ミュージカルソングへの誘い~No.55 The Steps Of Tomorrow 明日への階段

ミュージカルソングへの誘い~No.55 The Steps Of Tomorrow 明日への階段

作詞 ジャック・マーフィー、ナン・ナイトン

作曲 フランク・ワイルドホーン

Rudolf  “ルドルフ~ザ・ラスト・キス~”2006

曲への想い

ミュージカル『ルドルフ~ザ・ラスト・キス~』(Rudolf)は、フレデリック・モートン原作

初演はハンガリーブタペスト その後ウィーンへ

日本では2008年帝国劇場で、

宮本亜門演出、ルドルフ 井上芳雄、マリー・ヴェッツエラ 笹本玲奈

なお、マイヤーリンクを扱った作品として、

宝塚の「うたかたの恋」脚本 柴田侑宏が有名

こちらは1983年から上演されているのには敬服する

19891月、ウィーン郊外のマイヤーリンクの狩猟館で

愛人マリーとともに死体で発見された事件

未だに自殺なのか、暗殺されたのか闇の中にある

エリザベートでも描かれている当時の時代背景やルドルフの苦悩は

すでに見る側にはすりこまれていて、

多少のショッキングな展開も受け入れられる素地ができている

「明日への階段」はここでは民衆に受け入れられるルドルフがいる

とてもパワフルで、いまコロナ禍のなかで、

打ちひしがれている民衆を鼓舞しているような歌詞にも感じる

歌うと課題はパワーの配分

初めから全開で臨むと、後半パワー切れとなる

多少ゆったりめに腹から喉を通して声を出しているだけのような感覚で

そしてラストで”時代の主役”は特にゆっくりとかみしめるようにして

最後の”だあ~”につなげていく

悲劇の中の歌ではあるが、

どこか希望を持たせる歌であることを意識して歌いたい

Lyrics

宮本亜門版

明日への階段 登る先に

未来の扉が大きく開く

あなたたちこそが時代の主役になる

ともに目指そう この一歩から

もっと自由で平等な社会

進む科学がすべてを変える

われらの闇にともされる希望の光

ともにめざそう理想の世界を

暗い過去脱ぎすてて

今こそ人類への夢へと

より高く はるか遠くへ

つくろう 理想の世界を

人の意識が変わることで

次の時代の扉が開く

もっと自由に大胆に描き出そう

そしてめざそう この一歩から

前を向き おそれずに

目覚めた心にしたがって

望む日々 実現させるのだ

つくろう 理想の世界を

新たな世紀はそこに来てる

心ひとつに前進しよう

誰も見たことのない日々 待ちかねてる

心おどる 新たな日々

ひとりひとり

いま

時代の主役

投稿者: 管理人みやび

ミュージカルソングを歌うことによるミュージックテラピー、そして関節リウマチ寛解に向けた免疫力強化、さらにスピリチュアルな空間に身をゆだねることにより、病気にかかりにくい健康な毎日に取り組んでいます。アジアで市場開拓などさまざまな職務を経験し、アドバイザリーにも取り組み始めています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。