仙台 塩釜神社へお礼参り

11月半ば、早めにお礼参り

7時台の新幹線に乗り

9時前には仙台駅に着く

 

はじめに葛岡霊園へお墓参り

父方の曾祖父母、祖父母、伯父が眠る

唯一東京に出てきた父

その父がいなくなった後

東京とは距離があるが

仙台との縁をつなぎとめ

見守ってほしいと祈る

 

葛岡霊園から塩釜神社へ

以前は震災の傷跡が目にはいったが

今はすっかり消えている

塩釜市内に入り

並ぶ前に早めに寿司店に

 

ここはネタの大きさと、海苔の香りが際立つ

白子汁では、濃厚な白子が口の中に広がり

幸せな時間に感謝する

 

塩釜神社にはいつも通り裏坂から入る

大鳥居をくぐると正面にある石碑に

裏坂の整備に財を投じた曾祖父の名が刻まれている

途中「亀井邸」が開いていたので立ち寄る

干し柿のかかる縁側に心温まる

さらに裏坂をのぼって博物館にも

歴代伊達家藩主が奉納した太刀が圧巻

屋上から望む紅葉に目が休まる

 

社殿では七五三のお祝いの参詣客が目立つ

今年一年の無事に感謝し

神々しいい清らかな空気にしばし身をゆだねる

 

志波彦神社でもお礼をし

団子屋でしばし休息

 

再び裏坂に戻り

おさんこ茶屋でづんだ餅、三色だんごをいただく

まさに絶品

ここでいただいて良かった

としみじみ味わう

 

仙台に戻るまでの時間

曾祖父が避暑によく訪れたと聞いた

菖蒲田浜に立ち寄る

きれいに整備され

5mほどの堤防を上ると

北東に広がる御殿山から吠崎の白い山肌が映える

穏やかな浜辺のなぎさを眺めていると

涙がほほを伝わってくる

たくさんの思いが

伝わってくる

 

生きているものに

なにか受けとめることができることがあれば

と静かに目をとじた

 

仙台では早めに軽い夕食をとり

まだ暖かい街を後にした

つながっていることに

感謝した

 

巡礼の旅 ~ 伊勢神宮

 

伊勢神宮にお参りしてきた

 

先週まで歩行もままならない状態が続いてたが

直前に痛みがおさまった・・

願いが通じた?

うーん、ステロイドが追加されたからだろう

 

前の晩に台風20号が徳島に上陸したが

朝には日本海に抜けていた

6時台の新幹線で名古屋へ

近鉄特急で10時過ぎには伊勢市駅に着いた

 

どこか懐かしいのどかな駅前通りを行くと

ほどなく外宮の入り口に着く

「火除橋」をわたり

「手水舎」で清めて

「正宮(豊受大神宮)」で無心で感謝した

右手の坂を上って

「別宮 多賀宮」で願いを口上した

 

タクシーで内宮へ

 

時折強い雨が降り注ぐ中

「宇治橋」を渡っていく

五十鈴川は台風の影響で増水しているため

「御手洗場」は立ち入り不可

 

「手水舎」で清めて

「正宮 皇大神宮」で無心に感謝した

「別宮 荒祭宮」で願いを向上

「神楽殿」でお神札、お守りをいただいた

 

発症した7月以降、

強い紫外線を浴びるのは恐怖だったので、

時折激しく降る雨は

まさに恵みの雨

 

ランチはぷらっと立ち入った「やまだ」で

「てこね寿司」、「天ぷらうどん」など

なかなかいい味出していた

 

来れてよかった

ただただ感謝

巡礼の旅~美保神社から湯原温泉へ

2018年7月巡礼のしめくくり

大阪~岡山~出雲を巡った11番目のスポットは

出雲大社から70km、対をなすといわれている

「美保神社」

 

出雲大社が祀る大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)の

子にあたる

えびす様こと

事代主神(ことしろぬしかみ)

と、義母にあたる

三穂津姫命(みほつひめのみこと)

が祀られている

金運や福徳円満を招くといわれている

 

穏やかにたたずむ美保関漁港を眺めながら

一の鳥居、二の鳥居と足を進めていく

案内所や青石畳通りにも

人の姿はなく、ただただ静かだ

 

左手に曲がったところにある神門をくぐると

正面に大きな本殿が姿を見せる

どこか開放的で、音楽の神様だからだろうか

静寂のなかにもかかわらず

とても明るく賑やかな印象が残る

 

湯原温泉に向かう帰路では

境水道大橋を渡り 

境港にある回転すし「大漁丸」で

おまかせの握りと、マグロを単品でいただく

「和包丁を入れる角度が違う・・」

思わず、マグロの大きさに感嘆

 

のんびりと米子市から大山、蒜山の山並みを抜けて、

夕方5時前には湯原温泉に着いた

 

湯原温泉は、西の横綱と言われる露天風呂で有名な温泉

宿は「湯の蔵つるや」さん

先ずは内湯で長距離ドライブの疲れを癒した

透明でつるりとした感触が残る美湯だった

夕食前にぶらり街を歩いたが

観光客の姿は見えなかった

 

豪雨による影響で

風評被害が出ているよう

宿は「みな元気に営業していますので

安心して宿泊してください」

とのメッセージ

早く風評が去っていってほしい

巡礼の旅~出雲大社・命主社・須佐神社

前夜、疲れで早めに寝入ったこともあり

5時には目が覚めた

今日は、出雲大社をゆっくり参拝したのち

須佐神社、美保神社を経て

岡山県湯原温泉まで

昨日に続く長距離ドライブ

5:30には宿を出て、

目の前にある「大鳥居」からひっそりとした参道を上がっていく

「木の鳥居」をくぐり、

「祓社(はらいのやしろ)」で穢れ(けがれ)を清める

「鉄の鳥居」をくぐり、「松の参道」に入る

左手に「ご慈愛の御神像」、右手に「ムスビの御神像」が朝日を浴びておられる

「手水舎」(てみずや・ちょうずや)で両手と口を浄め

「銅の鳥居」をくぐる

まだ6:00を過ぎたばかりで、ほとんど参拝の人は見えない

「拝殿(御本殿)」でお祈りを捧げる

右回りで御本殿の周りをゆっくり参拝する

裏側には、「素鵞社」(そがのやしろ)が鎮座されている

そして東に向いた参拝場所で拝礼する

 

神楽殿への参拝は最後にして、

先に東側にある「北島国造館(きたじまこくそうかん)」に向かう

大国主命に仕える天穂日命(あめのほひのみこと)の子孫である

出雲国造家が創設した出雲教の施設

丹念に蜘蛛の糸を払ったり、

ひとり掃除をされるご婦人がいて

邪魔にならないようその作業を終えて

落ち着いたころに参拝させていただいた

「天神社」の背景に流れる「亀の尾の滝」は

朝の静寂の中で、心が洗われるよう

御祭神 

少名毘古那神(すくなぼこなのかみ)

医療の神

 

さらに東へ進み、左手にある

「命主社(いのちぬしのやしろ」を参拝

御神木のムクの木は、樹齢1000年といわれ、

どっしりと地を這うようにして

土地を守っていることを受けとめた

御祭神

神皇産霊神(かみむすびのかみ)

 

再び出雲大社に戻り、最後に

「神楽殿」を参拝

朝日に輝く「大しめ縄」に圧倒された

 

またあまりガイドでも触れられていないが、

神楽殿の前にある国旗掲揚塔(ポール)の高さにも驚かされた

47mもあるそう

古代の出雲大社の本殿の高さが16丈(約48m)と言われていて

その高さとほぼ同じと知って納得

何事にも日本一を標榜する

出雲大社の誇りに触れたように感じた

 

帰りものんびりと歩いたが、

それでも8:30には宿に着いた

パンとコーヒーで軽めに満たし

ガソリンも満タンにしてもらい

出雲市内をあとにする

 

1時間強で「須佐神社」に着いた

山間にある小さな敷地のなかに

濃縮された聖域が詰められていた

樹齢1300年の大杉さんからのパワーもたくさんいただいた

横手にある川辺に咲く花もよく手入れされ、

神聖な境内と周りの自然との一体感が感じられた

家内安全、厄災祈願

主祭神

素戔嗚尊(すさのおのみこと)

合祀

稲田姫(いなたひめ)

足名椎命(あしなつちのみこと)

手名椎命(てなつちのみこと)

 

この後、熊野神社と神魂神社への参拝を予定していたが

ナビゲートされた熊野神社が異なる神社だったところで

「もう無理しなくていい」というお告げと受けとめ、

この日最後の美保神社へ向かうこととした

(次回に続く)

 

 

巡礼の旅~佐太神社・一畑薬師・日御碕神社・稲佐の浜

 

この日の後半は、岡山県から島根県へ移動する

高速を降りて、松江市内に入る

ふと右を見ると、小泉八雲の旧居がある

立ち寄りたい気持ちに襲われるが

ここは初心貫徹

後ろ髪をひかれる思いを断ち切って道を進む

 

広い稲田のなかを走っていくと

左手へ「佐太神社」につながる道がある

午後の日差しは容赦なく照り付け、

左右に長く広がる境内には

参拝する人の影は見えない

特徴的な建築様式に見とれながら

お導きと安全を祈願する

 

御祭神

佐太大神

猿田彦大神と同じ神様とされている

お導き、交通安全、縁結びなどにご利益あり

まあるいラインがかわいくて

家族に健康お守りをいただく

 

ここまで予定よりも早めに巡拝を進めているので

出雲に入る前に「一畑薬師(いちばたやくし)」を参拝することとする

子供の成長を祈るお薬師様として、

全国に50余ある一畑薬師教団の総本山

日が傾き始めたとはいえ、日差しは強く

ここも参拝する人の姿を見ることはなかった

1200段を超える参道を上がることはあきらめ

クルマで山頂まで上がり楽をさせていただく

13歳になるペキニーズの雪之丞が悪性腫瘍で苦しんでいるので、

健康祈願のお守りをいただく

 

「バタデン」こと一畑電車と並走しながら

出雲に入る

 

日の入りまでまだ時間があるので

一日前倒しで「日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)」

を参拝

紅く染められた境内は

他の神社とは一線を画す

境内にはただ一人

独り占めしていることに

申し訳なく思ってしまう

 

日御碕灯台は

世界の歴史的灯台百選の一つ

画に描かれる灯台の姿そのもので

威厳がありながら、温かみもあった

 

日が傾く日本海を右手に観ながら

今日最後のスポット

「稲佐の浜」に

弁天島の祠では

一羽のヒヨドリが

くつろいでいた

そして祠に太陽の光が差し込み

その神々しさに時のたつのを忘れて

しばらくぼんやりと眺めていた

 

宿に着くと

手がこれまでになく激しく痛む

風呂から上がると

痛みを忘れて、深い眠りについた

今日は岡山からサムハラ奥の院にはじまり、3社、1寺廻った

巡礼の旅~サムハラ神社からサムハラ奥の院へ

20187

この巡礼の一つの大きな目的は、

大阪にある「サムハラ神社」と、

岡山県津山市にある「サムハラ奥の院」を

訪ねることだった

 

きっかけは、

隔週末に通っている米ぬか酵素風呂の店主から

紹介された方の記事で

「サムハラ神社」のことが書かれていて

出張等でこれまで多くの移動を無事に終えてきたことへの感謝から

ご挨拶に伺いたいという願いを持つようになったから

 

巡拝の旅の初めに

大阪の「サムハラ神社」を訪ねた

朝から照り付ける光は強く、

武士道を想起させる厳しさが漂うエリアだった

はじめてお参りさせていただくこと

これまで無事に過ごせてきたことへの御礼

を述べ、

これから奥の院を訪ねることへのお許しを請うた

お守りをいただいて、

その足でそのまま岡山へ向かった

 

岡山で昼食をいただいた「喫茶はじめ」では、

店主に声をかけていただき、

奥の院を拝めるといいですね、

と励ましていただいた

 

翌朝、クルマを借りて、一路津山に向かった

旭川は10日ほど前の豪雨で、

ところどころ片側通行だったが、

3時間ほどで参道入口の鳥居をくぐり

無事に駐車場にたどり着くことができた

きつい坂を這うように上っていくと、

奥の院に着いた

 

日の光を遮る木々はなく、

容赦ない夏の日差しを受けながら

感謝の気持ちを述べた

 

さらに登ったところにある

金刀比羅神社を拝み、木陰で涼をとった後

日詰山展望台で加茂町を臨んだ

足がすくみ、山形の山寺を思い起こされた

 

この世を作り、無事息災を祈る

造化三神(シャンバラ)

天御中主大神(あめのみなかぬしおおかみ)

高皇産霊大神(たかみむすびおおかみ)

神皇産霊大神(かみむすびおおかみ)

 

参拝できたご縁に感謝

山を下り、津山ICから一路出雲に向かった

 

巡礼の旅で、神様のお導きをいただきました

前回、「生きていることへの感謝」を述べた

関節リウマチの診断を受けるきっかけ

それは7月の岡山~出雲への巡礼のひとり旅

 

巡礼を始めた夕方には、

これまでの肩の痛みに加え、

手が腫れてズキンズキンと痛み出した

 

帰宅後整形外科で診てもらったところ、

手のレントゲンから、

関節リウマチが疑われ、血液検査をし、

その可能性が高いので、

総合病院の紹介状が発行された

 

会社の長期連休を用いて

34日で

11の寺社を巡るお礼参り

それぞれの寺社では、

これまで無事に生きてこられたことへの御礼の気持ちを

ひたすら念じた

 

ここからは「勝手な思い込み」と

下していただいて・・

 

発症のきっかけは、

岡山から出雲まで

炎天下に終日運転したことや、寺社参りで

多くの紫外線を浴びてしまったこと

とも考えられるが、

 

もしかすると

神様が病気を発症させて

早めに手を打つきっかけを作っていただいた

 

また障がい者をサポートするために

自身がその苦しみを何かしら体験し

努力する機会を与えていただいた

 

そう考えるようになった

そしていつか回復したら、

またお礼参りに出かけたい