お問い合わせ

ミュージカルソングへの誘い~No.30 Stars

ミュージカルソングへの誘い~No.30 Stars

作詞 ハーバート・クレッツマー(英語版) & アラン・ブーブリル(仏語版) 

作曲 クロード ミシェル・シェーンベルク

“レ・ミゼラブル”1986

 

ジャヴェール警部は、

2012年版映画のラッセル・クロウも悪くないが、

10周年コンサートに出ているPhilip Quastが

一番好き

厳しい表情を崩さずに

星空を見つめる姿は

男から見ても色っぽく

ほれぼれする

ただ厳しいだけではない

情が歌の中ににじむ

それが許されるのが

彼ならではの存在感なのだと思う

 

これだけ多くの人が見事に歌いきる人気のある曲にあって

自身がどう表現するのか

好きな食べ物を最後に取っておくような心境だったが

はじまってみると

予想通り

ジャヴェールの存在にぶちあたり

言葉を並べただけの歌になっていないかと

自身の生きざまさえも問われそうな

取り組みがいのある曲だった

むろん若い人でもチャレンジしてほしいと思うのだが、

50代まで信念と執念で生きる姿を表現するには

相当な覚悟が必要になるだろう

って、

そこまで考える人もすくないだろうが・・

 

日本語訳:岩谷時子、吉岡治、青井陽治

 

さあ逃げてゆけ

闇の中 息潜め 

生きてゆけ

 

あいつとは

いつの日か 対決する

対決する

 

神の道を 行くのは俺

あいつは炎へと堕ちてゆく

地獄へ悪魔が堕ちたように

 

スター

星たちは

限りなく暗闇を照らすのだ

 

口も利かず

確かな夜を

見張る刑事たちだ

 

空の上で 道を知るのだ

季節ごとに巡るのだ

同じように

 

そして墜ちる時は 炎の中

つまずけば 痛みという代償を

誰でも払うのは この世の決まりだ

 

星よ 主よ

命かけぶちこむぞ 鉄格子

この星に誓う 俺は

ミュージカルソングへの誘い~No.29 I have dreamed

ミュージカルソングへの誘い~No.29 I have dreamed

作曲:リチャード・ロジャーズ

作詞:オスカー・ハマスタイン

“王様と私”1951

シンガポール赴任から戻り、

新たな業務にも慣れ心身ともに落ち着いてきたころ、

ミュージカルクラスに戻った

メンバーも変わらずにいて、

何の抵抗もなく戻れたことは奇跡に近い

復帰初めの曲に選んだのは、

ミュージカルの原点ともいえるオスカー・ハマスタイン

1956年には、デボラ・カーとユル・ブリンナー主演で映画化

そして、ケリー・オハラ、渡辺謙によるリバイバルステージ

長く人気を保っているのは

東洋と西洋という交われない双極にある

永遠のテーマに魅力は尽きないからだろう

 

この曲では、

学者ルンタが奴隷タプティムに駆け落ちの計画を語る

ロマンティックな詞が

リチャード・ロジャーズの情熱的なメロディーに乗り

牧歌的な温かさが伝わってくる

忘れていたものを思いだす

ミュージカルソングの楽しさを思い出させてくれた曲

 

I have dreamed that your arms are lovely,

I have dreamed what a joy you’ll be.

I have dreamed every word you whisper.

When you’re close,

Close to me.

How you look in the glow of evening

I have dreamed and enjoyed the view.

 

In these dreams I’ve loved you so

That by now I think I know

What it’s like to be loved by you,

I will love being loved by you.

 

Alone and awake I’ve looked at the stars,

The same that smile on you;

And time and again I’ve thought all the things

That you were thinking too.

 

I have dreamed that your arms are lovely,

I have dreamed what a joy you’ll be.

I have dreamed every word you whisper.

When you’re close,

Close to me.

How you look in the glow of evening

I have dreamed and enjoyed the view.

 

In these dreams I’ve loved you so

That by now I think I know.

What it’s like to be loved by you

I will love being loved by you.

ミュージカルソングへの誘い~No.27 Why God Why? 神よなぜ? 

ミュージカルソングへの誘い~No.27 Why God Why? 神よなぜ? 

作詞:Richard Maltby Jr., Alain Albert Boublil

作曲:CLAUDE MICHEL SCHONBERG

日本語詞:岩谷時子

Miss Sigon ミス・サイゴン1989

 

ミス・サイゴンの詞はいい

特に和訳は、

岩谷時子さんの秀作だと思う

この曲では、

クリスの本音が語られる

「錆びたベッド」

「安物の香水」

一つ一つの言葉に

病んだ米軍兵士の冷たさが

ダイレクトに伝わってくる

この戦争を醜い色で塗りたくりたい

作者の想いが伝わってくる

 

でも目を背けてはならないのだ

この類の話は、

ベトナム戦争だけではなく

戦後の日本でも

いたるところで

いつの時代にもあった話だからだ

そして戦争で死に向き合った兵士でなければ

ほんとうの虚無はわからないのだろう

 

だからやけに高い音が続いて

息が苦しくなるこの曲には

正直閉口するのだが

うまく歌うのではなく、

この詩にこめられた狂気が

すこしでも込めれれれば

良しとすると割り切るのも

悪くないと思う

 

そしてこの曲を歌う時は、

1978年アカデミー賞作品

「ディア・ハンター」で

クリストファー・ウォーケンが演じた

ニックの狂気が思い出され

もうひとつの悲しみと重なり合う

 

何故、サイゴンは眠らない?

この娘の香り

オレンジ

何故 虚しい晩に

この娘をくれたのか? ベトナム

答えなどないか

問いかけても無駄

 

主よ どうして

今さらここで

俺にくれたのだ

どうして今夜を

錆びたベッドのこの娘

何故だ、俺がここに?

安物の香水で

なぜ胸がたかまる?

ベトナム

とがめはしないが

話が違うぜ

 

主よ どうして

心が燃える

初めて娼婦と

過ごした訳じゃない

今、俺に 救えはしない

想い出を胸に

ベトナムを離れよう

 

国の為に闘ったが

帰国したら白い目で見られた

戻ってきた 再びサイゴン

まだ気楽さ 大使館のドライバー

顔さえ効かせば

暮らしも楽だよ

何も信じない限り

 

主よ

どうして清らかな顔が

想い出を胸に

ベトナムを離れよう

ミュージカルソングへの誘い~No.26ア・ホール・ニュー・ワールド A Whole New World

ミュージカルソングへの誘い~No.26ア・ホール・ニュー・ワールド A Whole New World

作詞:ティム・ライス

作曲:アラン・メンケン

“アラジン”1992

1992年のアニメーションに続き、

2019年の実写版でも歌われている。

前回でお話しした発表会で、

クラスメートとデュエットさせていただいた曲。

アレンジいただいたピアノの先生から、

初めの音合わせの時に、

どこまでも流れていくようなメロディーがいいよねえ、

とおっしゃっていたのが思い出される。

その通りで、

カーペットの上で流れるように歌うのがポイント

ジャスミンのメロディーに沿うようにして

アラジンはハモリを入れる感覚が大事になる

もっと聞いていたい(飛んでいたい)と

思ってもらえるように歌うことができれば

そう願える曲だ

 

劇団四季のアラジンも秀作

何度も繰り返し聞いても飽きないアルバムの一つだ

 

I can show you the world
Shining, shimmering, splendid
Tell me, princess, now when did
You last let your heart decide?

I can open your eyes
Take you wonder by wonder
Over, sideways and under
On a magic carpet ride

A whole new world
A new fantastic point of view
No one to tell us no or where to go
Or say we’re only dreaming

A whole new world
A dazzling place I never knew
But now from way up here, it’s crystal clear
That now I’m in a whole new world with you

Unbelievable sights
Indescribable feelings
Soaring, tumbling, freewheeling
Through an endless diamond sky

A whole new world
(Don’t you dare close your eyes)
A hundred thousand things to see
(Hold your breath, it gets better)

I’m like a shooting star
I’ve come so far
I can’t go back
To where I used to be

A whole new world
With new horizons to pursue
I’ll chase them anywhere
There’s time to spare
Let me share this whole new world with you

A whole new world
(A whole new world)
A new fantastic point of view
No one to tell us no or where to go
Or say we’re only dreaming

A whole new world
(Every turn a surprise)
With new horizons to pursue
(Every moment,red letter)
I’ll chase them anywhere
There’s time to spare
Anywhere, there’s time to spare
Let me share this whole new world with you
(With you)

A whole new world
A whole new world
That’s where we’ll be
That’s where we’ll be
A thrilling chase
A wondrous place
For you and me

ミュージカルソングへの誘い~No.25 What You Own

ミュージカルソングへの誘い~No.25 What You Own

作詞・作曲 ジョナサン・ラーソン 

“レント”1996

 

2005年には映画化もされたブロードウェイ作品

アメリカの虚構の現実を風刺した魅力的なロックミュージカル

この作品完成まもなく、

35歳で急逝したジョナサン・ラーソンの遺作である

クリスマスシーズンに、

クラスメンバーで歌った「Seasons of Love」は

こころ温まる名曲だ

 

ブロードウェイ Nederlander Theatreで

はじめてこの作品を鑑賞したときは、

ミミ役をメラニー・ブラウンが演じていた

彼女はちょうど拠点をアメリカに移し、

その後のスパイス・ガールズ再結成までの

アクトレスとして舞台に立ったタイミングで見たことになる

印象としては、

やたらにハスキーだったのがきにかかったが、

高音の伸びは素晴らしかった

 

2020年3月、

東京建物Brillia HALLのこけら落とし公演で見れるチャンスがあるので、

久々に鑑賞しに行ってみようと思う

 

さて作品は、マークとロジャーとの掛け合いソング

ある年の12月

新宿のある有名焼き肉店ビルの上で行った門下生発表会での発表曲として、

この曲に思いを持つレッスンメイトから誘いを受け、

ロジャーのパートで歌った

 

彼とは文化村ルシネマでの映画も一緒に見に行ったこともあり、

それぞれのアドリブで

痛快な演奏となった

チャンスがあれば

また歌ってみたい曲だ

 

この発表会では、ほかに

愛と死の輪舞(エリザベート)

闇が広がる(エリザベート)

ホール・ニュー・ワールド(アラジン)

と合計4曲

 

打ち上げでの焼肉がとろけた

 

Don’t breathe too deep, don’t think all day

Dive into work, drive the other way

That drip of hurt that pint of shame

Goes away, just play the game

 

You’re living in America

At the end of the millennium

You’re living in America

 

Leave your conscience at the tone

And when you’re living in America

At the end of the millennium

You’re what you own

 

The filmmaker cannot see

And the songwriter cannot hear

Yet I see Mimi everywhere

Angel’s voice is in my ear

 

Just tighten those shoulders

Just clench your jaw ‘til you frown

Just don’t let go or you may drown

 

You’re living in America

At the end of the millennium

You’re living in America

 

Where it’s like the Twilight Zone

You’re living in America

At the end of the millennium

You’re what you own

 

So I own not a notion

I escape and ape content

I don’t own emotion, I rent

What was it about that night

 

What was it about that night

Connection, in an isolating age

For once the shadows gave way to light

For once the shadows gave way to light

 

For once I didn’t disengage

Angel, I hear you, I hear it

I see it, I see it, my film

Mimi I see you, I see it

I hear it, I hear it my song

 

Alexi, Mark one song, Glory

Call me a hypocrite Mimi

I need to finish my own film your eyes

I quit

 

Dying in America

the end of the millennium

We’re dying in America

To come into our own

 

And when you’re dying in America

At the end of the millennium

You’re not alone

I’m not alone, I’m not alone

 

MARK:
全てはゲーム

ただのゲーム

深くははまるなよ

痛みなど消えてゆく

どうせそんなもんさ

自由はアメリカ

世紀末に腐る

夢ならアメリカ

買ってきたフィクション

逃げ出せるかアメリカ

自分の価値だけを

 

ROGER:
映画じゃ見れない

MARK:
歌にはできない

ROGER:
見えるミミの姿

MARK:
Angelの声が

ROGER:
歯を食いしばれ

MARK:
眼をそらすなよ

ROGER:
名にも捨てることできない

BOTH:
自由はアメリカ

終わりそうな夢を

集めるアメリカ

信じるものは

何もないさアメリカ

自分の価値だけを

信じて

本当の夢など

買えるわけない

借りればいい

そう Rent
MARK:
あの夜確かに

ROGER:
あの夜確かに

BOTH:
見えた孤独な時代に

MARK:
ひとすじのライトが

ROGER:
ひとすじのライトが

BOTH:
仲間を照らした

MARK:
Angel 聞こえる

MARK:
きみが見える

ROGER:
ミミ見える

MARK:
おれのフィルム

ROGER:
おれのワンソング

MARK:
(アレクシー、マークです)

(偽善者でけっこう)

(俺は自分のやりたいことをやる)

BOTH:
腐ったアメリカ

すべて崩れ落ちる

死ぬならアメリカ

残るものは

今の俺さアメリカ

同じ夢を信じて

生きてる

生きてる

生きてる

血液検査の結果は、大きな変化なし(これって安定期?)

2カ月に一度の通院

今年7度目になる

毎回、血液+尿検査から3分ほどの診察

変化があるのは、改装中の病院内施設くらいか(笑)

 

今回も外来採尿・採血室が移転していた

採血の窓口が増えて、待合室がすっきりしたように思う反面、

待合室へのガイダンスのタイミングが早すぎるのか

立って待っている人が多くなっているのが気になった

 

今回2カ月のあいだに起きたトラブルは

突然手足に赤い発疹ができたこと

半日岩盤浴で過ごして

過度な乾燥状態に皮膚が反応してしまったからかもしれない

ロキソニンテープを貼るのを中断

ステロイド錠剤を3日服用して10日間ほどで完治

あらためてステロイド剤の威力を実感した

 

もう一つは、

右足ひざ下の後ろ側で

針を刺すような痛みが日に数回襲ってくる

先生に聞いたところ、

関連性は否定できないとのこと

あまりつらいようなら

痛み止めを服用することとなった

今のところは耐えられない痛みではないので

ロキソニンテープを貼るなどして

痛みが襲う回数が減らせないか様子を見る

 

血液検査では

忘年会シーズンも何とか週一回に抑えたことが幸いしてか

数値の悪化はなくてすんだ

何度かお酒のお誘いを断らざるを得なかったが

徐々にそれも周知のこととなり

交友関係に変化があるかもしれないが

その代わりに新たな交友が増えていけばよいと

割り切ろうと思う

 

最後に先生がつぶやいたのは、

このまま数値が安定すれば

4月からMTX減量できるかもね

 

その日を楽しみにしよう

 

肝臓の値は改善。MTX服用量は現状維持。

2か月ぶりの通院

血液検査受付開始の1時間前に入るも

検査の待合室はすでにいっぱいになっている

やれやれと思いながら待っていると

診察は予約時間よりも早く呼ばれた

早く受付するメリットはあるものだ

 

すっかり断酒生活に入ったものの

欧州出張ではお酒は避けられず

加えて時差でなかなか疲れが抜けず

それが血液検査にどう出るか

それが気がかり

 

結果は、

7月以来、MMP-3、CRPはクリアするものの

RFは推奨値に遠く、なかなか下がってこない

やはりなあ

 

でも前回悪化した肝臓の数値は

AST(GOT)、ALT(GPT)は推奨値内に戻し

こちらは一安心                                    

 

前回MTXを12mgから10mgに減らしてもらい

今回も減らしたいと漏らしてみたが

RFが下がらないのでは、

減らすきっかけにはなりえないのか

現状維持

 

次回は12月下旬

いいクリスマスになるように

宴会は増えるが

酒量は減らしていこう

ミュージカルソングへの誘い~No.24 闇が広がる

ミュージカルソングへの誘い~No.24闇が広がる

作曲 シルヴェスター・リーヴァイ

作詞 ミヒャエル・クンツェ

エリザベート”1992

 

エリザベートから課題曲として5曲目となる。

トート役として、ルドルフはレッスンクラスの先輩に。

このクールでは、次に紹介する曲でも同じパートナーとのデュエットとなり、

2曲とも公開発表会で披露することとなる。

 

若きルドルフの苦悩は、暗い世相を反映して痛々しい

これに対し、トートは

地獄へ引きずりこむ残酷さとともに

そばにいてなだめる父親のような存在感を示す

どこか無力なエリザベートとの距離感に比べて

ルドルフに対してはトートの思いにこだわりを感じる

それがこの二人のデュエットに

一種の永遠性を感じる要因になっていると思えてならない

 

訳詞:小池修一郎

 

トート)

長い沈黙の時は終わったのさ

君は思い出す

子供のころのあの約束は

君が求めれば現れる

 

ルドルフ)

友達を忘れはしない

僕は今不安で壊れそうだ

 

トート)

側にいてやろう

 

二人)

闇が広がる

人はなにも見えない

誰かが叫ぶ

声を頼りにさまよう

闇が広がる

この世の終わりが近い

 

ルドルフ)

世界が沈むとき

舵をとらなくては

僕は何も出来ない

縛られて

 

トート)

不幸が始まるのに見ていていいのか?

未来の皇帝陛下

ルドルフ)

我慢できない

 

二人)

闇が広がる

人は何も知らない

誰かが叫ぶ

革命の歌に踊る

闇が広がる

この世の終わりが近い

 

トート)

見過ごすのか

立ち上がれよ

王座に座るんだ

 

ルドルフ)

王座!

 

二人)

闇が広がる

今こそ立ち上がるとき

沈む世界を

救うのはお前だ

闇が広がる

皇帝ルドルフは立ち上がる

ミュージカルソングへの誘い~No.23僕こそミュージック

ミュージカルソングへの誘い~No.23僕こそミュージック

作曲 シルヴェスター・リーヴァイ

作詞 ミヒャエル・クンツェ

『モーツァルト!』(Mozat!1999

自由奔放に生きるモーツァルトと

それに翻弄される周囲の人たちを描いた作品

エリザベート」や「レベッカ」を生んだ

シルヴェスター・リーヴァイとミヒャエル・クンツェの最強コンビによる作品。

モーツァルトを題材とした映画では、「アマデウス」(1984年)が親しみやすいが、

このミュージカル作品は終始モーツアルト自身の歌唱で圧倒され、

ほかのキャストによる美しい旋律が楽しめる贅沢な作品となっている。

僕が見たのでは帝劇での中川晃教。

そのハチャメチャなキャラを存分に出していて、適役だった。

その域にはもちろん及ばないが、

自分の曲にしていく過程は楽しかった。

伴奏に合わせようとするとテンポがちぐはぐになるので、

ある程度自分のテンポで好き勝手に歌う開き直りが必要かもしれない。

自由奔放なキャラにあやかって・・。

 

(訳詞:小池修一郎)

詩は書けない
感じたまま喋る 心に浮かんだまま
何かに動かされて
絵も描けないさ
光と影の色をパレットに作れない
夢の中で描くだけだよ
役者じゃない
芝居はできない
見かけ通りのヤツだよこの僕
ありのままなんだ
このままの僕を愛して欲しい

メジャーとマイナーコードにメロディーも
僕は語ろう 感じる全てを音に乗せ
リズムにポーズ響くハーモニー
フォルテにピアノ紡ぐファンタジー
僕こそミュージック

ミュージックだけが生き甲斐
哲学なんて何も知らないさ
馬鹿騒ぎが大好き
それが僕なんだ
礼儀知らず無礼者と言われても
訳もなく叫びたくなる
退屈ぶっ飛ばす
爆発しそうなんだ
自由と輝き求め歩もうどこまでも
行く先は知らない
僕が誰かさえ知らない
このままの僕を愛して欲しい

メジャーとマイナーコードにメロディーも
僕は語ろう 感じる全てを音に乗せ
リズムにポーズ響くハーモニー
フォルテにピアノ紡ぐファンタジー
僕こそミュージック

このままの僕を 愛してほしい

ミュージカルソングへの誘い~No.22 Being Alive

ミュージカルソングへの誘い~No.22 Being Alive

作曲・作詞 、スティーヴン・ソンドハイム

“カンパニー”1970

 

「カンパニー」はジョージ・ファース脚本のミュージカルコメディ。トニー賞でそれまでの過去最高の14部門にノミネートされ、6部門で受賞した。

その中で歌われるBeing Aliveは、ソンドハイムの代表曲の一つとして、マイケル・クロフォードのアルバムで知った。

小気味よいテンポで曲は進み、最後には若さ溢れる力強いエンディング。忘れていたエネルギーを蘇らせる魅力のある曲だと思う。

聞きなれた原文でも良かったのだが、あまり聞かれる曲ではないので、あえて訳して歌ってみた。

 

(訳)

誰かが抱きしめ

誰かが傷つけ

誰かが椅子奪い、眠り破り、目覚めさせる生きることに

Being Alive

 

誰かが引き止め

誰かが知りすぎ

誰かが拾い上げ、奈落に突き落とし、手を伸ばす

Being Alive

Being Alive

 

誰かを受け入れ

誰かと通い合う

誰か少しでも分かち合える相手がいる

Being Alive

Being Alive

 

誰かと愛溢れ

誰かが守ってる

誰かそこにいて、君も僕もおびえている 生きることを

Being Alive

Being Alive

Being Alive

 

僕を引き留め

僕を知りすぎ

僕を拾い上げ、奈落へ突き落し、手を伸ばす

 

生きるために

まどわされ

おぼれて

利用され

さとらされる

ひとりじゃ

生きていけない

 

僕を愛して

僕を守って

僕のそばにいて

僕と一緒に立ち向かい、生き抜こう

 

Being Alive

Being Alive

Being Alive!