スポンサーリンク

ミュージカルソングへの誘い~No.56 Charity チャリティ

ミュージカルソングへの誘い~No.56 Charity チャリティ

作詞 ポール・ゴードン

作曲 ポール・ゴードン

Daddy Long Legs “ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~”2009

曲への想い

ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』は、

1912年ジーン・ウェブスターの原作

あしなが育英会が協力しており、

ふつうの生活が送れない状況に置かれている

子どもたちの存在が背景となっていると言っても過言ではないだろう

日本では2012年から井上芳雄と坂本真綾。2022年からは上白石萌音が演じている

このミュージカルのもう一つのテーマは

「手紙」だろう

今となっては、ネットに代わり、役割を終えたようでいる「手紙」

でもこのミュージカルで描き出されるのは、

数日間自宅のポストに届くまでの間の時間が織りなす

贈るひとと受け取るひととの思いの紡ぎあいだ

その積み重ねが長ければ長いほど

刻まれる思いがいつまでも生き続ける

第2幕の後半に歌われるこの曲は

まさにその主役である手紙をひとつひとつ果実を摘むように

もしくは、後悔に満ちて色を失った紙切れでしかないように悲し気に

積み重なった思いをぶつける曲になる

苦悩の中の曲なので

少し思いつめたような声の出し方になる

それでも希望を振り絞るように

エンディングでは、息の続く限り魂を投げ続ける

それだけノスタルジックな思いにもさせて

ミニコンでは、少し思いが入ってしまい

最後の言葉が飛んでしまった

これはしたり・・だった (笑)

Lyrics

訳詞 今井麻緒子 

チャリティ

おお チャリティ

なんてことだ

助けた君を 今求めてる

チャリティ

おお チャリティ

なんてかんたん

与えることのほうが ずっと

受け取るより

きみがなにげにくれたもの

あげることはできなかった

チャリティ 

だれがだれを助けている

悔やむ こんなにも

できすぎたこと

じぶんにこそ チャリティ

あたえてほしい

きみがなにげにくれたもの

あげることはできなかった

チャリティ 

だれがだれを

助けている

コメント

タイトルとURLをコピーしました