ミュージカルソングへの誘い ~No.16  Bring him home 彼を帰して

ミュージカルソングへの誘い

~No.16  Bring him home 彼を帰して

(作詞 ハーバート・クレッツマー(英語版) & アラン・ブーブリル(仏語版) 

作曲 クロード ミシェル・シェーンベルク)

“レ・ミゼラブル”1986

 

No.11 On My Ownに続いて、レ・ミゼラブルから2曲目

ジャン・バルジャンの歌は恐ろしいほどに音程が高い

Alfie Boeのように初めからストレートで歌える人はそうはいないだろう

自分のようにハイバリトンのレベルだと

声を裏返す術を知らないととても太刀打ちできない

そして日本語版のほうが音を出すのが難しく感じる

 

自らの命と引き換えに

娘の恋人であるマリウスの命を神に乞う

その言葉一つひとつが崇高すぎて

自身の言葉では語ることができない非現実性がある

こんな自分が歌っていいのだろうか、

と引いてしまいそうになる

もし自身に娘がいたら、

おそらく歌うことはできないだろう

 

ジャン・バルジャンを演じるうえで

メインの曲の一つであることには違いない

 

(日本語歌詞:岩谷時子)

神よ わが主よ
祈りを きかせ給え
若い彼を 救い給え
家へ帰して下さい
みこころでしょうか
まるでわが子です
月日の波に追われて
やがて私は 死ぬでしょう
若い彼に 平和を与え給え
聖なる 神よ 彼に命を
死ぬなら 私を死なせて
彼を帰して 家へ

 

God on high

Hear my prayer

In my need

You have always been there

 

He is young

He’s afraid

Let him rest

Heaven blessed.

Bring him home

Bring him home

Bring him home.

 

He’s like the son I might have known

If God had granted me a son.

The summers die

One by one

How soon they fly

On and on

And I am old

And will be gone.

 

Bring him peace

Bring him joy

He is young

He is only a boy

 

You can take

You can give

Let him be

Let him live

If I die, let me die

Let him live

Bring him home

Bring him home

Bring him home.

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。関節リウマチの診断が出て、治療をはじめています。オフでは、風水の知識をもとにパワースポットや歴史に触れたり、ミュージカルソングを歌って、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す