年末のお礼参り

膝の上で眠る雪之丞の背中を撫でながら

年末のお礼参りのことを考えている

雪之丞はペキニーズ

仙台のペットショップから連れてきて

12年半が過ぎようとしている

3か月前から口に腫瘍ができてしまい

ここ数日食べることもままならず

今週にはおそらく息を引き取るだろう

 

彼と出会い、一緒に過ごせたことへのお礼に

塩釜神社へ行こうと思っている

ここにお参りに行くときはいつも

仙台駅から祖父母や伯父らのお墓参りを済ませたのち

塩釜神社の東参道(裏坂)入口に向かう

鳥居をくぐった正面に

坂の石段に携わった人たちを刻んだ大きな石碑があり

そのひとりに曾祖父の名がある

なだらかで穏やかな気持ちになれる石段を登る

 

そのまま手水舎、東神門をくぐり

本殿に入る

ここで祈祷をお願いする

 

お参りの後、志波彦神社の前で

遠くに見える塩釜湾を眺める

 

ここに立つと一緒にこの風景を眺めた父を思い出す

大好きだった海に続く遠景がそこにあります

父は仙台市内で生まれ育ったが

途中、家業の都合で塩釜の縁者に預けられ

ここで育ったことに強い感謝の念を抱いていた

東京の生まれである私もまた

その縁で知ったこの地に愛着を抱き

家族の節目には必ずここを訪れてきた

 

今年もあと3か月

いろいろなことがあったが

静かにお礼を述べるには

家族のルーツとしてここが最もふさわしいと思っている

 

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。関節リウマチの診断が出て、治療をはじめています。オフでは、風水の知識をもとにパワースポットや歴史に触れたり、ミュージカルソングを歌って、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す