ミュージカルソングへの誘い~No.3「Maria」

ミュージカルソングへの誘い

~No.3 「Maria」

(作詞:スティーヴン・ソンドハイム、作曲:レナード・バーンスタイン)

“West Side Story ウエスト・サイド物語” 1957

 

1996年2月に観劇している

あまり印象に残っていないのは、

映画の印象があまりにも強いからなのかもしれない

 

この曲を歌いたいと思うようになったきっかけは、

Michael Crawford(マイケル・クロフォード)の

アルバムStage and Screenにある

West Side Storyメドレーで聴いたMariaだった

うめくように始まる独特の歌い始め

途中にはわめき叫ぶようにMariaの名を呼ぶ

どこかファントム風になって

それがこの曲に合う

 

さすがに楽譜を外してMariaを叫ぶところは

先生の指導により

楽譜通りになったが

気分はMichael Crawfordになれる一曲

 

The most beautiful sound I ever heard
All the beautiful sounds of the world in a single word
Maria
I just met a girl named Maria
And suddenly that name
Will never be the same to me
Maria
I just kissed a girl named Maria
And suddenly I found
How wonderful a sound can be
Maria
Say it loud and there’s music playing
Say it soft and it’s almost like praying
Maria
I’ll never stop saying
Maria
Maria, Maria…
Maria
Say it loud and there’s music playing
Say it soft and it’s almost like praying
Maria
I’ll never stop saying
Maria
The most beautiful sound I ever heard
Maria

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。2018年夏に関節リウマチを発症し、寛解に取り組んでいます。オフでは、ミュージカルソングを歌ったり、パワースポットや歴史に触れたり、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です