかな気質

ほかの施設との違い、3つめは
周りの環境に魅力があふれていること
三春は日本三大桜として「三春滝桜」が有名だが、
ほかにも魅力がいっぱいあった

岩盤浴は5時間の間隔をあけないといけないので、
そのあと、温泉で汗を流しても、まだ時間があく



城下の町内を散策する
藩塾の入口で現在も三春小学校の学童を見守っている追手門は
この城の威厳を示してくれる
向かいの丘を昇った歴史民俗資料館では
古の商家や農家の暮らしぶりなど
今よりも心の豊かな時代を想起させ
ほっとできる空間になっている

南へ4kmほど下ると
自然観察ステーションがある
ここでは、ここに住む多くの生き物たちや
ともに楽しむ子供たちのイベントが紹介されている





都会から見るととても贅沢だ
福島最大、東北2番目の町郡山も10キロほどと近い
それでいて磐越東線で向かうと山を登っていくパノラマを楽しめる
福島からなだらかな丘を登っていく桑折の町に似ている

病に苦しむ多くの人を助け、町の活性化に取り組む
やわらぎの湯の創業者の慈悲深さは
こうした環境から編み出されているのだろうと思った



 

 

 

 

 

 

 

増富温泉 リウマチ治療に確かな実感

リウマチ治療で有名なラジウム温泉、増富温泉

東京から4時間ほどのアクセスの良さも魅力だ

宿泊はホテル金泉閣

二泊三日で、1回30分を8回、合計4時間を目標にする

初日は2回入った

話には聞いていたが、源泉は冷たい

あたたかい湯と交互に浸かる

夏場には心地よいが、冬場に浸かるのは厳しかもしれない

旅行カバンの持ち歩きのためか、両手の指が痛くて曲がらない

これでは何のための温泉旅行かわからなくなるから、

帰る日までに効果が実感できますように

そしてラジウム温泉2日目
4回入って昨日から通算7回
両手は開けるようになり、
ロキソニンテープで出来た沢山の水痘がだいぶ消えた
合間に、渓流を散歩したり、
美味しい無添加料理をゆっくりといただけるのも、
からだにいいのだと思う
今夜は網戸にホタルが来ている
キミは誰なんだ?
温泉街でいただいたデザート
旬の桃とクルミが、大豆とバニラに絡み合って至極の時間
 

ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩・賢島宝生苑でプール、温泉、食事を満喫する

昼食後、バスの出発まで時間があったので

抹茶のかき氷と赤福をいただく

とりわけアンコ餅の入ったかき氷は美味で

あっという間になくなってしまった

 

事前に予約してあった近鉄系の施設を回るバス「パールシャトル」(要予約)で

内宮から「賢島宝生苑(ほうじょうえん)」へ一直線

 

チェックイン後、

英虞湾が目の前に広がる部屋で

くつろぐ間もなく

家族はまっすぐプールへ

持参した大きめの浮き輪に乗った

スライディングシューティングはスリリングだったようで

日が暮れるまで帰ってこない

私はひとり温泉を満喫

広々とした露天風呂からは英虞湾が一望でき

サウナやマッサージなど

こちらものんびりと午後の時間を過ごした

 

夕食はコースでたっぷり1時間半

お刺身の盛り合わせでは、アワビがことのほか甘かったあ

出てきたお料理はすべていただいた

 

翌朝は5時に起きて、朝一番の露天風呂を楽しみ

朝食の時間まで庭園を散歩

カニと戯れた

 

朝食はバイキング

和食をメインに種類は十分満足のいく内容

海産物はもちろんですが、新鮮なサラダの甘味が際立っていた

 

チェックアウトして、歩いて10分ほど

「志摩マリンランド」へ

お目当ては特になかったが、

「賢島神社のおみくじ」で貝がらをいただき

神秘的な「まんぼう」に心が洗われ

子どもたちは様々な海の生き物に触れるコーナーにはまり

予想以上の満足度だった

私も「ドクターフィッシュ」の癒し効果に

すっかりはまってしまった

(画はグロいが・・)

 

午後に入り、賢島駅から送迎バスで30分ほど

「ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩」へ

チェックインの時間まで、

アクアパレスと、温泉で過ごした

子どもたちにとっては、大型の浮き輪がNGなため、

「賢島宝生苑」のプールのほうが

楽しかったみたい

チェックイン後は、少し日が傾くのを待って

子どもたちを連れて、ホテル前を散策

カニやトンボなどと戯れた

日が暮れてからは、天文館へ

大きな木星を眺めることができた

そろそろレストランの人でも落ち着いてきたところで

バイキングへ

こちらは、さざえやステーキなど

グレードの高い食材を提供している印象

それにしても夏休み最後の土曜日の夜

老若男女、たいへんなひと

 

日曜の朝は、

さすがに疲れが出てきたか、ゆっくり目覚め

朝食バイキングへ

サラダやヨーグルトのおいしさに感謝

 

9:00の送迎バスに乗って賢島駅へ

そこから特急に乗り、鳥羽駅へ

 

ちなみに今回利用した

「伊勢神宮参拝きっぷ」は

首都圏では事前に近畿日本ツーリストなどで購入する

利用する初めの駅や、シャトルバスに乗る際に

切符に代えてもらう必要があるため

窓口が混んでいたりすると焦るが

今回は特にトラブルもなく

おとく感満載だった

 

鳥羽駅を降りると

降り注ぐ日差しは強烈

遊覧船でイルカ島へ

 

すぐにはじまったイルカショーでは

人垣ができているうえ、漫才風の進行で大賑わい

帰りには、念願の?「竜宮城」にも乗れた

 

遊覧船は「鳥羽水族館」へ

ここが今日、この夏最後の・・人手のピーク

ともかく人ひとひとで、

おみこしを担ぐような状態で、前を進む状況

アシカショーでは、混雑を見越して

35分前から席取りし

休憩を挟まないと・・

でもどことなくのんびりしていて、

席を譲りあったり、ほのぼのとした気持ちになれた

アシカショーでは、あまりの観客の多さに

人間のほうがプレッシャーに負けてしまい

アシカが人間をかばって頑張っていた(笑)

 

旅の終わりに、名古屋駅でプチグルメということで

正統派喫茶店「コンパル」へ

エビフライサンド、味噌カツサンド

フルーツパフェ、チョコレートバナナパフェ

そして珈琲

どれも「また来たい」味だった

 

巡礼の旅~美保神社から湯原温泉へ

2018年7月巡礼のしめくくり

大阪~岡山~出雲を巡った11番目のスポットは

出雲大社から70km、対をなすといわれている

「美保神社」

 

出雲大社が祀る大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)の

子にあたる

えびす様こと

事代主神(ことしろぬしかみ)

と、義母にあたる

三穂津姫命(みほつひめのみこと)

が祀られている

金運や福徳円満を招くといわれている

 

穏やかにたたずむ美保関漁港を眺めながら

一の鳥居、二の鳥居と足を進めていく

案内所や青石畳通りにも

人の姿はなく、ただただ静かだ

 

左手に曲がったところにある神門をくぐると

正面に大きな本殿が姿を見せる

どこか開放的で、音楽の神様だからだろうか

静寂のなかにもかかわらず

とても明るく賑やかな印象が残る

 

湯原温泉に向かう帰路では

境水道大橋を渡り 

境港にある回転すし「大漁丸」で

おまかせの握りと、マグロを単品でいただく

「和包丁を入れる角度が違う・・」

思わず、マグロの大きさに感嘆

 

のんびりと米子市から大山、蒜山の山並みを抜けて、

夕方5時前には湯原温泉に着いた

 

湯原温泉は、西の横綱と言われる露天風呂で有名な温泉

宿は「湯の蔵つるや」さん

先ずは内湯で長距離ドライブの疲れを癒した

透明でつるりとした感触が残る美湯だった

夕食前にぶらり街を歩いたが

観光客の姿は見えなかった

 

豪雨による影響で

風評被害が出ているよう

宿は「みな元気に営業していますので

安心して宿泊してください」

とのメッセージ

早く風評が去っていってほしい