ミュージカルソングへの誘い~No.34 Good Thing Going

ミュージカルソングへの誘い~No.34 Good Thing Going

作詞 ハロルド・プリンス

作曲 スティーブン・ソンドハイム

Merrily We Roll Along 1981それでも僕たちは前へ進む

 

ゴールデンコンビでありながら

評価は低く短期間で公演は終了し、

その後再演の機会はほとんどなく、

自身も見る機会がない

2013年に小池徹平、柿澤勇人の主演で

大阪での公演があったようだが、

今にして思うと

これが最大の観劇のチャンスだったかもしれない

 

ただそこはソンドハイム

Not a day goes byなど名曲には欠かない

ストーリーは知らなくても、曲だけで、どんなことを伝えようとしているのか想像したくなる

 

このGood Thing Goingは、

恐らくカバーされる機会は少なく

あまり知られていないのだが、

そのメロディと詞が

自身にはとてもフィットした

 

淡々と語るように歌うスタイルは

なかなか難しいが

自身の想いにも似た詞が

多少下手であってもいいじゃない

って思わせる

 

そしてピークは

ラストのGoneと伸びるところ

訴えても相手に通じるはずもないのだが

それでも伝えようとする

ちっと未練がましさも感じる曲だ

 

It started out like a song,

We started quiet and slow with no surprise,

Then one morning I woke to realize

We have a good thing going.

 

It’s not that nothing went wrong,

Some angry moment of course, but just a few,

And only moments no more because we knew

We had a good thing going.

 

And if I wanted too much, was that such a mistake?

Half the time you never wanted enough,

Oh wake up, I don’t make that a crime,

And while it’s going along,

You take for granted some love will wear away.

 

We took for granted a lot, and still I say,

It could have kept on growing,

Instead of just kept on,

We had a good thing going, going, gone.

 

And if I wanted too much, was that such a mistake?

Half the time you never wanted enough,

Oh wake up, I don’t make that a crime,

And while it’s going along,

You take for granted some love will wear away.

 

We took for granted a lot, and still I say,

It could have kept on going,

Instead of just kept on,

We had a good thing going, going, gone.

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。関節リウマチの診断が出て、治療をはじめています。オフでは、風水の知識をもとにパワースポットや歴史に触れたり、ミュージカルソングを歌って、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です