ステロイドの適正な服用

明日の新たな転院先での初診を前に、

副作用で気になるステロイドの項を読んでみた。

(藤井隆夫著「膠原病」ミネルヴァ書房)

世界的に、副作用の面から理想的な維持料は

7.5mg(体重が少ない方は、5mg)以下とし、

数カ月に0.5mgの減量が適切。

前回の診断で、朝昼2回服用で、プレドニン7.5mgから、

プレドニン()+プレドニゾロン()7mgに減量してもらった。

この時は、ずいぶん刻むなあ、と思ったが、

この減量は適量であったといえる。

40mgなどのレベルから15mgに減量した段階で

病状が不安定になることが多い。

そのため減量にはより慎重になる。

7mg7.5mgとを交互に服用させ、

7.25mgの期間を作るという処方もあり。

例えば一日5mgを何年もステロイドを服用していて、

データも安定し、自覚症状も変わりがなければ、

「今日はいいかな」という軽い気持ちで

わざと飲まない日があってもいい。

そのことを医師に正直に告げてデータが良ければ、

一日4mgになるかもしれない。

中止を前提とした場合、

1回、2回と中止の日数を増やしていく。

このようにオンとオフをはっきりさせると、

副腎皮質に刺激を加えることになり、

中止しやすくなるという考えの医師は多い。

これからの先生との相談に役立てようと思う。

 

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。関節リウマチの診断が出て、治療をはじめています。オフでは、風水の知識をもとにパワースポットや歴史に触れたり、ミュージカルソングを歌って、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す