ミュージカルソングへの誘い~No.11「On My Own」

ミュージカルソングへの誘い

No.11On My Own

作詞 ハーバート・クレッツマー(英語版) & アラン・ブーブリル(仏語版)

作曲 クロード ミシェル・シェーンベルク

レ・ミゼラブル”1985

 

言うまでもなく、ヴィクトル・ユーゴーの同名小説原作

史上最長のロングランを続け、

世界の各都市で公演されることで

ミュージカルステージの中でおそらく第一に挙げられる作品

レッスンでも、メンバーは必ず1曲は課題曲に選ぶ

皆が知っている作品なので、クラスの発表会では、

最後にみんなで歌い上げることが何度か

多くのキャストによる重奏なので、

迫力が出る

年末では、そのレッスン仲間だった人が

レミゼのど自慢大会で優勝したとの吉報

全国レベルの人と一緒に歌っていたのは

ありがたいご縁に感謝

 

さてこれはエポニーヌの歌で、

女性たちにはよく選ばれる

No.3“Maria”で紹介したマイケル・クロフォードのアルバムを

聴いているうちに男性の歌としても

違和感を感じなくなった

レミゼの曲は、その歌詞の解釈で、

どちらの性でも受け入れられる奥深さがあり

どこまでもジェンダーレスな作品

He She

HimHerに変えて

旋律に乗せていく

 

On my own
Pretending he’s beside me
All alone
I walk with him till morning
Without him
I feel his arms around me
And when I lose my way I close my eyes
And he has found me

In the rain the pavement shines like silver
All the lights are misty in the river
In the darkness, the trees are full of starlight
And all I see is him and me forever and forever

And I know it’s only in my mind
That I’m talking to myself and not to him
And although I know that he is blind
Still I say, there’s a way for us

I love him
But when the night is over
He is gone
The river’s just a river
Without him
The world around me changes
The trees…

I love him
But when the night is over
He is gone
The river’s just a river
Without him
The world around me changes
The trees are bare and everywhere
The streets are full of strangers

I love him
But every day I’m learning
All my life
I’ve only been pretending
Without me
His world will go on turning
A world that’s full of happiness
That I have never known

I love him
I love him
I love him
But only on my own

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。関節リウマチの診断が出て、治療をはじめています。オフでは、風水の知識をもとにパワースポットや歴史に触れたり、ミュージカルソングを歌って、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す