ミュージカルソングへの誘い~No.30 Stars

ミュージカルソングへの誘い~No.30 Stars

作詞 ハーバート・クレッツマー(英語版) & アラン・ブーブリル(仏語版) 

作曲 クロード ミシェル・シェーンベルク

“レ・ミゼラブル”1986

 

ジャヴェール警部は、

2012年版映画のラッセル・クロウも悪くないが、

10周年コンサートに出ているPhilip Quastが

一番好き

厳しい表情を崩さずに

星空を見つめる姿は

男から見ても色っぽく

ほれぼれする

ただ厳しいだけではない

情が歌の中ににじむ

それが許されるのが

彼ならではの存在感なのだと思う

 

これだけ多くの人が見事に歌いきる人気のある曲にあって

自身がどう表現するのか

好きな食べ物を最後に取っておくような心境だったが

はじまってみると

予想通り

ジャヴェールの存在にぶちあたり

言葉を並べただけの歌になっていないかと

自身の生きざまさえも問われそうな

取り組みがいのある曲だった

むろん若い人でもチャレンジしてほしいと思うのだが、

50代まで信念と執念で生きる姿を表現するには

相当な覚悟が必要になるだろう

って、

そこまで考える人もすくないだろうが・・

 

日本語訳:岩谷時子、吉岡治、青井陽治

 

さあ逃げてゆけ

闇の中 息潜め 

生きてゆけ

 

あいつとは

いつの日か 対決する

対決する

 

神の道を 行くのは俺

あいつは炎へと堕ちてゆく

地獄へ悪魔が堕ちたように

 

スター

星たちは

限りなく暗闇を照らすのだ

 

口も利かず

確かな夜を

見張る刑事たちだ

 

空の上で 道を知るのだ

季節ごとに巡るのだ

同じように

 

そして墜ちる時は 炎の中

つまずけば 痛みという代償を

誰でも払うのは この世の決まりだ

 

星よ 主よ

命かけぶちこむぞ 鉄格子

この星に誓う 俺は

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。2018年夏に関節リウマチを発症し、寛解に取り組んでいます。オフでは、ミュージカルソングを歌ったり、パワースポットや歴史に触れたり、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です