ミュージカルソングへの誘い~No.7「Wheels Of A Dream」

ミュージカルソングへの誘い

~No.7 「Wheels Of A Dream」
(作詞 Lynn Ahrens, 作曲 Stephen Flaherty)

“Ragtime ラグタイム” 1998

原作は、E. L. Doctorowの同名小説(1975)

19世紀末から20世紀初頭にかけて

WASP、黒人、ユダヤ系3家族の

生きざまを描いたもの

トニー賞はLion Kingが取り

出演者が多いため

興行は長く続かない

それだけに

一度は観てみたい作品

 

そしてこの曲は

黒人家族である

CoalhouseとSarahが

赤ん坊を抱きながら歌うデュエット

これをCoalhouseの歌うパートのみで歌った

 

オリジナルキャストのBrian Stokes Mitchellは

聞いてすぐわかる低くて太い黒人ならではの発声で

今思うと選曲が無謀だったかも

 

ミュージカル自体は観れていないが

アメリカ、サラ、そして息子への熱い思いが

その詩から伝わってきて

この一曲だけで

ミュージカルのテーマがわかった気がする

ブロードウェイ周りの本屋で楽譜を手に入れ

歌ってみたくなったし、歌ってよかったと思う曲

 

I see his face.

I hear his heartbeat.

I look in those eyes.

How wise they seem.

Well, when he is old enough

I will show him America

And he will ride

on the wheels of a dream.

We’ll go down South

And see your people

Won’t they take to him

Like cats to cream!

Then we’ll travel on from there.

And we will ride

On the wheels of a dream.

Yes, the wheels are turning for us, girl.

And the times are starting to roll.

Any man can get where he wants to

If he’s got some fire in his soul.

We’ll see justice, Sarah,

And plenty of men

Who will stand up

And give us our due.

Oh, Sarah, it’s more that promises.

Sarah, it must be true.

A country that let’s a man like me

Own a car, raise a child, build a life with you…

With you…

Beyond that road,

Beyond this lifetime

That car full of hope

Will always gleam!

With the promise of happiness

And the freedom he’ll live to know.

He’ll travle with head held high,

Just as far as his heart can go

And he will ride-

Our son will ride-

On the wheels of a dream.

投稿者: 管理人みやび

大学卒業後、海外駐在を含めさまざまな職務を経験しました。関節リウマチの診断が出て、治療をはじめています。オフでは、風水の知識をもとにパワースポットや歴史に触れたり、ミュージカルソングを歌って、幅広くリフレッシュしています。If you are interested in pictures inside, please refer to https://www.instagram.com/pure_masa

コメントを残す