関節の症状に早く気づくことの重要さ

関節リウマチ(RA)の症状をおさらいしたいと思います

リウマチの語源は、「流れ」を意味する

「ロイマ」(rheuma)です

痛みが水の流れのように移り変わることから来ているとのことです

恨めしい病名ですが、その由縁は意外とPoetic(詩的)ですね

 

骨のつなぎ目である関節のなかで潤滑油の役割をしている「関節液(滑液)」

滑液を作っているのが、「滑膜」で、

一層の薄い膜で関節組織を内側からくるんでいます

 

関節リウマチの本態は、滑膜の炎症です

軟骨や骨に及ぶ前に、早期診断、早期治療が大事になります

私は手首の激しい痛みが通院のきっかけになりました

 

関節リウマチの炎症が進行すると、滑膜組織から

・炎症性サイトカイン

・中性プロテアーゼ

・活性酸素

・一酸化窒素

などが産出され

中性プロテアーゼという酵素の働きで軟骨が破壊され

骨を壊す破骨細胞が骨を作る骨芽細胞を上回り、骨が破壊されます

 

関節炎が起こりやすいのは、以下の場所です

数値は、出典の資料が示している割合です

・手首(=手関節) 80%

・指の付け根    90%

・指の第二関節   90%

・足の指の付け根  90%

・足首       80%

・肩        65%

・ひじ       50%

・ひざ       80%

・股関節      40%

(出典)Harris ED Jr : Clinical features of rheumatoid arthritis. Kelley’s Textbook of Rheumatology(Ruddy S, Harris ED Jr, Sledge CB eds).6th ed,pp967-1000,2001

 

私の場合は、体の上のほうから

首、肩、股関節、手首、指の付け根、足首ですが、

この資料には首(頸椎)はないですね。

体全体をつかさどる部分だけに、

お医者様もあまり触れたがらない部分のように感じます

 

明日は、投薬開始2週間めの通院なので

そこで聞いてみようかと思います。

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。関節リウマチの診断が出て、治療をはじめています。オフでは、風水の知識をもとにパワースポットや歴史に触れたり、ミュージカルソングを歌って、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す