ミュージカルソングへの誘い~No.33 ひとかけらの勇気

ミュージカルソングへの誘い~No.33 ひとかけらの勇気

作詞 ナン・ナイトン

作曲 フランク・ワイルドホーン

訳詞:小池修一郎

“スカーレット・ピンパーネル” 1997

原作:バロネス・オルツィ『紅はこべ』(The Scarlet Pimpernel)

 

日本では、宝塚歌劇団による演出が知られ、

この詩も小池修一郎氏によるものである

2016年には石丸幹二がパーシー・ブレイクニー、

マルグリットには宝塚初演でパーシーを演じた

安蘭けいが務めている

 

ブロードウェイでも日本でも

作品自体の評価や興行成績は

芳しくない

それでも一定のポジションを維持しているのは

ワイルドホーンの旋律がもたらす

安心感からだろう

 

「ひとかけらの勇気」は

2016年度版からの曲

石丸幹二さんがカバーして

男性でも歌いやすくなった

 

実際歌ってみて思うのは

そこかしこに宝塚の匂いみたいなものがあって

どこか照れくさくなる

でも

明らかに詩を伝えることが

この曲の大事なところなので

ぐっと照れくささを押し殺して

演じ切る

禁断の宝塚の舞台で

 

 

どうしてだろう この世の中に 

欺まんと不正 溢れている 

人が自由に 歓び分かち

愛し合える 至福の日は 来るだろうか 

遠国に 嵐吹き荒れても

僕は見逃しはしない 

ひとかけらの勇気が 僕にあるかぎり

 

どうすればいい この世界から

争いの炎 消えはしない 

人が築いた 心の壁を 打ち砕きとき放つ 

その日はいつか

強い力 立ちふさがろうと

僕は あきらめはしない 

ひとかけらの勇気が 僕にある限り 

 

登れない山 渡れない川 

数多の障壁 乗り越えて 

 

たとえこの身 傷つこうとも 

僕はゆく 君のために

ひとかけらの勇気が 僕にあるかぎり

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。2018年夏に関節リウマチを発症し、寛解に取り組んでいます。オフでは、ミュージカルソングを歌ったり、パワースポットや歴史に触れたり、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です