顔面神経麻痺は完治との診断が出ました

1カ月ぶりの耳鼻咽喉科診察

先生と向き合うと、マスクを外して

先生が先導して、ウインクから様々な表情をしていく

一通り終えると、「完治しましたね」とのお言葉

処方する薬もなく、手ぶらで帰るのは珍しい

思い返すと、発症は5月の連休中だったが、

すぐに休日急患に飛び込んで、

7日間で合計500mlを超えるステロイド点滴を受けれたこと

点滴を終えた1週間後から

ペインクリニックで星状神経節ブロックをはじめた

首への注射は恐怖感があったが、

眼や口の動きにすぐに効果が出たので

回数は13回に及んだ

幸運だったのは、

このペインクリニックで

コロナウィルスワクチン注射が打てることになり、

耳鼻咽喉科で完治の診察を得たその日の夕方に、

自治体で打つより2週間早く接種することができた

関節リウマチでの抗がん剤投薬により、

基礎疾患での登録だったが、

周りの同様の知人のケースを聞いていると、

基礎疾患のかかりつけ医による接種の機会提供が

最も早いタイミングの接種となっているように感じる

基礎疾患の場合、

自治体がそれを把握することは難しく、

症状をよく知るかかりつけ医が接種に関与するのは

とても自然なことと思う

とはいえ、関節リウマチや耳鼻咽喉科でかかっている総合病院では

ワクチン接種の話題はなく、

たまたま顔面神経麻痺でお世話になることになったペインクリニックの先生が

接種に関わってくれたのは、不思議な縁のあやとなった

さらに言えば、ワクチン接種1回目の日に顔面神経麻痺が完治したことになり、

ペインクリニックでの星状神経節ブロックも不要となったので

先生には申し訳ない気持ちになるが

ありがたく2回目の接種もお願いしている

やはり何度も注射していただいた先生によるワクチン注射は

安心して受けられる

ペインクリニックを推してくれた

知人にお礼の品を受け取ってもらったのは

言うまでもない

 

 

 

 

 

星状神経節ブロックの効き目を実感

今週月曜日から休診日を除いて毎日4回、

ペインクリニックで星状神経節ブロックを施した

結果、外見からもはっきりわかるほど回復が進んだ

 

目はほぼつぶれるようになり、

寝るときのアイマスクは続けているが、

頭や顔を洗う時に洗剤が染みることはなくなり、

外出時に眼帯をしなくても何とかなるようになった

 

口も、口の曲がりはだいぶもとにもどり、

うがいで水がもれることはほとんどなくなった

 

最大の目的であった

左耳の痛みでは、

耳かきを入れても大きな痛みは感じなくなった

 

首に注射を打たれる恐怖さえ克服できれば、

こんなにお薦めできる治療法はないと思う

この4回のうち、一度だけだが、

のどにしこり感のようなものが残り

やがて声がかすれて、でなくなった

3時間ほどしてもとにもどったが、

ヒヤリとする経験だった

 

あとは強力な痛み止めであるリリカをいつやめられるか

この薬のおかげで

関節リウマチの痛みもいっしょに抑えられている

ただ車の運転ができなくなるほど

一度睡魔が襲うと

一瞬にして意識を失うほど強力なので

なおさらこの薬からは早く離れたいと思う

星状神経節ブロックはじめる

発症しステロイドを1週間打って1週間後が経ち、

知人から勧められ、ペインクリニックののれんをくぐった

 

眼や口の動きは、

わずかずつではあるが改善が感じられるものの

とっかかりである左耳の痛みは変化がなく

このまま強い鎮痛剤リリカの服用を続けることは避けたい

そこで耳の痛みを軽減させる策を探していた

 

今回始めた星状神経節ブロックは、

2つの効果が期待できる

首の部分にある交感神経の働きを

局部麻酔薬により遮断する治療法

 

一つは、

顔面、頭部、上肢の血管が拡張し

血液の循環が良くなる

二つ目は

痛みがある場合、

交感神経が緊張して

発痛物質がつくりだされやすい状況になっているため

交感神経を遮断することで、

痛みの悪循環が改善される可能性がある

 

これまでの症状と治療の経緯をしっかりと聞いてもらい、

毎日でも注射を受けたほうが良いという診断だった

はじめての首への注射は怖くないと言えばうそになるが

経験豊富な先生による施術により

安心して臨むことができた

 

鎮痛薬リリカによるふらつき感も強いが、

この注射はさらに強力

家までふらふらしながら帰ることになる

 

翌朝、大きな変化はないものの

耳の痛みや、口の動きなどわずかながらも改善がみられる

特に耳の痛みが和らぐことへの期待は大きく、

先ずは医院の休日を挟んで5日間

連続で通うこととした

 

顔面神経麻痺発症後3週間のリハビリ

顔面神経麻痺を発症して

1週間の点滴通院

その後2週間のリハビリをどう対応していくか

免疫バランス維持は続けているので、

毎日取り組むことが増えることになる

 

・舌苔取り

・ウォーキング  30分ほど汗がにじむくらい歩く

・爪もみ

・薬

  リウマチ   :メトトレキサート(MTX) 月曜のみ4mg

         葉酸補給フォリアミン 木曜のみ5mg

         ボナロン経口ゼリー 土曜のみ35mg

 顔面神経麻痺 :鎮痛剤リリカ 75mg

         脳循環改善薬アデホス 

         ビタミン12メチコバール 500㎍

・サプリ

 ロイヤルゼリー

 EPA・DHA オメガ3  

 ビタミンB1B6B12 エスファイトゴールド

・歯磨き

 

・爪もみ

・薬

顔面神経麻痺 :脳循環改善薬アデホス 

        ビタミン12メチコバール 500㎍

・歯磨き

 

・半身浴       30分から45分かけて温める

・オイルマッサージ  ごま油で頭から顔、足にマッサージする

・爪もみ

・薬

リウマチ   :メトトレキサート(MTX) 月曜のみ2mg

顔面神経麻痺 :鎮痛剤リリカ 75mg

        脳循環改善薬アデホス 

        ビタミン12メチコバール 500㎍

・サプリ

 EPA・DHA オメガ3  

 ビタミンB1B6B12 エスファイトゴールド

 グルタチオン

 ビタミンC

・歯磨き

 

就寝時

・温熱パック    電子レンジで温め、首を温める

・ネックウォーマー 音節パックが冷めた後も、首を温める

・マスク      

・アイマスク    閉じれない左目の角膜を守る

 

適宜

・角膜保護 ヒアレイン点眼薬

 

このうち、MTXは

ステロイド点滴の1週間は医師の指示で中断している

マッサージは施すべきか

これに今回、マッサージを加えるかどうかで悩ましい

いくつかの情報では、

特に顔のマッサージについては、

やらないほうがいい、

というアドバイスも半分くらいを占める

 

そのため、

顔のマッサージは、

オイルやクリームを塗る際に

軽く伸ばしたり指で回転してすり込むくらいで、

それも軽く触れる程度にとどめることとしている

一方で、首から上への血行を良くするために、

首や肩のマッサージは意識して行うようにした

手軽なのは、肩に乗せるタイプのマッサージ機で

あまり押し付けて強い刺激を与えるのではなく

温熱とともに軽くもむような圧力で

首から肩、背骨のまわりを

一日2-3回もんでいる

顔面神経麻痺の発症、治療はじまる

顔面神経麻痺の発症

 

左の耳上の頭側面から耳の周り、頬まで

広い範囲で鈍器に刺されるような強い痛みがはじまって1週間

顔面神経麻痺の症状が出てきた

・左の口角が閉まらない 

 食事のとき、指で口角を押さえていないと、液体が出てきてしまう

・左目が閉じにくい 涙が止まらない 網膜が乾いて痛い

 顔を洗う時に、洗剤が目に入って痛い

・洗髪で頭に湯をかけるときゴボゴボと耳に水が入っているような感覚がある

・落ち着かないためなのか、字を書くと文字が乱れる

 

翌朝、治療開始

 

夜になってこれらの症状が確実になってきて、

治療は早いほうが良いことを知る

しかし翌日も祭日

幸いリウマチを診てもらっている病院で

休日外来を受け付けてもらうことができた

 

翌朝、内科で問診を受けたのち、

耳鼻咽喉科の先生にあらためて診てもらい

「顔面神経麻痺」の診断

違和感と痛みのある耳の中は、

中耳炎などの症状はなく、

耳の中はきれいとのことだった

 

すぐにステロイド(プレドニン)120mgの点滴が開始された

7日間、徐々に減らして最終日には20mgとなって点滴は終了となる

 

併せて、痛み止めにリリカ、脳循環改善薬にアデホス、ビタミン12にメチコバール、角膜保護にヒアレイン点眼液が処方された

リリカの痛みへの効き目は強力で

頭痛の痛みからは完全に開放された

ただ効きが強い分、1日中ぼわあんとした感覚で

突然の睡魔に意識を失いそうになることがある

絶対にクルマの運転はしてはならない薬だ

 

筋電図検査で手術の要否判定出る

 

治療開始3日目に

手術を要するかどうかを判断するために

筋電図検査が行われた

針が入るので痛みを伴うが、

頭痛の痛みに比べれば、一瞬なので

耐えられない痛みではなかった

患側の誘発筋電図振幅が健側の10%以下のとき

予後不良といわれている

結果は、

眼の周りが90%

口の周りが107%

と、3日間の累計340mgのステロイドが効いたのか

手術は不要

治癒するまで60日と

最短の治療日数となった

 

その後、診てもらう先生は毎日変わるが、

「このデータが正しければ

軽いほうだと思うよ」

という言葉が気にかかり、

油断は大敵と受けとめた

 

ステロイド点滴が終わると、

薬を飲むだけで、

次回の筋電図検査まで

何もしない日々が2週間続く

 

この間の過ごし方は

次の投稿で紹介します

顔面神経麻痺の原因と兆候

「顔面神経麻痺」という症状となり治療を受けている

 

関節リウマチと顔面神経麻痺両方にかかる確率は?

これは数字の遊びだが、

日本の人口1.25億人に対して、

関節リウマチが70万人なので、0.56%(10,000人のうち56人)

顔面神経麻痺は年間6.5万人で0.052%(10,000人のうち5人)

両方かかる確率となると、0.00029%となり、

100万人に3人となる

 

毎年累計されていくので、

リハビリを含め症状のある人の総数はわからないが、

かかる人は少ない病気にかわりはない

 

ただ関節リウマチの薬メトトレキサート(MTX)には免疫抑制作用があるので、

ウィルス感染が原因だとすれば、

関節リウマチ疾患者がかかる確率は高いのではないかと思う

じっさいに関節リウマチの方で、

顔面神経麻痺にかかって今は完治されていて

いくつか治療のアドバイスをいただいている

SNSがなければこうした方と知り合うことはできず、

SNSの恩恵だと思う

 

顔面神経麻痺の原因として考えられる3つのきっかけ

 

そもそも顔面神経麻痺の原因はわかっておらず、

過労やストレスなどがあげられているが、

自分に当てはまると、

それ以外の原因もあるかもしれないと思っている

 

(原因候補1)消炎鎮痛剤の使用をやめた反動か?  

                                                                                                                                                                                           

顔面神経麻痺を発症する11日前に、

それまで2年半強、

毎日のように手指などに毎晩貼り続けていたロキソニンテープをやめた

安保徹先生の本のなかで、

消炎鎮痛剤の副作用による心臓への負担の記述があり、

リウマチにかかってから血圧もだいぶ上がってしまっていたから

これは貼るのは早々にやめよう

と思った

手指の痛みも、

貼らないよりはいいくらいの効き目だったので、

眠りにつけるくらいの痛みであれば貼らないようにしよう

と決心したのだ

思い返すと、

担当医は処方箋作る時に、いつも

テープ要る?って私に聞いた

薬だすの消極的だった気もしていたのが、

後押しした

 

消炎鎮痛剤をやめる代わりに、

徹底して体を温めることにして、

朝夜はウォーキング、半身浴や

寝るときにはネックウォーマーを巻いたりして血流の改善に努めていた

 

 

(原因候補2)しばらくの間、耳栓を毎晩つけていたからか?

 

ちょうど消炎鎮痛剤を貼るのをやめたころから、

左耳穴の奥に痛みを感じていた

しばらくの間、

安眠用に耳栓を毎晩寝ている間つけていて、

それが耳の奥に悪い作用が働いたのか

と思っていた

 

(原因候補3)人口歯根の治療で、刺激を与えてしまった?

 

9カ月ほど前に左下の歯茎に、

2本の人工歯根を埋め込む手術をした。

その後、なかなか歯茎の状態がすぐれず、

いまだに義歯は入っていない。

手術時の刺激や、

左の奥歯で噛み合わせが長い間悪いまま推移したことも

関係しているのではないか?

などと推察している。

 

左耳穴奥から広がりとともに強くなっていく痛み

 

その後徐々に痛む箇所が動き始め、

左耳部分で耳穴の上のあたり、

1週間後には耳穴の上からおでこの左上にかけて、

ピリピリする痛みが強くなっていった

はじめはボルタレンで痛みを和らげる効き目があったが

だんだん効かなくなってきたので、

1週間ほどして脳神経外科で診てもらった

MRIの画像では異常や心配な点は見当たらず、

神経性の頭痛という診断で薬を処方された

そしてその3日後、

はっきりとした顔面神経麻痺の症状が現れてくる

その後の経緯は、次に寄稿します

 

我慢できないほどの頭痛の痛みに

 

頭痛というのはその専門医にかかるか悩ましい

このあと耳鼻咽喉科にお世話になるのだが、

このときは顔面神経麻痺などまったく思いつかなかった

ただ言えることは、

街の脳神経外科ですぐにMRIで診てもらえる時代になり、

先ずは脳に問題はないかを確認することは

その後の余計な心配をせずに済む点で有効だと思う

頭痛に悩まされている段階では、

先ずは血管の異常や腫瘍など疑うのは当然だと思う

 

今回の頭痛は、

今までに経験したことのない強い痛みだった。

はじめのうちは、

皮膚の上を走るようなピリッとした痛みだったが、

やがて鈍器で押されるような痛みに変わっていった。

少しでも痛みを和らげられるよう

頭や頬など痛んでいる部分を冷やした

しかし今考えると、

顔面神経麻痺には、冷やすことは良くなく、

逆効果なことをしていたことになる

しかしこの時は、

冷やしていることで多少は痛みが和らいでいたので、

摂理に従ったことになる

同じ頭痛の症状でも「冷やす」、「温める」で正反対の処方があることが悩ましい

担当医のアドバイスに従うとともに、

冷やして痛みが多少でも緩和されるのであれば

就寝時だけでも冷やして眠る

という判断はアリだと思う