巡礼の旅で、神様のお導きをいただきました

前回、「生きていることへの感謝」を述べました

関節リウマチの診断を受けるきっかけ

それは7月の岡山~出雲への巡礼のひとり旅でした

 

巡礼を始めた夕方には、

これまでの肩の痛みに加え、

手が腫れてズキンズキンと痛み出しました

 

帰宅後整形外科で診てもらったところ、

手のレントゲンから、

関節リウマチが疑われ、血液検査をし、

その可能性が高いので、

総合病院の紹介状が発行されたのでした

 

会社の長期連休を用いて

34日で

11の寺社を巡るお礼参りでした

それぞれの寺社では、

これまで無事に生きてこられたことへの御礼の気持ちを

ひたすら念じていました

 

ここからは「勝手な思い込み」と

下していただいて構いません・・

 

発症のきっかけは、

岡山から出雲まで

炎天下に終日運転したことや、寺社参りで

多くの紫外線を浴びてしまったこと

とも考えられるのですが、

 

もしかすると

神様が病気を発症させて

早めに手を打つきっかけを作っていただいた

 

また障がい者をサポートするために

自身がその苦しみを何かしら体験し

努力する機会を与えていただいた

 

そう考えるようになりました

そしていつか回復したら、

またお礼参りに出かけたいと願っています

 

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。関節リウマチの診断が出て、治療をはじめています。オフでは、風水の知識をもとにパワースポットや歴史に触れたり、ミュージカルソングを歌って、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す