生物学的製剤レミケードで実感する鎮痛・消炎効果

関節リウマチの診断が下され、
メトトレキサートを処方されてから
丸4年が経過し、5年目に入った

その間、
メトトレキサート(MTX)の服用は、

最大時週14mgから4mgまで減少させた
ステロイド薬も
発症して1年経たないうちに服用を停止した

しかし、3年目には顔面神経麻痺の発症により
免疫力の低下を目の当たりにしたり、
歩行中に息苦しさを感じたり
徐々にMTXの副作用を強く感じるようになった
なによりも手の痛みはなかなか改善の実感が得られず、
ロキソニンテープを貼って寝ることが常態化していた
このままではいけない、と痛感したのは、
出張先のホテルのサウナで、
お勧めされた塩を手に塗ったところ
火にあぶられたような強烈な痛みが広がり、
すぐに塩を落としたが、しばらく消えない
これは、ロキソニンテープの成分が手に浸透したためで
肌がやられているのを実感した
この時から、ロキソニンテープはやめた

こうして停滞感のあるこの状況に危機感を感じ始めた
担当医には、3か月間隔になっていた通院頻度を
2か月にしたいという相談とともに
間もなく5年目に入るが、
リウマチ因子RFなどでも悪化傾向がみられる
生物学的製剤やJAKの追加はできないか
と相談したところ快諾が得られ、
2か月後、生物学的製剤レミケードの投薬となった

3時間近くかけて点滴を終えて、間もなく
手の痛みの質が変わっていることに気づく
手を動かしたときには痛みはあるものの、
静かにしているときの痛みはほとんどない
ロキソニンテープも全く必要と思わなくなった

2週間後、2回目の投薬の臨む
先生から1回目の感想を問われると
からだにFRエンジンが装着されたようで
元気になった感覚を得ています
と答えたら、喜んでもらえた
血液検査でもCRPが1年ぶりに正常値に戻ったのも大きな成果だ

2回目の点滴を終えた後も
改善されているという実感は得られている
朝のこわばり感やぽきっと折れそうになる感覚は残るものの
精神的な正常な健康体が戻ってきつつある感覚が何よりもうれしい

投稿者: 管理人みやび

ミュージカルソングを歌うことによるミュージックテラピー、そして関節リウマチ寛解に向けた免疫力強化、さらにスピリチュアルな空間に身をゆだねることにより、病気にかかりにくい健康な毎日に取り組んでいます。アジアで市場開拓などさまざまな職務を経験し、アドバイザリーにも取り組み始めています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。