MTX減量ほど、難儀なものはない

 

5月顔面神経麻痺でプレドニンを540mg注入したので、6月から自主的にMTXを2mg減量していた。

7月の終わりに診察であらためて減量をお願いした結果、CRPや特にRFが134まで悪化しているが、希望通りMTXは2mg減量され週4mgにしてくれた。

先生からしてみれば、2回も処方を守らず減量した厄介な患者だろう。

ただ最近は息切れ感が気になっていて、免疫力の低下による間質性肺炎のほうが今は怖い。

8月に入ってから、手の指、左の上腕部などでリウマチ発症時に似た痛みがあって、ロキソニンテープを貼って何とか抑えている。

一方で息切れ感のほうが相変わらず気になるので、呼吸器科で検査した。

その結果、間質性肺炎には至っていないものの、血中酸素濃度が低く、呼吸の音も気になるとのこと。

血中酸素を上げ、肺炎にならないように、アノーロエリプタという気管支を広げ吸入を楽にする薬が処方された。

MTXを減らして、RFは177まで上がり、要注意水準。

一方でMTXを減らしても、肺機能は確実に低下している。

こうやってMTXの副作用を軽減する薬を追加で服用していく循環にはまるのか。

ほんとうに、MTXを減らしていくのは難しいが、

ここは肺炎の不安を知る自身の判断を信じるしかない。

投稿者: 管理人みやび

ミュージカルソングを歌うことによるミュージックテラピー、そして関節リウマチ寛解に向けた免疫力強化、さらにスピリチュアルな空間に身をゆだねることにより、病気にかかりにくい健康な毎日に取り組んでいます。アジアで市場開拓などさまざまな職務を経験し、キャリアアドバイザーにも取り組み始めています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です