ステロイド減量~2か月後

今年最後の通院

採血から診察待合室まで

信じられないような閑散ぶり

年末の総合病院の一面を見た

 

朝いちばんの血液検査の結果を確認

RF8120U/mlだったのが

25U/mlまで落とし、推奨の15U/ml以下まであと一歩

MMP-3は、ステロイドの量を減らしてきた成果か

108まで落として推奨値の範囲に入ってきた

 

ステロイドは

2カ月半前に7mgだったのを4mgまで減らしてきたが、

ここまでくると、さらなる減量は慎重になり

自己判断で3mgまで落とすことはできなかった

今回の血液検査で

RFも減少傾向にあることから

思い切って3mgまで落としてみることになった

 

もちろん手の指や手の甲、手首などの痛みがあり

ここ最近の寒波到来で気にはなるが

耐えられないほどではなく

毎晩ロキソニンテープを貼ってしのぐことにする

 

歩いたり、階段を上り下りしたときに

動悸・息切れ感が強まっていることを相談した

2カ月前のレントゲンでは影もなく心配はなさそうだが

念のために次回40日後にまたレントゲンを撮ることとした

息苦しさは気になるものの 

体力を維持するためには

ウォーキング量の維持は必要

痛みがひどくならないように

いい按配の運動量を探っていくしかない

 

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。関節リウマチの診断が出て、治療をはじめています。オフでは、風水の知識をもとにパワースポットや歴史に触れたり、ミュージカルソングを歌って、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す